OCT-LOFT CREATIVE FESTIVAL 2020「想象的共同体」開幕!2月28日まで開催中

2007年以来、国内外の有名アーティストを招聘して開催されてきたOCT-LOFTの大規模イベント「OCT-LOFT CREATIVE FESTIVAL 2020 」(OCT-LOFT创意节)が12月5日に開幕しました。今回のテーマは「想象的共同体」(IMAGED COMMUNITY)、最大の目玉はベルリン在住の映像/音響アーティスト黒川良一氏によるマルチメディア作品。必見です!

話題の新刊!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。

敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

OCT-LOFT CREATIVE FESTIVAL 2020 创意节

深圳华侨城创意文化园(OCT-LOFT)の主催する、OCT-LOFT CREATIVE FESTIVAL(创意节)は、様々な分野の先進的なアーティストが生み出す作品を大規模なテーマ展、ワークショップなどの形で紹介してきました。

過去には、「21·设计中心」「21·设计之上」「升级策略」「设计实验场」「线下」「现在的未来不是将来」「欢乐宫殿」といったテーマで開催されましたが、今回のテーマは「想象的共同体」(IMAGED COMMUNITY)というもの。前例のない"フェスティバル形式"を採用し、5つの主要セクションから行われます。12月5日には開幕式が行われました。展示は無料で閲覧できます。

EXHIBITION

今回の目玉は、ベルリン在住の映像/音響アーティスト黒川良一氏による “s.asmbli[wall]” という作品

ビデオ、音楽、ライブパフォーマンスなど、さまざまなメディアを駆使して独自のオーディオビジュアル作品を制作し続けてきた黒川氏。フランス・パリのポンピドゥー・センター (Centre Pompidou)、パリ市近代美術館/パレ・ドゥ・トーキョー(東京宮)、英国FACT (Foundation for Art and Creative Technology)、ロンドンの現代美術館テート・モダン(Tate Modern)、第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ(Biennale di Venezia)など、世界中の美術館やアートフェスティバルに作品を展示しています。

今回展示された “s.asmbli[wall]” は、人工の建物、遺跡、自然をレーザースキャンして3Dデータを取得し、音楽、印刷、投影を組み合わせて、視覚と聴覚を通じて建物の物理的な時空間の性質を再構築します。多次元の感覚を待ち、歴史的な時間と空間を越えて、人と自然、人と建築、建築と自然の関係について考えさせるものとなっています。

期間:
2020年12月6日 - 2021年2月28日 10:00〜18:00(月曜は休館)

以下OCT-LOFT公式サイトのリンク先には、黒川良一さんの作品が動画で確認できます。本当にすごいです。必見!

TALK

4回に分けたフォーラムが行われています。詳細はリンク先をご覧ください。

フォーラムA:创意城市规划
2020年12月05日 14:00-16:00

フォーラムB:为社区而设计
2020年12月19日 14:00-16:00

フォーラムC:唤醒城市街区
2021年01月09日 14:00-16:00

フォーラムD:创意赋能社群
2021年01月16日 14:00-16:00

WORKSHOP

2020年12月から2021年2月28日の期間中に、テーマの異なる6つのインタラクティブなワークショップがC2展厅およびその周辺で開催されます。親子連れで参加する方も多いですが、中国語が分からないと難しいかもしれません。

ta-ta:观察的拓印
2020年12月06日 14:00-17:00

在地拾用:环保手工坊
2020年12月13日 14:00-16:00

踏实TAS:「咖啡·人·情·味」工作坊
2021年01月16日 16:00-18:00

自来塾:儿童美育工作坊
2021年01月23日 14:00-16:00

小山社:Riso印刷工作坊
2021年01月30日 14:00-16:00

西瓜剧场:即兴戏剧工作坊
2021年02月28日 14:00-16:00

CREATIVE MARKET

CREATIVE MARKETおよびOPEN DAYは、2021年1月よりそれぞれ2回に分けて開催されます。

第一场
2021年01月09日-01月10日

第二场
2021年01月23日-01月24日

OPEN DAY

第一期
2021年01月08日-01月09日

第二期
2021年01月22日-01月23日

展示場所

展示会場は、OCT-LOFTのイベントに参加されたことのある方ならおなじみの「C2」というエリアです。

展示場所:
深圳市南山区华侨城创意文化园北区C2展厅
C2 Space, North District, OCT-LOFT, Shenzhen

最寄駅:
地下鉄1号線「侨城东」駅、2号線「侨城北」駅

距離的には「侨城北」駅の方が近いのですが、「侨城东」駅からの方が(OCT-LOFTエリア内を抜けるので)分かりやすいです。


Credits/作品制作信息:

Concept, direction, composition, programming : Ryoichi Kurokawa
Producer: Nicolas Wierinck
Co-production: LOXOSconcept (Matera 2019), MUTEK, Scopitone/Stereolux, TodaysArt
Produced by Studio RYOICHI KUROKAWA
s.asmbli [wall] Commissioned by TOPYS for C2 OCT-LOFT

概念、指导、制作、编程:黑川良一 (Ryoichi Kurokawa)
出品:Nicolas Wierinck
联合制作:LOXOSconcept (Matera 2019), MUTEK, Scopitone/Stereolux, TodaysArt
由RYOICHI KUROKAWA工作室制作
s.asmbli [wall]  授权TOPYS (为OCT-LOFT C2展厅进行设计)


Source:

深圳华侨城创意文化园:2020 OCT-LOFT创意节 | “想象的共同体”,明日正式启幕!

深圳华侨城创意文化园:2020 OCT-LOFT创意节 | 倒计时3天,开幕日亮点抢先看!

深圳华侨城创意文化园:2020 OCT-LOFT创意节 | 倒计时4天,这场跨年度创意盛宴等你来玩

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事