深圳地下鉄がマスク生産!生産量は1日4万枚!

現在、深センでは自動車メーカーのBYDや電子部品メーカーのFoxconnなどの異業種メーカーがマスクの生産を行い始めたため、中国全体で1日に1億1000万枚の生産ができるようになりました。

そんな中、深圳地下鉄もマスク生産に参入しているとのこと!

彼らの1日の平均生産能力は4万枚に達しているのだそう…え?地下鉄?え?

Source:

深圳地铁:深圳地铁跨界驰援生产口罩,日均产能可达4万只

7/31発売予定ー現在予約受付中!

2月19日に最初の試作が成功

報道によると、深圳地铁集团では春節期間中にマスクの生産計画が浮上。2月19日に試作に成功したのだそうです。

Photo via 深圳地铁

2交代シフト制で稼働中。生産能力は約40,000個/日

現在は2交代シフト制で1日あたり40,000枚の使い捨てマスクを生産中。

将来的には生産ラインを増強し、需要に応じて生産能力を1日あたり約60,000〜80,000個に拡大するとのこと。

Photo via 深圳地铁

生産されたマスクはどこへ?

マスクはどこに納入されるのでしょうか?

記事によると、深圳地下鉄で生産されたマスクは建設現場や各施設に優先権が与えられ、将来的には必要に応じて外部に提供していく予定なのだそう。

Photo via 深圳地铁

地下鉄の建設現場・各スタッフにまずは供給

深圳地下鉄の建設現場は全部で378箇所あり、200箇所の駅があります。今後数年で開通する地下鉄路線がいくつもあるため、今も現場には数多くのスタッフが働いています。これほどの数のマスクを市場から買って供給するのは難しいので、まずは彼らへの供給が行われるのでしょうね。

しかしまさか地下鉄がマスクの生産をするとは意外でした。必要に応じて何でもやってしまう深センのすごさ!さすがですね。

深センといえばこの本!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事