深センは無人運転車のライセンス供与について法整備を進める

完全無人の自動運転車が現実味を帯びていくにつれ、気になるのが免許などの法整備。

深セン市では他の都市に先駆けていち早く、無人運転車の登録・免許・走行に対応した車両保険制度交通事故責任判定制度の草案を発表しました。これにより法制度の全体像が見えてきました。

POCKETALK S 中国版発売中!

中国・深センにおける無人運転技術

世界的なイノベーションのホットスポットとなっている無人運転技術。中国でも自動車産業が変革・アップグレードするための重要な突破口として注目されています。

「無人運転技術は今後3-5年で爆発的に普及する」

調査によると、港湾地域での物流・自動清掃・無人回収車などの応用技術は比較的成熟しており、無人バスやレンタル用途を含む無人運転技術は、今後3~5年で爆発的な発展を遂げる可能性があるとのこと。

特に深センでは、人工知能、ビッグデータ、5Gなどの技術基盤が比較的しっかりしており、無人運転車産業の発展に向けた強固な産業基盤を持っています。

すでに深センでは一部で自動運転バスや完全自動運転タクシー「Robotaxi」の一般乗車も行われています。

中国では課題も

米国、日本、欧州などの先進国では長年にわたってこの分野に取り組んでおり、世界の17カ国では法的な障害をクリアするために、無人運転車・イノベーションの開発を規制する特別な法律や規制を策定・導入したり、既存の法律や規制を改正しています。

しかし、現在中国における無人運転車の開発は、市場に参入できない、免許を取得できない、車両保険制度が完璧でない、交通事故の際の責任を確定できないなど、多くの法的問題に直面しているようです。

深センにパイロットテストの権利を与える

2020年10月、中国共産党中央委員会総局と国務院総局は、《深圳建设中国特色社会主义先行示范区综合改革试点实施方案(2020—2025年)》(中国の特色ある社会主義の示範区を構築するための深圳総合改革試行実施計画(2020-2025年))を発表し、権限のある事項の第1リストとして、深センに人工知能や無人運転などの新興分野で早期にパイロットテストを実施する権利を与え、深センが経済特区を十分に活用することを支援することを提案したとのことです。

中国共産党中央委員会と国務院の戦略的決定を実行するために、深セン市人民代表大会常務委員会は、2021年の重要な立法プロジェクトとして《深圳经济特区智能网联汽车管理条例》(深セン経済特区におけるインテリジェント・ネットワーク車両の管理に関する規則)の制定を盛り込み、無人運転車両管理チェーンを規制し、無人運転技術の商業的発展に法的支援を提供することを決定しました。

現在深センでは(羅湖区、深汕特別合作区を除く)9つの行政区で144.69kmの道路をインテリジェントネットワーク接続車のテスト用に開放し、14件のロードテストライセンスを発行中。総走行距離は18,638kmで、開放面積、開放走行距離、ライセンス発行数のいずれにおいても全国トップレベル。

法案では、無人運転車が高速道路などでの走行テストやデモンストレーションを行うことができると規定されています。 また、市政府は車両と道路の連携インフラが整備されている行政区を選択して、無人運転車両の道路試験、実証適用、商業化パイロットのために全地域を開放することを許可し、それらの承認権限を開放されている地区の関連当局に委ねることとしました。

Image via 深圳卫视深视新闻

基準を満たした無人運転車製品は、深センの無人運転車製品カタログに掲載されて一般に公表され、販売、登録、ライセンスが許可されることになります。

公開草案

事故責任の決定

無人運転車両による交通事故の責任の所在を明らかにすることについて、公開草案では以下のように規定されています。

無人運転車が交通違反をした場合、公安当局の交通管理部門は法律に基づいて制御者または所有者を処罰する。

交通事故が発生し、無人運転車両に責任がある場合、車両の制御者または所有者は、対応する損害賠償責任を負う。

交通事故が無人運転車の品質の欠陥によって引き起こされた場合、車両の制御者または所有者は、法律に従って損害の責任を負った後、車両の生産者または販売者から補償を受けることができる。

保険制度

中国には強制加入の自動車保険制度があり、車両保険に加入した自動車しか道路を走ることができません。

草案では、無人運転車は強制的に交通事故責任強制保険と保険金額500万元以上の自動車第三者賠償責任保険(机动车第三者责任保险)に加入しなければならず、人を乗せる機能を持つ無人運転車は自動車乗員賠償責任保険にも加入しなければならないとしています。

安全規則

公共の安全を守るために、草案では主に以下の点が提案されています。

  • 無人運転は「条件付き自律走行」、「高度な自律走行」、「完全な自律走行」の3つの技術レベルに分類
  • 「条件付き自律走行車」には、対応する車種の運転免許証を保有しているドライバーを乗せること
  • 「高度な自律走行車」「完全な自律走行車」には運転者を搭載しなくてもよい
  • ドライバーは、無人運転車両が(運転の)引き継ぎ要求を発したとき、または車両が自律走行に適さない状態になったときに、直ちに引き継ぎを行わなければならない
  • 運転手のいない無人運転車は、車両が故障したときや自動運転に適さないとき、その他交通安全に影響を与える異常な状態になったときには、直ちに危険警告点滅装置を点灯させ、交通の妨げにならない場所に移動して駐車するか、速度を落として遠隔操作で引き継ぐなど、運行上のリスクを低減するための有効な手段を講じること

深セン市は草案のフィードバックチャンネルも開設

今回の草案全文は、以下のリンク(深圳人民代表大会ウェブサイト)で公開され、各方面から意見や提案を募集しています。

深圳市人大常委会办公厅:关于《深圳经济特区智能网联汽车管理条例(征求意见稿)》公开征求意见的公告

意見、感想は郵便、電子メール、ファックスで募集しているとのこと。(締め切りは2021年4月11日)

郵便番号: 518035

宛先:深圳市福田区市民中心A区 市人大常委会监察司法工作委员会办公室

電話番号:88128279

Fax: 88101550

E-mail: jcsfgw@szrd.gov.cn

深圳人大网ウェブサイト:www.szrd.gov.cn

深圳市政府オンラインサイト:www.sz.gov.cn

日進月歩の自動運転技術。法律の面でも深センがいち早く整備することでますます普及に向けて前進していくことでしょう。


Source:

深圳卫视深视新闻:突破!深圳将立法准许无人驾驶汽车上牌、运营

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事