総工費は5億元以上!東門老街アップグレードプロジェクト

中国初のマクドナルドがあることで有名な深センの商業発祥地、東門老街。

現在この歴史ある東門商業歩道街エリアのアップグレードが計画されています。本プロジェクトの総投資額は約5億4,000万元で総工期は29ヶ月。レンダリング画像を見ると、東門の歴史的な痕跡を残しつつ新しい世代の若者を取り込むような工夫がされています。

300年以上の歴史を持つ東門老街

東門老街の歴史は意外に古く、なんと300年以上。明朝の中期にまで遡るのだそう。

明朝末期以来、老街は周囲数十キロに及ぶ有名な商業市場となりました。1993年に広州ー九龍鉄道が開通し、羅湖駅が開設されると、深センは大陸と香港のゲートウェイとなり、農産物を販売する顧杭街(現・解放路)、軽食や食料品を販売する威信街(現・人民北路)、永新街、南青街などをはじめとする商業街が急速に発展し、現在の羅湖の旧市街が形成されました。

中国大陸初のマクドナルドや、深セン初の新華書店(新华书店)なども出店し、商業発祥地として何世代にもわたって羅湖区居住者の中心的存在でした。

2021年4月にオープンした深圳超级文和友も東門老街の近くに位置しており、多くの人々で賑わっています。

東門老街アップグレードプロジェクト(第一期)

先日、羅湖区東門街事務所が「東門歩行街の改修・改良(第一期)」プロジェクト案を発表しました。

Image via 深圳卫视深视新闻

情報によると、このプロジェクトは、東門商業歩道街と広場、ショッピングエリアの建物の正面や屋根、東口歩道橋など、東門商業歩道街エリア(北は立新路、南は深南东路、東は东门中路、西は新园路)を一変させるものとなります。

东港中心、大世界广场、太阳百货广场、东门鞋城广场、中威广场、金世界广场など、おなじみの建物が網羅されており、 本プロジェクトの総投資額は約5億4,000万元、総工期は29ヶ月を予定しています。

Image via 深圳卫视深视新闻
Image via 深圳卫视深视新闻

アップルストアもいい感じになりますね。

Image via 深圳卫视深视新闻

当初計画されていた東門商店街のアップグレードは、約20万平方メートルの歩行街に限定されていました。 しかし、羅湖区当局は、変革の実現可能性や関連性、また羅湖の産業配置を考慮し、最終的には範囲を拡大して約130万平方メートルの面積をカバーすることに。

Image via 深圳卫视深视新闻

計画によると、近日中に開始される改修プロジェクトでは、東門の歴史的痕跡、地域の特徴、文化遺産、建築様式の保存を重視し、特に思月书院などの重要な文化施設の保存に力を入れます。

思月书院 Image via 深圳卫视深视新闻

大規模な取り壊しや閉鎖をせず段階的に行い、国際的な名所や「夜間経済」のモデル地区にアップグレードさせて、深センの市場の歴史的な痕跡を残しつつ、新しい世代の若者が買い物や消費をするようにするとのこと。

深セン市と羅湖区は東門歩行街の改善を重視しています。東門の再建作業を担当する市政府のリーダーは区党委員会書記と区長が担い、いわば「ダブルリーダー」として再建のためのグループを立ち上げ、市商務局との調整・連絡メカニズムが確立されています。

具体的には、変革の項目として以下の5点を挙げています。

  1. 交通の最適化
  2. 空間の再創造
  3. 環境アップグレード
  4. 産業の再構築
  5. 文化の植入

特に交通の最適化に関しては、駐車場と道路交通のボトルネックの問題を緩和するための大規模な取り組みが行われます。时代广场、市工人文化宫、老儿童公园の3つのポイントからの大規模な地下駐車場の作成が計画されています。

Image via 深圳卫视深视新闻

東門商店街の変貌

東門の変貌とアップグレードは、各界から広く関心を集めています。

計画専門家で北京大学教授の陈可石氏は、「東門の変革は、ヨーロッパや日本などの先進都市の旧市街地や旧商業地区の変革の成功例に学び、『文化の再構築』に取り組むべきだ」とし、地域文化と深圳の改革開放を組み合わせたプロジェクトにすべきだと述べています。

建築設計、地下空間の再構築、インテリアデザインなどのチャンネルを通じて、高い水準の計画性を反映した新しい文化を有機的に統合していきます。

Image via 深圳卫视深视新闻

中国都市計画設計研究院の副主任プランナーであり、深圳分院の副院長でもある朱荣远氏は、「東門のリノベーションの実施は、深圳では注目すべき大きな出来事です」と語り、計画部隊は思い切って挑戦する勇気を持つべきだと考えています。

「東門の各商業ビルを再計画して…回廊で繋ぎ、東門全体を立体的な商業ストリートにすることが可能です。」確かにレンダリング図を見ると各商業ビルがつながっていますね。雨の日などは助かります。

Image via 深圳卫视深视新闻

公開された提案書を見ると、5Gアプリケーションをベースにしたスマートリテール(最新テクノロジーを用いた購買体験を提供する小売店)が、東門の変革とビジネスアップグレードの大きな特徴であることがわかります。 これにより消費者のショッピング体験が向上します。

Image via 深圳卫视深视新闻

深圳市第七回党大会報告では、深セン市が国際消費中心都市の建設を加速させることが明記されており、「世界的なランドマークショッピング街や質の高い歩行者専用道路を建設し、新しいタイプの消費を育成・成長させる」必要性が具体的に述べられています。

Image via 深圳卫视深视新闻

この東門の改修・改良プロジェクトは、消費環境を改善し、同地区の消費の変革とアップグレードを促進することで、消費の潜在力を効果的に解放し、消費の持続的かつ健全な成長を促進し、都市の経済発展に強い刺激を与えることになるものと期待されています。


Source:

深圳卫视深视新闻:超级变变变!投资超5亿,未来的东门步行街是这样的→→

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事