【News】2020年中旬に深圳湾口岸が24時間化!

ニュースです!以前から噂になっていた、香港と深圳をつなぐ口岸(イミグレーション)のひとつ「深圳湾口岸」が、ついに24時間化されるとのこと!開始時期は2020年中旬を予定しています。

現在、一般人の使える24時間のイミグレは皇崗のみのため、深圳湾口岸を普段使いとしている南山(蛇口)・宝安周辺に住む方々や、仕事で深センー香港を行き来している方にとっては帰りの時間をいつも気にしなければなりませんでしたが、この24時間化によって生活ががらっと変わりそうですね!

参考リンク:

Source:

蛙港澳:重磅!深圳湾口岸实施24小时通关,首个一地两检口岸!
Jack保研班:【施政报告】消息:首个一地两检关口 深圳湾口岸24小时通关
三零年代:深圳湾口岸将实施24小时通关,首个一地两检口岸!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

施政方針演説で決定

香港のニュースメディア「香港01」の報道によると、香港行政長官 林鄭 月娥(キャリー・ラム)は第3回施政方針演説の中で、深圳湾口岸を24時間開通に変更する決定が発表されるとのこと。

Photo via 蛙港澳

現在の深圳湾口岸は、6:30-24:00 のみオープン

深圳湾口岸は、2007年7月1日に開通して以来多くの利用者を集めていますが、現在は 6:30-24:00 までしかオープンしておらず、深圳湾口岸から香港をつなぐ橋「深圳湾公路大橋」も通行止めとなってしまいます。

深圳湾口岸ー屯門発着のバス営業時間

そのため現在は多くの人々が利用する、香港の屯門から深圳湾へ向かう路線バス「B3/B3M/B3X」も屯門最終発車時刻が23:00となり、夜の便を使って香港空港から来る旅行者は間に合わないこともしばしば…

実際、香港エクスプレスは21:15香港空港着の便があるのですが、そこから入国手続きを行なって深圳湾口岸まで行くのに1時間以上見なければならず、少しでも遅れるとアウトな時間帯なんですよね。そのため予約を断念してしまう方も多いと思われます(私です)。それ以降の深夜便ももちろん取る気にはなれません…(皇崗口岸に行くならいいんですけどね)

最終時刻を気にしなくていい!

しかし、深圳湾口岸24時間化が実現すればそんな心配は無用!心置きなく朝でも夜でも安いチケットが取れます!
そして現在24時間オープンしている皇崗口岸のように、24時間運行するバスもスカイリモもサービスを開始するはずですし、私たちの生活が大きく変わってきます。

ゆくゆくは全口岸も24時間化を予定

旅行者にとっても業者にとってもメリットがたくさんのこの変更が(深セン含む)広東省ー香港ーマカオの「粤港澳大湾区(ビッグベイエリア)」発展に大きな前進となることは間違い無いですね。

香港の情勢がどうなっていくかは心配ですが、今後は他の口岸も24時間化を計画していると報道されているので、少なくとも物流の面ではますます活発になることが期待されます!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事