【白石洲美食城】再開発に伴い、PEKO/Bionic Brew/NYPDなど有名店が閉店へ

ついにこの日が来たか…

いわゆるキラキラした深センとは対照的な、昔ながらの地元の風情を保つ白石洲。

長い間、白石洲は再開発により付近一帯が解体されるという話は進んでいましたが、2020年に入ってからいよいよ現実のものとなります。

特に「白石洲美食城」と呼ばれるエリアは、クラフトビールで有名な「PEKO」「Bionic Brew」や、ピザ専門店「NYPD」など、地元中国人だけでなく外国人にも人気で、夏はいつも屋外のテーブルでビールを飲んで楽しむ人で溢れていました。

Source:

深圳之窗:“楼已清空,非请勿入”…白石洲15万深漂人撤了吗?

百优精酿BionicBrew: 告别白石洲 | Farewell to Baishizhou

纽约比萨 NYPDPIZZA: 好久不见,我们一直都在!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

白石洲美食城の有名店

冒頭で挙げた「PEKO」「Bionic Brew」「NYPD」以外にも、「八合里海记」というしゃぶしゃぶのチェーン店は有名ですね。

Photo via 深圳之窗

以下の写真のように、外に椅子とテーブルを出して楽しむスタイルなので周辺のお店からそれぞれ好きな食べ物を購入してシェアし合うこともできました。

Photo via 深圳之窗

夜になると、このように赤々とした明かりが灯されて賑わいを見せていました。完全に白石洲の名物でしたね。

2017/7/25 撮影

深センを訪れる旅行者の方に紹介するスポットの一つとしても有名でした。

PEKO(精酿吧)

「PEKO」「NYPD」「Bionic Brew」は隣同士に隣接していた人気店。

(2020/5/16 撮影 村谷英昭さん提供)

2020年5月の時点ですでに右隣のBionic Brewは看板が外されていました。

(2017/2/11 撮影)
(2017/2/11 撮影)

いつもこんな感じで賑わっていました。

Photo via PEKO精酿吧

その「PEKO」は、5月17日まで最後の閉店キャンペーンを開催していました。北斎を取り入れたポスターデザイン!

・・・しかし!

PEKOは6月28日まで営業延長!

嬉しい情報です!PEKOは土壇場で営業延長のお知らせが!

(村谷英昭さん提供)

6月28日まで営業継続とのこと!そして期間中はサービスセール中!行ける方は最後にぜひ!

閉店後は…

今後、別の場所で新規出店するかどうかは現時点ではまだ未定とのこと。

Bionic Brew(百优精酿) x NYPD(纽约比萨)

PEKOの右隣で2014年から営業していたのがBionic Brew。定評あるピザ屋「NYPD」(New York Pizza Delivery)と店舗をシェアしていました。

(2018/1/20 撮影)

クラフトビールの種類は豊富。

(2018/1/20 撮影)
(2017/7/15 撮影)

ビールとピザ。ベストな組み合わせでした!

(2018/1/20 撮影)
NYPDのピザはサイズが大きい(2017/7/15 撮影)

Bionic Brewは、過去にも深センのクラフトビールフェスティバルやジャズフェスティバルなどにも出張して出店していたため、各地で独特のトレードマークを見たことのある方も多かったと思います。

(2018/1/20 撮影)

2019年の6月には、5周年アニバーサリーでたくさんの人が駆けつけました。

この人だかり!

5周年アニバーサリー (Photo via 百优精酿BionicBrew)

今後の展開

Bionic BrewはPEKOより一足先に閉店しました。閉店時期は以前から探っていましたが、新型コロナウイルスの波が押し寄せ、感染防止のために白石洲も外部の人間の立ち入りを制限したことをきっかけに閉店を早めたのだそう。そのためPEKOのような最後のイベントもできなかったとのこと。

しかし、Bionic Brewはオンラインでもクラフトビールを販売中で、今後も深セン各地で行われるイベントにも出店計画中とのこと。実店舗もいつか再開することを心待ちにしています。

(上記公式サイトは情報が最新ではないので、以下のQRコードも参照してください)

また、NYPDは福田区の会展中心駅そばにある「中心城」モール内にある店舗の改装が最近完了したそうですが、そこで引き続き営業中。

でもBionic Brewとの組み合わせが良かったんですよね…白石洲美食城は各店舗の相乗効果があったのに…

他にも地元民に愛された店が多数

Bionic Brewの向かい側のお店は、ザリガニを取り扱っていました(私の人生初ザリガニはこの店です。。)

(2018/12/29 撮影)

なんとも形容し難い絶妙な味付けが美味しいんですよね。ザリガニを取り扱っているお店は深センの各所にあるのでぜひお試しください。

現在の白石洲

現在(2020年5月18日)の白石洲美食城はほとんどの店が撤退し、以下の写真のような状態になっています。

(2020/5/16 撮影 村谷英昭さん提供)

白石洲はこれまで長い間、取り壊して再開発するという話が出ていました。その期間なんと10年

Image via 深圳之窗

そのため住民の中には覚悟していた人も多かったと思われますが、2019年7月以降、ついに白石洲の各テナントは家主から引越しの通知を相次いで受け取ったそうです。

対象エリアには15万人もの人が生活していると言われています。再開発エリアは(大まかに)以下の範囲。

当エリアのアパートの家賃は安く、ある居住者は月1,100元のワンルームに住んでいますが
他のエリアでは賃料はもっと高いため、できることなら引っ越したくない、と語ったとのこと。

Photo via 深圳之窗

多くの人は家賃が安いだけではなくこの愛着のある街から離れることに未練を感じています。白石洲にはたくさんの屋台や小さな店があり、「世界之窗」(Window of the world)駅からも近く、交通の便も抜群に良いところ。

Photo via 深圳之窗

なぜか街中にあるTVを見入る人たち。昭和初期のような雰囲気ですが2018年の写真です。

(2018/1/20 撮影)

住宅街の中にはビリヤード場も。風情がありました。

(2018/1/20 撮影)

再開発エリアには約1,600の建物が含まれており、全体計画は3つのフェーズで実施されていくのだそう。今後ますます再開発工事は加速していくでしょう。

この白石洲の面影がなくなるのは寂しいですが、時代の流れですね。再開発後の新しい街並みにも期待しながら見守りたいと思います。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事