卢米埃深圳汇港imax影城
卢米埃深圳汇港imax影城
深センでの「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」公開初日の様子を先日お伝えしましたが、深セン(中国)と日本の映画館の4つの大きな違いについてまとめました。

海上世界(蛇口)のIMAXシアター「卢米埃深圳汇港imax影城」での感想です。日本・中国どちらにも長所・短所があるように感じました。ちなみに映画館の設備自体の質はまったく申し分ないです。

1.時間きっかりに本編上映開始!

日本は上映開始時間になると様々な映画の予告編が流れ始めますが、中国は違います。すぐに本編が上映されます。

もちろん予告編自体は上映時間前に流れます。でも上映開始時間きっかりに映画本編が流れるのです。「上映前の予告編を見たいから早めに映画館に行こう!」なんて人はまずいないので、みんな時間ギリギリに来て宣伝効果半減です。開始前の予告編上映は重要な宣伝になり、観に来てくれたお客さんがまた劇場に足を運んでくれるための重要な呼び水のはずなのに、それがうまく生かされていない気がしてなりません。

逆に、日本の大作映画の上映前は20分くらい予告編流しまくるのでそれもやめてほしいですけどね。

2.エンドロールが始まるとすぐに電気が付く!

なんで?

すぐに帰りたい人たちのために劇場内を明るくしてあげようというスタッフの気遣いかもしれないし、さっさと掃除して次の上映に備えたいから早く客を帰らせたいスタッフの意図かもしれません。

しかし作品を最後まで楽しみたい方にとっては迷惑極まりない。エンドロール後も話の続く映画だったらどうするんだ...

卢米埃深圳汇港imax影城チケット発券機

卢米埃深圳汇港imax影城チケット発券機

3.チケット発券が激早

さすが電子マネー大国。他のサービスと同様にQRコードを機械にかざすだけで一瞬で発券されます(機械によっては番号を入力します)。それと比べると日本のオンラインチケット発券機の遅いこと(今はもう少しマシになったかな?)

4.日にち、時間、作品によって値段が変わる!

これはよく言われますが、チケットの値段は日本みたいな一律固定ではなく変動制です。繁忙期と通常期で値段が変わる航空券みたいな感じですね。非常に合理的です。変動といっても日本の1800円を超えることはありません。素晴らしい。

なぜ日本はこれを行なわないのか利権なのか、配給会社の金額設定なのか、その国の経済レベルに合わせてるのか、いまさら変更できないのか、はたまた。。。

中国・日本の国民性の違いだけでなく、配給会社・興行会社などの様々な事情も関係しているのかもしれません。

中国の他のエリアでのサービスなど、他にも気づいた点ありましたら情報お待ちしております。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事