"中国飲食業界のディズニー"「超級文和友」深センにオープン:初日は5万人以上の行列に

「中国飲食業界のディズニー」と言われる飲食系の複合施設「深圳超级文和友」が4月2日に正式オープンし、5万人以上が行列を作りました。

3ヶ月限定で当施設内に出店中のタピオカティーブランド「茶顔悦色」ではプレミアが付き、一杯500元(約8,400円)で売られるほどの人気となっています。

話題の新刊!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。

敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

「深圳超级文和友」とは?

「深圳超级文和友」とは、長沙の企業によって建てられた80年代の文化をテーマにした飲食系の複合施設。

Image via EyeShenzhen

長沙(长沙文和友)と広州(广州文和友)に次いで3番目の施設となり、80-90年代の古い住宅の鉄製の窓を外観とし、内部には「深圳不夜街市场」「可口可乐时光馆」「深圳大家乐广场」「绮梦」「深圳人的沉浸式戏剧」「爱我深圳」「深圳生活」といったエリアを設置。文和友の特徴であるノスタルジックな要素を演出しています。

Image via 聚焦深圳

床面積は約3万平方メートルで、広州の店の6倍の広さ。4階建ての建物内に60以上のケータリングブランドが出店しておりオープン初日は5万人以上が並んだとのこと。深センと香港の文化的特徴を融合し、「食、観光、ショッピング、娯楽、展示」が一つにまとまっています。

Image via 騰訊网

没入型体験で「中国飲食業界のディズニーに」

当施設は飲食だけでなく、没入型の文化体験空間を提供。進出する都市ごとに、その場所の都市文化との共生を図るスタイルで「中国飲食業界のディズニーになる」と言われています。

Image via 聚焦深圳

今後は、北京、上海、香港、ロサンゼルスなど、国内外の一等地に10の施設をオープンする計画を立てているとのこと。

Image via 騰訊网

中国各地のグルメを網羅

今回オープンした深圳超级文和友は内容も充実しています。

オイスター専門店「深笙蚝」

椰子鸡汤(ココナッツチキン)で有名な「润园四季」をはじめ、深笙蚝、茶颜悦色、小罗臭豆腐、老地方盐田肠粉、牛巷番薯粥、光明招待所、有章牛杂、阿八蚝仔烙、文记壹心鸡、亚强果汁冰、大利来猪扒包、邓家传文糕点、东瓜山肉肠などの有名店から、揚げ物、ザリガニ、ソーセージ、臭豆腐、牡蠣といった中国を代表する食事が提供されています。

オイスター専門店「深笙蚝」 Image via 金羊网
「光明招待所」红烧乳鸽 Image via 金羊网
Image via 金羊网

他にも、古い駅のプラットフォームをイメージしたレストラン「COMMUNE」や、美容小売ブランド「HAYDON黑洞」も出店。サブカルエリアもあるそうです。

Image via EyeShenzhen

3ヶ月限定のティーストア「茶颜悦色」は大行列:一杯500元にも

特にニュースになったのが、長沙のティーストア「茶颜悦色」(Chayanyuese)。

Image via 騰訊网

深圳文和友内に3ヶ月限定のショップをオープンしましたが、初日から大行列。

Image via 騰訊网

1人1回の注文で2杯までという制限をしているもののネット上には代理購入をする大量のダフ屋が現れ、一杯500元(約8,400円)で売られていたものもあったとのこと。

Image via 騰訊网

建物と液晶が融合したアート作品「时空剥落」(TIME PEELING)

「时空剥落」(TIME PEELING)は、深圳文和友とUFO媒体实验室によるアートプロジェクト。先日行われた「GLOW SHENZHEN 2020 深圳国际光影艺术季」でも披露されていたインスタレーションのアップグレード版なのだそう。

Image via EyeShenzhen
Image via 深圳吃货小分队

古風な建物とLEDディスプレイが見事に融合しSF的な雰囲気を醸し出します。

Image via 深圳吃货小分队

深センの写真家Tony氏による内部施設公開

現在数千のフォロワーを持つ深センの有名写真家Tony氏(Twitter: @yusuke_tony)より、最新の深圳超级文和友施設内部の写真を使わせていただきました。なんと、このようなレトロなゲームセンターも設置されています。懐かしのKOF97...!場所は地上もしくは地下1階にあるそうです。

Photo Credit by Tony
Photo Credit by Tony
Photo Credit by Tony
Photo Credit by Tony

オンライン予約が必要

初日からの混雑に対応して、4月3日より入場希望者はオンラインでの予約が必要になりました。

WeChatで「深圳文和友」公式アカウントをフォロー後、左下メニュー内の「点我排队」から整理番号を取得してください。

アクセス・ロケーション

深圳超级文和友

住所:深圳市罗湖区解放路3002号

最寄駅:地下鉄1号線「老街」G出口

営業時間 11:00-24:00(毎日)

羅湖東門エリアの活性化に一役

今回進出した羅湖東門エリアには、深センで最初にできた古い商店街があります。東門街は昔の深センの人たちの記憶を呼び起こしますが、西側で新しい商業施設が建設されていく中で昔ながらの古い商店街に新しい人を呼び込むことは羅湖区政府にとっても課題となってきたようです。

Image via 騰訊网

そんな矢先にオープンした「深圳超级文和友」。昔ながらのノスタルジックな情緒を醸し出しながらも若者たちを惹きつける魅力を持ち合わせているため、古い商店街の活性化に一役買いそうですね。

Image via 聚焦深圳

Source:

聚焦深圳:全球第三座超级文和友┃深圳超级文和友来了

EyeShenzhen: Wenheyou Superb Shenzhen opens 深圳“超级文和友”开业,怀旧与“网红”感并存

新浪网:深圳快闪店炒到500元一杯,茶颜悦色为何还不打算布局全国?

騰訊网:太火了!深圳文和友今天开业,茶颜悦色代购费炒到500元1杯

金羊网:深圳文和友对外开放放下“超级”,拥抱城市

深圳文和友:深圳第一天,好像表现不好

深圳吃货小分队:「文和友大楼」来了,全国最大!实拍揭秘「深圳文和友」,4月2日开放

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事