深セン→香港 物資供給ルート「高速海上航路」開通:1日4,000トンの食物需要を供給へ

香港の越境トラック運転手による相次ぐ感染は、物流に大きな影響を及ぼしています。

香港の野菜や果物の1日の需要は約4,000トンと言われていますが、香港では陸上輸送に代わる新たなルートとして海上航路を開通させました。今後は貨物の出荷量を増やし、通関のスピードを上げることで供給を満たそうとしています。

中国渡航ホテル隔離グッズ特集!

深圳大铲湾码头、妈湾港、盐田港の3カ所から香港へ

この高速海上航路、深センの港は前海の大铲湾码头、妈湾港、そして盐田港の3カ所から出発します。

一例を挙げると、このようなルートを通るとのこと。

  • (深セン)大铲湾码头 →(香港)葵涌現代貨櫃碼頭
  • (深セン)妈湾港 →(香港)屯門碼頭
  • (深セン)盐田港 →(香港)香港国際貨櫃碼頭

妈湾港から香港の屯門碼頭までの航路は約2〜3時間、塩田港から香港国際貨櫃碼頭までの航路は約7〜8時間の所要時間となります。

200トンの食料品(野菜・果物)も香港に搬送

2月22日には、大铲湾码头から200トンの新鮮な野菜や果物、卵が香港葵涌現代貨櫃碼頭(Hong Kong Modern Terminals)に運ばれ、长沙湾蔬菜批发市场等に投入されました。

Image via 深圳卫视深视新闻

貨物船は「補充のための新しいルート」

「香港の一部の越境運転手が感染した今、陸上輸送の圧力が高まり、補充のための新しいルートが必要だ」と香港立法評議会の易志明氏は述べています。

Image via 深圳卫视深视新闻

香港の野菜や果物の1日の需要は約4,000トンです。2月22日の輸送は1台のバージで200トンでしたが、その後は出荷量を増やし、香港の供給需要を十分に満たすことができる量になるのだそう。

貨物船の容量は、陸上輸送のトラック30台分に相当します。仮に満杯の野菜を積んだ場合、1日で香港に供給される野菜の10分の1に相当すると理解されています。

Image via 深圳卫视深视新闻

迅速な水路越境輸送のため通関オペレーションを変更

生鮮食品の水路越境輸送は時間がかかってしまうため、オペレーションの変更も行われています。

深圳海关口岸監督局の林浩宇副局長は、香港に供給される生鮮商品の一刻を争う性質を考慮し、税関は「事前申告、到着直送、非立入検」という税関監督モードを作り、「現地+港湾」の共同監督を採用したそうです。

税関は、香港への生鮮食品の「翌朝配達」を実現するため、「香港生鮮グリーンチャンネル」を設置し、通関時の「待ち時間ゼロ」を推進し、"翌朝配達 "を実現するとのこと。

Image via 深圳卫视深视新闻

現在、深圳港には香港の港に寄港する航路が毎週134本あり、深圳ー香港間のコンテナ貨物の水上輸送を実現することができます。今後も深圳港のコンテナ港から香港へ生活物資の供給を続け、1日あたり最低3,000TEU(1TEU=20フィートコンテナ1個分)の取扱能力を確保する予定。その後、必要に応じて船舶の容量や頻度を調整します。


Source:

深圳卫视深视新闻:新鲜蔬果已抵港上市!深港这场雨夜跨境接力,如何解香港民生急需?

ShenzhenDaily : SZ opens sea routes to ensure supplies to HK 深圳开通三条水上供港快线保障物资供给

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事