【OCT-LOFT】2020 Public Art Exhibition「余物新秩序 Trash New Order」開催中!(9/5-10/18)

毎年OCT-LOFTにて開催される大規模な公共アートイベント「OCT-LOFT Public Art Exhibition」が、今年もついに開催です。

例年は5月開催のこのイベント。2020年は新型コロナウイルスの影響で4ヶ月延期されましたが、今回のテーマは深センでも本格施行された<ゴミ分別>というタイムリーなもの。日本人のアート作品も披露されています!

2019年のOCT-LOFT公共アートイベント記事はこちら

目次

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

2020 OCT-LOFT公共アートエキシビジョン 公共艺术展

2020 OCT-LOFT公共アートエキシビジョン 公共艺术展は、深圳华侨城创意文化园主催のもと、Shenzhen Fringe Art Center(深圳市前沿艺穗艺术中心)キュレーター朱德才(Eric Zhu)氏が中心となって開催されます。

キュレーター 朱德才(Eric Zhu)氏 Image via 深圳华侨城创意文化园

場所はOCT-LOFT北区C2展示ホール。展示は4つのセクション(材料美学、价值再生、景观重置、艺术开源)で構成されます。

展示部門キュレーター 杜峰松氏 Image via 深圳华侨城创意文化园

テーマ:<余物新秩序 Trash New Order>

今年のパブリックアート展では、「余物新秩序 Trash New Order」をテーマに、放棄され忘れられた「余物」を芸術的に表現したもので、国内外から19グループのアーティストを招待して制作されました。

Image via 深圳华侨城创意文化园

オープニングパフォーマンス

オープニングでは、参加者招待型のサウンドパフォーマンス《余物之歌》(Sound Recycling)が行われました。これは捨てられた「ゴミ」を利用して楽器を作り出し、即興で集団コンサートを形成したもの。著名なクロスメディアアーティストによる作品なのだそう。

《余物之歌》(Sound Recycling)Image via 深圳华侨城创意文化园

かつてのゴミが新しい役目を持って生まれ変わります。

Image via 深圳华侨城创意文化园
Image via 深圳华侨城创意文化园

材料はすべて深センから

過去の作品との大きな違いは、今回展示されるすべての作品が、過去5か月に深セン内から集められた不要品なのだそう。実にその数10,397個! 。

チーム・ボランティアによるパブリックアート作品

展示作品は様々なチーム・アーティスト・ボランティアにより共同で制作されました。そのため出来上がった最終的な作品は、クリエイター自身の創造的な成果ではなく、さまざまなチームや人々の参加の結果なのです。真のパブリックアートが完成しました。

また、展示会が終了しても、これらの展示物は「ゴミ」にはならず、永久的なコレクションのためにアーティストのスタジオに戻され、専門の機関に送られリサイクルされるか、他の展示会活動で再利用されるのだそう。エコ!

作品例

では早速、代表的な作品を見てみましょう。

柏志威 Perry Bai|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《咖啡永续》Coffee Vessel

コーヒーショップでは、最も一般的なコーヒーかすとコーヒー豆の包装袋が最も一般的なゴミとなります。

Image via 深圳华侨城创意文化园

中国のアーティスト柏志威 Perry Baiは、この2つを融合したアート作品を作り上げました。

Image via 深圳华侨城创意文化园

コーヒー豆の包装袋とコーヒーかすを使いたリサイクル花瓶。配置もおしゃれです。

Cempaka Surakusumah |インドネシア

Image via 深圳华侨城创意文化园

《近点,再近点》 Look Closer

この作品は、インドネシアのバンド「Efek Rumah Kaca」の<Hijau>(緑)と呼ばれる曲からインスピレーションを受けています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

遠くから見ると、幾何学模様の美しい色とりどりの樹脂ブロックが並んでいますが、近づいてみると慎重に設計された樹脂ブロックにさまざまなプラスチック片が浮かんでいるのが見えます。

Image via 深圳华侨城创意文化园

消費者による廃棄物や汚染、プラスチック廃棄物処理と製品パッケージの環境への影響を考えさせるものとなっています。

島津冬樹 Fuyuki Shimazu|日本 

Image via 深圳华侨城创意文化园

《纸皮屋》House of Carton

日本のアーティスト島津冬樹さんによる作品は、廃段ボールから。

Image via 深圳华侨城创意文化园

深センで毎日使われる段ボール箱やビニール袋を用いて紙の家を建てたのだそう。

金善珍 Kim Sunjin|韓国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《珍藏密敛》 Hidden Treasure

この作品では、人々が捨てたペットボトルを集めて、最終的に巨大な「宝石」を作り上げました。価値のないものとして捨てられたものを価値のあるものに作り上げる。興味深い作品です。

Image via 深圳华侨城创意文化园

MarkRobla|イギリス

Image via 深圳华侨城创意文化园

《失落垃圾桶》Down in the Dumps

イギリスのアーティストMarkRoblaは2作品を提供しています。ゴミ箱に頭を入れている男性を表すパブリックアート。それを見て人々がどんなことを思うか(行動するか)試すものとなっているのだそう。

Image via 深圳华侨城创意文化园

《余物之丘》Perilous Wide Waste

ゴミがどこに捨てられるのか多くの人々は気づいていません。無意識のうちに埋め立て地と海はプラスチック、ゴミ、布で満たされています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

このプラスチックとゴミの海の島は、ゴミによって引き起こされる害を思い起こさせます。

Rafał Górczyński|ポーランド

Image via 深圳华侨城创意文化园

《安全地带》Safety Site

この作品は、廃棄された古い布地を大量に使用して人間の安全地帯(Safety Site)を構築しようとするコンセプトに基づいています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

作品の真ん中には「安全地帯」があり、カラフルな色は地球上の多様な文化を象徴しています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

Rumpaporn Vorasiha |タイ

Image via 深圳华侨城创意文化园

《一件垃圾》A Piece of Trash

当作品はバンコクの深刻な大気汚染問題に触発されたもので、多くのプラスチック製品や廃棄物による大気汚染が人々の健康に影響を与えている様子を表しているのだそう。

Image via 深圳华侨城创意文化园

UMMM/KIWI |日本

Image via 深圳华侨城创意文化园

《垃圾 VS. 宝石》VS. DIAMOND

陸上でも海の漂流物でも、捨てられたすべての物体の後ろには隠された物語があり、色や形の物理的な魅力も保持しています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

それらはどこから来たのか、そして誰の持ち物だったのか?

これらの作品は好奇心と想像力を保ちながら日常の中で捨てられた小さなものを集めて加工し、指輪にして、捨てられた素材が新しい価値や意味を取り戻すようにしたのだそう。

Image via 深圳华侨城创意文化园

根深い偏見など忘れて新しい目で見ると、それは「宝石」でいっぱいになります。

张有魁 Youkui Zhang|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《满月》Full Moon

これらはウェディングドレスで作られた大きな月。さまざまな感情や物語がこの月には込められています。

Image via 深圳华侨城创意文化园
Image via 深圳华侨城创意文化园

阿祖 A Joy|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《椅子会说话》 Talking to the Chair

子供椅子がロッキングチェアに生まれ変わりました。揺れながら子供時代を思い出すことができます。

Image via 深圳华侨城创意文化园

孔武 Wu Kong|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《被关注的价值》The Value of Being Concerned


IKEAの一貫したスタイルは、環境保護の原則に従って、最小限の素材でデザインされた最高の家具を作ること。ラウンジチェアを塗装し、生地にアーティストの作品をプリントしました。

Image via 深圳华侨城创意文化园

李燎 Liao Li|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《对一把陌生椅子的臆断》An Assumption about an Unfamiliar Chair

持ち運びできる誰もが使ったことのある折りたたみ椅子から作られた作品。

Image via 深圳华侨城创意文化园

刘志炼 Zhilian Liu|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《一把凳子的重构》 Reconstruction of a Chair

1本の脚にドラゴンを描いてテーブルを復元したもの。様々な意味が込められているようです。

Image via 深圳华侨城创意文化园

陆慎一 Shenyi Lu|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《无题 2020》 Untitled 2020

時の流れを、映画フィルムの一コマをキャプチャしたような作品。

Image via 深圳华侨城创意文化园

彭白云 Baiyun Peng|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《夜灯》Mariposa

イームズのクラシックなデザインチェアの脚はエッフェル塔を彷彿とさせ、ライトが点滅すると空飛ぶ蝶のように見えます。

Image via 深圳华侨城创意文化园

谢克非 Kefei Xie|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《椅子上的理想国》 The Utopia on Chair

Image via 深圳华侨城创意文化园

多くの人が理想の国を心に抱いていますが、理想的な状態は現状存在していません。

作品「ユートピア・オン・ア・チェア」は、工業製品と自然のシーンを表現しています。

曾军 Jun Zeng|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《错位》Dislocation


この作品では、素材と同じモデルのリサイクルされた3つの椅子を使用し、再切断・解体・溶接後に、互いに支え合う3つの椅子を再構築しています。

誰もが自分の人生で経験する可能性があるさまざまな事故・脱落、そしてそれらから生じるさまざまな結果や解釈に由来しています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

张博(Bo Zhang) & 王晶晶(Jingjing Wang)|中国

Image via 深圳华侨城创意文化园

《轮回之光》The Light of Regeneration

金属メッシュの椅子を分解し再構築した作品。その結果いくつかの形の照明装置に変わりました。

この作品は、家庭ごみの利用に新たな可能性を与えようとしています。

Image via 深圳华侨城创意文化园

展示期間・場所

展示期間:2020年9月5日〜10月18日 10:00〜18:00(毎週月曜日休み)

展示場所:深圳市-南山区 华侨城创意文化园(OCT-LOFT)北区C2展示ホール

Image via 深圳华侨城创意文化园

当展覧会は予約不要で、無料公開となります。

公共の場所では必ずマスクを着用し、「i深圳」と健康QRコードを提示して、現場スタッフと協力して体温測定作業を行ってください。人の流れは管理されているので、入場者数が予想を超える場合は入場を断る場合があります。


Source:

深圳华侨城创意文化园:2020 OCT-LOFT公共艺术展——余物新秩序开幕精彩回顾

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事