【オープニングセレモニー】「南山国际化交流中心」(Nanshan International Cultural Exchange & Service Center) 開催レポート (6/29)

先週末(629)、海上世界にて「南山国际化交流中心」(Nanshan International Cultural Exchange & Service Center) グランドオープニングセレモニーが開催されました。

当セレモニーでは南山区委書記も駆けつけ、今までにない大規模なイベント(政府系イベントなので暑い中でも大半がスーツなどのフォーマルな姿)だったのですが、この施設は一体どんな目的で建てられたのでしょうか?

これは、深セン在住の外国人のために建てられたと言っても過言ではない施設なのです。当イベントではテンセントの新本社や去年建てられた人才公園などの見学も行われました。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「DISCOVER 南山」

まずはじめに、「DISCOVER 南山」という初のイベントが市内で行われました。これは外国人が南山での生活を良く知り、適応していくのを助ける目的でスタートしました。

このツアーでは外国企業の上級管理職、外国人教師、学生等深セン在住の外国人代表者35人が南山区を代表する施設(南山区政府・テンセント本社・深圳人才公園・蛇口外国人管理サービスセンター・南山国際化交流中心)を順に訪問しました。

テンセント社訪問

深センで最も有名なIT企業のひとつ、テンセント。

普段は本社の見学は中々できませんが、

超楽しそう。。。

人才公園

人才公園(SHENZHEN TARENT PARK)は、去年オープンしたばかりの見晴らし抜群の公園です。

深圳人才公園については、以前に(少し)取り上げました↓

深センを代表する建物も一望でき、広々として風もよく通るので毎日たくさんの人が利用していますね。

蛇口外国人管理サービスセンター(MSCE)

蛇口外国人管理サービスセンター「蛇口境外人员管理服务中心(Management and service center for Expats)」(MSCE)は、2017年6月28日に設立されました。

深圳政府蛇口地区事務所が運営し、深圳公安局南山支部の出入国管理局の認可を受けているこのセンターが開設される前は、蛇口エリアに住む外国人は住居登録をする際に各派出所で手続きをする必要がありました。

当施設は住居登録をはじめとする外国人のサポートを専門で行なっています。(手続きもスムーズでいつも助かっています)

その施設も、ついに2周年!

南山国際文化交流サービスセンター

深センの中でも特に外国人の多い南山区エリアで、政府が外国人のために今最も力を入れているのが、この「南山国际化交流中心」(Nanshan International Cultual Exchange & Service Center)

ここは、ただのコミュニティスペースではなく深圳公安局南山支部管轄の新しい文化交流センターとなります。

グランドオープニングセレモニー

セレモニーには、150人以上の外国人と中国人が出席しました。

ホストを務めたのは、海上世界TerraceオーナーのLeon氏と、Yu Jing氏。

南山区に住む外国人の数は、約28,000人!深センの外国人人口の 44%を占めているのだそうです。

南山区政府関係者も多数参加。

写真は南山区委書記の 王强(Wang Qiang)氏

南山区委書記 王强(Wang Qiang)氏

他にも、招商街道党工委書記の刘理氏や、深圳市委外事办公室主任 颖氏もスピーチを行いました。

招商街道党工委書記 刘理氏
深圳市委外事办公室主任 蔡颖氏

 

アート・文化イベント

南山国際文化交流センターは、2018年11月から地域向けに一連のイベントや活動を行なっています。

来場者は、楽器演奏・ティーアート・国際的な合唱団のパフォーマンス・ドローイングセッションなどを楽しみました。

交流の機会も

参加者は特に南山エリアで活躍する外国人。ここまで大規模で一堂に会するイベントは中々ありません。

当施設では、過去に以下のようなイベントを行いました。

  • 中国の琴体験
  • 中国語レッスン
  • 中国人・外国人の子供を集めたイースターイベント
  • 地域住民向けの無料英会話教室

他にもたくさんの小規模イベントが行われています。

当センターは、約870平方メートルのスペースを利用してコミュニティとして活用でき、英語を話すソーシャルワーカーも勤務しているので、良質のサービスを提供することができています。

(なぜか)Instagramフォトフレーム

今後の展望は?

当センターは、中国人と外国人をつなぐ深セン最大の国際文化交流プラットフォームという位置付けで活動します。

例えば、政府の政策に関するコンサルティングや、中国語・英語のニュース、また行政に関する指示公開イベントの情報をWeChatの公式アカウントやWeChatグループを通じて発信していくとのこと。

加えて、外国関連法に関する無料法律相談会を開催したり、初の英語版のごみ分類ガイドブックを発行しました。
同センターは蛇口人民病院と連携し、外国人向けの初の医療ガイドブックの発行や、バイリンガルガイドサインの設置、医師の診察支援、ボランティアと提携してバイリンガルサービスを提供したり、国際化されたヘルスケアサービスパターンを作成していくことを計画しているのだそうです。

他にも、琴・中国茶・アートなどの文化学習コースを提供し、外国人が伝統的な中国文化を理解し、学ぶことができるようにサポートします。

また、深センで初めてのバイリンガル展「国際文化展」と「国際フォーラム」を開催し、中国と外国の文化の交流を促進させます。

中国の伝統文化をプロモーションしながら、中国や西洋の祝日も祝い、「一つの世界」としての雰囲気を盛り上げていくのだそう。

そして、国際ボランティアの体制を構築しました。ボランティアチームには60人のボランティアが参加し、25名の国際ボランティアが活躍しています。
影響力のある外国関連団体、企業、住民代表をコミュニティに呼び込んで、オープンで包括的な近隣環境を作り出し、常に国際化を模索するとのことです。

この施設、日本にもよくある市民センターのような地域コミュニティの域を超えた、かなり本気のプラットフォームで今後も拡大を続けていくと思われます。

実は、Shenzhen Fanもこのボランティアチームのメンバーに入ってまして、いま色々な計画が同時進行中です。時期が来たらお知らせします!

アクセス・ロケーション

営業時間:
月曜ー金曜
9:00-12:00 / 14:00-18:00

住所:
南山国际化交流中心
Nanshan International Cultural Exchange & Service Center
深圳市南山区望海路海上世界双玺花园一期一
1st Floor, Imperial Park I, Wanghai Road, Nanshan District, Shenzhen

最寄駅:
(2线)海上世界A出口

電話:
0755-2161-2083

メール:
nsicesc@163.com

WeChat:
NSIC南山国际化交流中心


参考リンク:

Shekoudaily

NSIC | 今天的招商街道群英荟萃,想要更有国际范儿吗?来这里就对了!!!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事