【香港エクスプレス】「香港経由でアジアの人気都市へ」セール開催!香港 ー 日本各都市(2,380円から) (12/2-9)

今週の香港エクスプレスは、「香港経由でアジアの人気都市へ」セールを開催します!

今回の対象は、日本発着の香港13路線。最安値は2,380円。往復購入が条件となります。
先週までは往復購入で10円セールが行われていましたが、通常のセールに戻りましたね。

販売期間は、2019年12月2日 10:00〜12月9日 0:59まで(日本時間)
搭乗期間は、2019年12月9日~2020年12月14日

チケットお買い求めは以下公式サイトからどうぞ

セール内容

以下、公式サイトからの抜粋です。

東京 (羽田) ー 香港

4,180円から

東京 (成田) ー 香港

4,180円から

大阪 (関西) ー 香港

4,080円から

名古屋 ー 香港

4,780円から

広島 ー 香港

4,080円から

高松 ー 香港

3,480円から

福岡 ー 香港

4,180円から

熊本 ー 香港

3,380円から

鹿児島 ー 香港

2,980円から

長崎 ー 香港

3,380円から

石垣 ー 香港

2,980円から

宮古(下地島) ー 香港

2,380円から

沖縄 ー 香港

2,480円から


香港国際空港のチェックインカウンター位置が変更

チェックインカウンターが変更になるというアナウンスがされています。

香港国際空港の第2ターミナル閉鎖に伴い、2019年11月29日以降、香港エクスプレスの香港国際空港のチェックインカウンターは、第1ターミナルのH列(H1-H18 )へと変更になります。

事前の情報収集を

デモ・ストライキ等で運行に支障が起きた場合は、香港エクスプレスでは以下のページでアナウンスがあるようなので、搭乗前にチェックすることをお勧めします。

週末・祝日はリスク高め

香港デモの動向を追っていくと、週末・祝日にデモがよく行われます。それに伴い交通機関の麻痺や地下鉄破壊なども行われている模様なので、香港エクスプレスに限らず香港発着のフライトを利用されるときは週末・祝日はリスクが高いということを念頭に置いた方が良いですね。

バックアッププラン: シャトルバスで香港→マカオ/珠海へ

香港空港から深圳へのルートが使えない場合に備えて、シャトルバスを利用してマカオ/珠海へ行くという方法もあります。

値段・所要時間は以下の通り。マカオ行きも珠海行きも同価格です。24時間運行しているようです。

  • 香港口岸 ↔︎ マカオ(約30分)65HKD〜
  • 香港口岸 ↔︎ 珠海 (約40分)65HKD〜

ただ、香港国際空港からは、いったんNew Lantao Bus (新大嶼山巴士)の「B4」バスに乗る必要があります。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

フェリー利用もおすすめ

フェリーを利用する場合は、深センだけでなくマカオ・珠海・広州・中山・東莞といった各地域にも香港空港から直接行くことができます。

(以下の記事が分かりやすいです)

フェリーは、運行時間に注意

しかし、フェリーは早朝・深夜運行していないため、フライトの時間によっては使えず、注意が必要です。
(最終運行時間は、[香港空港→蛇口港] 8:15-21:50、[香港空港→深圳空港] 10:15-20:00

今後も空港のストライキやそれに伴う欠航はあり得る(特に週末)ので、Twitterや各航空会社の公式ページなどで情報収集を行いながら事前にバックアッププランも検討することをお勧めします。

参考情報↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事