中国のワクチン接種率は現在4%前後「このペースだと自由な旅行再開は来年の春」

4月5日の時点で、中国全土では合計1億4280万2千人分の新型コロナウイルスワクチン接種が報告されていますが、摂取率は4%前後にとどまっています。

「現在のペースだと集団免疫を獲得するのは来年の春」

復旦大学附属華山病院の张文宏氏によるこの発言が話題を集めています。

「来年の春に集団免疫獲得」だが…

"検疫やPCR検査の陰性証明書を必要としない、国境を越えた自由な旅行が可能になるのはいつになるのか"、という点について、復旦大学附属華山病院の感染科主任である张文宏(Zhang Wenhong)氏はこのように語りました。

現在の中国のワクチン接種率では、集団免疫(疫苗屏障)の獲得は来春に完成すると考えている。 来年の春に向けて、みんなで期待を膨らませていきたい。

復旦大学附属華山病院 感染科主任 张文宏氏

"ワクチン接種をためらう気持ちが広まっている"

一方で、张氏はワクチン接種のためらいが広まっているとも語っています。その主な理由は、今の中国には固有の症例がなく、人々は(新型コロナウイルスの)リスクが身の回りにないと感じているからとのこと。

新型コロナウイルスワクチンの数量や接種のしやすさは向上しているものの、人口の多い中国において現在(2021年4月)の接種率は約4%にとどまっており、集団免疫を獲得するために必要な70-80%のラインにはまだ及ばず、一部の先進国との比較でも差があります。

人民日報微博より(4月4日)

他国の状況は

世界の経済大国を見ると、非常に速いペースでワクチンを接種しているイスラエルでは集団免疫を達成しようとしており、英国では40歳以上の人へのワクチン接種がほぼ完了。 アメリカも総人口3億人強で、毎日400万回のワクチン接種をすることで、実際に集団免疫に到達するのはすぐそこまで来ています。

他の国々が次々と集団免疫を築いていけば、世界的な流行はかなり抑えられ、世界は再び開かれていくだろう。 しかしその頃、中国がまだ集団免疫を獲得していなければ、より大きな脅威に直面し、完全に開放することはできなくなる。

復旦大学附属華山病院 感染科主任 张文宏氏

北京大興区のワクチン接種率は80%

現在中国で一番最初に集団免疫を獲得したのは北京の大興区。国内で初めてワクチン接種率80%を達成しました。河北省の石家荘市も2021年6月末までにワクチン接種率50%を達成するとのことですが、他の都市ではまだそこまでの接種率にはなっていない模様です。

人口14億人の大国が70-80%のワクチン接種率に到達するには膨大な作業を要します。来年の春を早いと見るか遅いと見るかは人それぞれですが、一つの目安として覚えておいた方が良さそうです。

そうなると、2022年の北京オリンピックはどうなるのでしょうね…


Source:

深圳新闻网:张文宏:自由出行,明年春天可能实现!

ShekouDaily: Open Borders for Traveling May Come Next Spring, Expert Says

健康南粤:中国疫苗接种率远低于英美国家!14组数字快速了解新冠疫苗

宁德晚报:中国疫苗接种率远低于英美国家,16组数字了解新冠疫苗

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事