【写真ギャラリー】2019 第23回 深港澳国际车展 INTERNATIONAL AUTO SHOW

2019年6月1−9日にかけて、IAS(Innovative Auto Show) 2019 第二十三届 深港澳国际车展 The 23rd Shenzhen-Hong-Kong-Macao International Auto Show が、深セン会展中心(Convention & Exhibition Center)にて開催されました!

深センの街では、日本では見かけない車がたくさん走っています。中国の自動車メーカーは国内に100以上存在すると言われています(!)が、その中でも主要メーカーが欧州・日本のメーカーと共にこのオートショーに出展しています。

70以上のブース で展示が行われましたが、今回、ほぼすべてのブースを見て回りました。私自身車には詳しくなく、素人中の素人でセンスのカケラもないのですが、素人目線ながらお伝えしていきます。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

中国の自動車事情

世界の自動車メーカーといえば、欧州・米国・日本が強いですが、これらの車を中国に輸出して販売しようとすると高い関税がかかります。

そのため、安く販売するには現地生産を行なう必要があるのですが、それには中国メーカーと「合弁」という形を取らないといけません(双方が出資して事業を起こすこと。出資比率は、中国国内メーカー50%以上、外資系メーカー50%以下という決まり)。そして中国メーカーも、合弁によって技術力向上を図っています。

しかしこの合弁、現実はちょっと複雑なんです。

「一汽丰田」

なぜなら、複数の現地中国企業と合弁会社を作ってしまえるので、例えば同じトヨタでも「一汽丰田」「广汽丰田」があったり、ホンダは「广汽本田」「东风本田」…といった感じで別会社になるのです。

「东风本田」と「广汽本田」

なので、隣同士のブースで同じ車が展示されていたりします。うーん…

中国自動車メーカーと外国メーカー相関表

この辺の情報はいろいろググっていくと見えてくるのですが、まとめると大体こんな感じになります。(太字は中国ビッグ5)

中国メーカー
外国メーカー(合弁)
第一汽車/FAW
トヨタ
マツダ
VW
アウディ
東風汽車/DFM
日産
ホンダ
ルノー
プジョー
KIA
上海汽車/SAIC
GM
VW
ボルボ
長安汽車/CHANGAN
マツダ
フォード
三菱
スズキ(2018年9月に持ち株を長安汽車に譲渡し、中国市場から撤退(生産・販売ライセンスは継続))
奇端汽車/CHERY
Jaguar
LAND ROVER
広州汽車/GAC
トヨタ
ホンダ
北京汽車/BAW
ヒュンダイ
メルセデス・ベンツ
Jeep
東南(福建)汽車/SOUEAST
三菱

華晨汽車/BRILLIANCE

BMW
浙江吉利控股集団/GEELY
ボルボを買収(共同ブランド「Lynk&Co」立ち上げ)

亚迪/BYD

ダイムラー(「騰勢/DENZA」立ち上げ)

 

では、2019年最新のオートショー。会場の様子はどんな感じでしょうか?

オートショー写真ギャラリー

本当は一つ一つ紹介していきたかったのですが、写真が120枚以上あるためギャラリー形式でご紹介します。

 

集客方法はさまざま

少し気になった写真をピックアップしますと

各メーカーはイケメンモデル・美女を曲に合わせて踊らせたり(それ目当てで写真を撮りに来る人も)、マスコットを用意したり、ゲームイベントを開催したり、他ブランドとコラボしたり、集客に工夫を重ねています(日本も同じですかね)

ピカチュウは子供に人気なので何匹もいました。

くまモン…?

ちょっとやる気のないアベンジャーズ

マツダブースはマリオとアイアンマン(人気でした)

日産ではVR体験ができます!

ENOVATE(际汽車) × % ΔRΔBICΔ

ENOVATE(际汽車)は、スタイリッシュな車を展示していましたが

Shenzhen Fanでも以前に特集したカフェブランド「%ARABICA」とコラボしていました。

WeChat(微信)登録すると、コーヒー無料提供!

コーヒーのクオリティはもちろん店舗と同じ

上手なコラボですね。

洗練されたデザイン

中国メーカーはアウディやロールスロイスなどの大物デザイナーを引き抜いてデザイン力向上にも務めてきたのもあり、会場内を見ると、本当にデザインが洗練されてきていると感じます。

上海蔚来汽車(NIO)

「ポストテスラ」「テスラキラー」とも言われるNIOは、テンセントやシャオミなどから出資を受けてるEVメーカー。

威马汽车(WM Moter)

威马汽车は、百度(Baidu)が出資するEVメーカー。

DENZA

DENZAは、ダイムラーとBYDの合弁会社。中国製EVを開発。

WEY

长城汽车グループのWEYは、中国のラグジュアリーSUVブランドとして有名。

红旗

红旗は第一汽車の高級車ブランド。奥に見えるのは1965年に発表されたリムジンのCA770。伝説的な車です。

今と昔のコントラストがいいですね。

欧拉(ORA)

ORAは、长城汽车のEVブランド。かわいい。

中国らしいデザインも

长安汽车(CHANGAN)

一方で、これもビッグ5の一つである长安汽车は、こんなペイントを施しています。

亚迪(BYD)

深センに拠を置くBYDは、「王朝」というシリーズを出していて、車の前面エンブレムには「宋」「唐」「秦」「元」といった王朝の漢字をあしらっている特徴があります(街中でよく見かけますね)。

時代はEV

時代はEV全盛で、BATと呼ばれる中国のIT巨人はそれぞれEVメーカーに何百億円という単位で出資し、競争が激しくなっています。

パクリ・粗悪…といった中国車の今までのイメージは完全に塗り替えられ、今後は世界の自動車業界を牽引する力を秘めていると感じました。

日本車も頑張って欲しいですが、中国の自動車・EVメーカーから目が離せませんね。


当記事を作成するにあたって、以下のサイトを参考にしました。(良記事です)

中国株ドットコム:中国の自動車業界と自動車メーカー各社について

自動車産業ポータル:自動車販売台数速報 中国 2018年

COBBY:世界の自動車メーカーまとめ|海外25ヶ国の外車ブランドまるわかり!中国の自動車メーカー・ブランド一覧

WEB CARTOP:【5分でわかる】複雑な中国の自動車メーカー事情

Wikipedia:中国の自動車産業

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事