[レポート]公開初日に見た深センのスター・ウォーズに対する熱狂度
中国と欧米の映画に対する温度差が特に顕著なスター・ウォーズ。世界に遅れて2018年1月5日に中国で公開された 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の、深センでの公開初日の混雑具合はどれくらいだったのでしょうか?
深センのエリアでも特に外国人率の多い蛇口エリアにある海上世界の有名なIMAXシアターに行って現地の雰囲気をつかんできました。

中国は一年間に上映可能な外国映画の本数が限られているため、前作と同じように「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(中国語:「星球大 最后的绝地武士」)は世界に遅れること約3週間後の2018年1月5日に公開されました。

とは言っても世界ナンバーワンの興行成績を持つ超有名な映画です。
深センは香港へのアクセスがとても良いため(特にスターウォーズ大好きな欧米人達は)一足先に香港で観たとしても、もしくはクリスマスホリデーで故郷に帰ったタイミングで観たとしても、ネットで作品が酷評されていたとしても、

それでもやはり観たい人はまだまだいるはずです。
深センですから海外の文化に精通していても国外に出られないたくさんの中国人の若者なども観たいと思っているはずです。

では、実際のところ公開初日はどれほどの熱狂度だったのでしょうか?
今回は深センの中でも外国人率の高いエリアでハリウッド映画を積極的に上映している海上世界(蛇口)のIMAXシアター「卢米埃深圳汇港imax影城」で鑑賞し、劇場内の雰囲気を確かめてみました。

海上世界エリアマップ

海上世界の卢米埃深圳汇港imax影城 位置マップ

このシアターの入っている建物自体が海上世界駅の出口と直結していて非常にアクセスが良いのと、輸入食材を多く取り扱っている高級スーパー「Ole」が隣接しているため、日本人を含む外国人にとっては非常に便利な場所なのです。

海上世界の卢米埃深圳汇港imax影城

海上世界の卢米埃深圳汇港imax影城入り口

施設も綺麗です。オススメ。

熱狂度

それなのに…結論から言うと…熱狂度は皆無です。

どれくらい皆無なのかというと…

上映直前の空席数

上映直前の空席状況

340席中48席しか埋まっていないのです。わずか14%!!

繰り返し言いますが、公開日ですよ?
平日(金曜)昼間とはいえ、世界ナンバーワンの興行成績を持つ超有名シリーズですよ?

ちなみに、その後の時間の空席数は…

1/5 16:35の空席数

1/5 16:35上映分の空席状況

340席中45席… 13%に減った…

1/5 19:30上映分の空席状況

1/5 19:30上映分の空席状況

夜の上映は、340席中142席...  結構増えたけど、それでも42%...

もちろん、オンラインじゃなくて直前にカウンターで買う人もいるとは思いますが
それにしても寂しい数字。

卢米埃深圳汇港imax影城

アイアンマンは売れているのですが。。。

冒頭に書いた通り、様々な要素で中国においてスター・ウォーズが苦戦するのは予想されていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。

個人的には、気軽に国外(香港)に出て一足先に国内で上映されていない映画を見れてしまうという深センの素晴らしいメリットが、今回は逆に働いてそれが一番大きな要因になったのかなと推測しています。

せめて全世界同時公開できていれば結果はずいぶん違ったんじゃないかな?

次回は、中国(深セン)の映画館で驚いた点を4つ取り上げていきます。近日公開予定です!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事