【新型コロナウイルス肺炎】ITを駆使して抑え込みを!深センの対コロナウイルスハイテク機器まとめ

これまで約1ヶ月の間、深セン市では新型コロナウイルス肺炎対策のために様々なハイテク機器を開発・使用してきました。その甲斐もあり現在は感染者抑え込みに成功しています。

では、どんなツールを使ってきたのでしょうか?今回はいくつかの事例をご紹介します。

感染者が増加している日本でも参考になる点があるかもしれません!

Source:

深圳梦想家 : 深圳“硬核”高科技 花式战疫防疫助复工

※記事内のすべての写真は、深圳梦想家より転載

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

深圳大学では、新型コロナウイルス抗体検出キット作成に成功

2月10日の夜に、深圳大学と深圳市第三人民医院、そして深圳市天深医疗器械有限公司(TiSENC)が共同で開発した新型コロナウイルスのIgMとIgG抗体検出試薬キットの開発に成功したと発表しました。 血清または血漿を検査サンプルタイプとして使用する当キットは、医療従事者の感染リスクを大幅に低減し、22分で検査結果を得ることができる。とのこと。

新型コロナウイルス抗体検出キット

深センの“火眼”と呼ばれるラボでの様子

当ニュースは36Kr Japanでも報じられましたね。

深セン各所でロボットが大活躍

新型コロナウイルス対策において大活躍のロボット。彼らはウイルスに感染することはありませんし、疲れも知りません。

「建国」と呼ばれる警察検査ロボットは、高速道路検疫所、深圳北駅、その他の人口密集地域で市民に対する自動音声アナウンスや顔認識、温度検出などを行うのだそう。

警察検査ロボット「建国」

赤外線温度測定を行う

高速道路料金所にある「黄田田」と呼ばれる5Gロボット。

福田区の集中隔離医療観測所では、食事・薬・配達を担当するロボットが活躍中。

福田区で作業中の清掃ロボット:

巨大ドローンによる消毒作業も

車列に向けてQRコードスキャンを促すドローン。

龙岗区の工業団地では、約60万平方メートルの敷地を3時間以上かけて巨大ドローンが殺菌消毒したとのこと。

AI・5G通信技術も駆使

赤外線熱画像温度測定技術や5G通信技術を使用して「非接触高速温度測定」を行っています。

深センのAI企業は、顔認識やAI温度測定技術を活用して、プライバシーを保護しながら感染の疑いのあるケースを測定し、予防にあたるのだそう。

このGIF画像を見ると各乗客の体温を検出しているのが分かります。

どのくらい正確なのかは分かりませんが、係員がいちいち測定する必要がないのはいいですね。

テンセントは企業のためのソリューションを提供

深センに本社を構える超有名企業テンセントでは、仕事を再開できるように高度なデジタル技術を活用した包括的なソリューションを導入しました。

テンセントの赤外線温度計

また、リモートワークのためのツールとして「企业微信(企業用WeChat。Slackみたいなチャットツール。Slackより高機能とされる)」、「腾讯会议/Tencent Meeting(Skype/zoomのようなオンラインミーティングツール)」、「腾讯文档(Google Docのようなオフィスツール)」などのパッケージを提供しています。

またWeChatではオンラインで質問したり、健康報告ができる機能を提供して(「深i您」「i深圳」「疫況」といったミニプログラムですね)、従業員が毎日迅速に個人的な健康情報を報告し、企業の方は従業員の健康状況を正確に把握するのを助けています。

合言葉は「连接一切」

この言葉、聞いたことありますか?

この「连接一切(lian jie yi qie)」は、"人や物を、WeChatの中でなんでも結ぶ"といった意味なのだそう。「万物互联」といった言葉も人気ですが

一つのアプリ(WeChat)の中でなんでもできるスーパーアプリとなるべく邁進しています。

開発が容易なWeChatミニプログラムは無双状態ですね。深圳地下鉄で実名登録させる「深圳通+」もそうですし、上記のリモートワークのツールはミニプログラムからも使えるのでスマホ一台で仕事ができるようにもなり、今後もテクノロジーの分野から社会が回復するのを助けていくことでしょう。

日本も負けずにIT化を!

「必要は発明の母」ですので、これを機に各方面で便利なアプリが開発される土壌ができるかもしれません。

またドローンなどの規制が緩和されたり、ロボットの自動化を進めれば少子化による人手不足の対策にもなりますし、技術も進歩します。駅や公共スペースで温度測定技術なども導入していけば感染者の把握しやすくなりコロナウイルスの早期収束に貢献するのではないか、と期待しています!

ピンチをチャンスに変えていきましょう!

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事