香港空港→深セン(各口岸)へのアクセス方法

香港国際空港→深セン(各口岸)へのアクセス方法をご紹介します。

香港空港→深センはたくさんのルートが存在し、値段も22.4香港ドル(約325円)から395香港ドル(約5500円)まで様々です。
中国語で「口岸」と呼ばれる、香港と深センの入出境管理局(Immigration Office/Control Point)は、9種類存在します。初めて深センを訪れる方や、深夜便の飛行機で来られる方、またフライトの遅延で他の交通機関を探さなければならない方にとって最適なルートを検索するのは簡単ではありません。

ShenzhenBorderMap_v.2.2.2

画像クリックで拡大

当マップは、香港国際空港から深セン市内へ向かう主要なルートを一つのマップに収めたものです。(2018年11月現在)
バス・電車・フェリー・イミグレーションの運行(営業)時刻も記載しました。
オフラインでも使えるように一枚の画像として当サイトに掲載しますので、お役立てください。
(画像をクリックすると、フルサイズ画像をダウンロードできます)
誤記載等ありましたら当ページのコメントやお問い合わせフォームinfo@shenzhen-fan.comまでメールいただけると幸いです。

※ 深センマップ専用ページ作成しました。他マップはこちらのサイトで順次公開していきます。(英語版もあります)

当ページでは、香港国際空港から深センの各口岸(入出境管理局)までのルート記載されているリンクをまとめて紹介しています。
深センは変化が著しく、現在も新しい路線・道路・建物の建設ラッシュが進んでいます。
できるだけ最新情報を随時アップデートしていきますので、当ページをブックマークしておくことをお勧めいたします。
リンク切れや情報の過不足などありましたらご連絡ください。修正いたします。
(情報量が多いため、順次ページを整理中です)

目次


香港国際空港→蛇口口岸(蛇口フェリー港)

ShenzhenBorderMap_蛇口口岸

蛇口フェリー港「蛇口邮轮中心」については以下の記事も参考にしてください(2019/9/15 追記)


香港国際空港→福永口岸(福永フェリー港)

ShenzhenBorderMap_福永口岸


香港国際空港→深圳口岸

ShenzhenBorderMap_深圳湾口岸

環島大陸通 (7:10-21:50) 120 HKD


話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

香港国際空港天水圍深圳口岸[最安値ルート]

香港国際空港天水圍


龍運巴士E34線 
 (5:30-24:00) 13.9 HKD
[※バス降車位置:聚星樓 (Tsui Sing Lau)
]

天水圍深圳口岸


嶼巴B2P線
 (6:10-22:45) 8.5 HKD
[※バス乗車位置:
天水圍駅]


香港国際空港元朗深圳口岸

香港国際空港元朗


龍運巴士E34B線 
 (5:20-24:00) 13.9 HKD
[※バス降車位置:
形點 I (YOHO Mall I) ]

元朗深圳口岸


嶼巴B2線
 (6:00-22:30) 12 HKD
[※バス乗車位置
元朗]


香港国際空港→屯門深圳口岸

香港国際空港→屯門

龍運巴士E33線  (5:30-24:00) 約56分 13.9 HKD
[※バス降車位置:
屯門市中心(Tuen Mun Central)]


龍運巴士A33/A33X線 
 (7:35-24:00) 約49分 27.7 HKD
[※バス降車位置:
屯門市中心(Tuen Mun Central)]


屯門→深圳口岸


嶼巴B3/B3X/B3M線
 (6:15-23:05) 約20分 11 HKD


香港国際空港→福田口岸

ShenzhenBorderMap_福田口岸


香港国際空港→元朗→落馬洲站(福田口岸)

香港国際空港→元朗


龍運巴士E34B線 
 (5:20-24:00) 13.9 HKD
[※バス降車位置:形點 I(YOHO Mall I)
]

元朗→落馬洲站(福田口岸)


九巴B1線 
 (5:50-21:15) 13.2 HKD
[※バス乗車位置:形點 I(YOHO Mall I)
]


香港国際空港新田公共運輸交匯處→落馬洲站(福田口岸)

増山智明さんのブログに分かりやすく書かれてあります。

香港国際空港新田公共運輸交匯處


龍運巴士A43P線
 (9:30-24:00) 30.9 HKD
[※バス降車位置:落馬洲總站(新田運輸交匯處)
]

新田公共運輸交匯處→落馬洲站(福田口岸)


九巴B1線 
 (5:50-21:15) 13.2 HKD


香港国際空港→皇崗口岸

ShenzhenBorderMap_皇岗口岸


香港国際空港新田公共運輸交匯處→皇崗口岸

香港国際空港新田公共運輸交匯處


龍運巴士A43P線
 (9:30-24:00) 30.9 HKD
[※バス降車位置:落馬洲總站(新田運輸交匯處)
]

新田公共運輸交匯處→皇崗口岸<24時間バス


皇巴士
  10 HKD


香港国際空港→湖(羅湖口岸

ShenzhenBorderMap_羅湖口岸


香港国際空港→渡口岸

ShenzhenBorderMap_文锦渡口岸


香港国際空港→角口岸

ShenzhenBorderMap_沙头角口岸


香港国際空港→香港市街

ShenzhenBorderMap_西九龍口岸

香港国際空港→九龍 <Airport Express>


香港市街→西九龍口岸→福田→深圳北

西九龍→福田→深圳北 <廣深港高速鐵路

廣深港高速鐵路 ルートマップ

以下のページにまとめました↓


香港市街→皇崗口岸

尖沙咀皇崗口岸 <24時間バス


油尖
24小時跨境快線 35-45 HKD
[※バス乗車位置:
九龍公園・佐敦旺角・油麻地]

灣仔皇崗口岸<24時間バス


跨境全日通(湾仔
线)  50-57 HKD
[※
バス乗車位置:湾仔北临时公共运输汇处]

↑上記のサイトは同じバス(のはず)なのに書かれている値段が違います。。。

旺角皇崗口岸 <24時間バス


跨境全日通(
旺角线)  41-45 HKD

上路皇崗口岸 <跨境バス


跨境全日通(
上路线) (7:00-20:00) 22 HKD


香港市街→口岸

九龍塘沙頭角口岸 跨境バス


沙頭角快線[永東集団]
(6:55-20:30) 45 HKD

↓以下のサイトには(7:00-20:00)と書かれてあります。どちらが正しいのか不明なので、時間には余裕を持って行った方が良さそうです…

香港市街→深圳口岸

銅鑼湾深圳灣口岸 跨境バス


環島大陸通
(14:30-21:30) 55 HKD

尖沙咀(海港城)深圳灣口岸 跨境バス


環島大陸通
(7:10-21:10) 55 HKD


その他

スカイリモ(SkyLimo)

スカイリモ乗り場などの情報を以下のリンクにまとめました。
香港空港→皇岗口岸:100HKD(約1,400円)[約40分] ※2019年7月に永東旅行社のスカイリモ使用時は150HKD請求されました(全ての業者が150HKDかは未確認です)

香港空港→深圳湾口岸:150HKD(約2,000円)[約60分]

スカイリモは4社あります。

香港中國旅行社

香港中國旅行社のホームページから、ルート・スケジュール・料金を確認することができます。深圳湾口岸・皇岗口岸だけでなく、広州や他の地域のバス予約も可能です。
スカイリモの料金は以下の通り。皇岗口岸へは100香港ドルで利用できます。営業時間は上記ページにある通り[4:50-2:30]とのことですが、実際は夜12時あたりまでしか営業していないようです。

香港国際空港深圳湾口岸(150 香港ドル)
香港国際空港岗口岸   100 香港ドル)

永東集團

環島旅運

S.T 三通旅遊

広州直通バス

深夜の時間帯に、香港から深センへ移動する方法

香港空港から市街地への深夜バス + 香港市街から口岸への24時間運行バスを利用すると、83.5HKD(約1,150円)で移動することが可能です。

その他リンク

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事