飲食店3ヶ月無料掲載!「コロナに負けない!2020年 深セン再起動キャンペーン」のお知らせ

Shenzhen Fanでは、2020年6月から8月にかけて、深センの飲食店様に向けて店舗情報ページを3ヶ月間無料掲載する「コロナに負けない!2020年 深セン再起動キャンペーン」を開始いたしました。

新型コロナウイルスの影響により、外国人の入国が制限されている中国において
街中は徐々に活気を取り戻してきているものの、特に外国人向けの飲食店は経営に苦労されているとお聞きします。

とはいえ、6月に入ると日本から中国への企業関係者のビザ発給やフライト制限緩和の兆しが見えてきました。そのため、今後数ヶ月で元の軌道に戻せるかどうかが勝負なのではないかと感じています。

そこで、この3ヶ月だけでも深センにおられる日本人の方々に広く店舗の周知ができる場を設けられないかと思い、冒頭でご紹介しました3ヶ月の無料掲載キャンペーンを行います。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

キャンペーン概要

キャンペーンの概要・各プランの詳細は以下のとおりです。

画像クリックで拡大

2020年初頭の時点では、月々300元からの新しい格安プランでいくつかの飲食店様には掲載のお話を進めていましたが、今回3ヶ月間は掲載費を全て無料にします

(2020年9月以降も大半の日本人が深センに戻れない状態が続きそうでしたら、無料期間を延長する予定です)

無料期間経過後も価格を抑えたプランでの継続を予定しております。

バリュープラン

<シンプルなお店情報ページ>(※飲食店様のみ)

・掲載写真は3枚まで

初期費用 無料/3ヶ月掲載無料

通常料金 1ヶ月300元/6ヶ月1,600元/1年3,000元

スタンダードプラン

<自由度の高いお店情報ページ>(※飲食店様のみ)

・掲載写真は6枚まで(月2回まで更新可)

・優先上位表示/SNSで周知・宣伝

・問い合わせメールフォームなど追加可能

初期費用 500元/3ヶ月掲載無料

通常料金 1ヶ月 600元/6ヶ月 3,200元/1年 6,000元

プレミアムプラン

<多機能なお店情報ページ>(中国語学校・クリニックなど多業種)

・掲載写真は無制限(更新頻度も無制限)

・最優先上位表示/SNSで周知・宣伝/サイト内バナー掲載

・問い合わせメールフォームなど追加可能

・特集PR記事掲載(月1回)

初期費用 1,000元/3ヶ月掲載無料

通常料金 1ヶ月 1,500元/6ヶ月 8,000元/1年 15,000元

お店情報掲載のメリット

世界中からアクセス可能:弊サイトは月間5万7,000PV、外部連携を含めると月間13万8,000PVを集める日本人のための深セン情報サイトとして日本・中国両方からアクセスできますので、いつでもどこからでもお店情報を閲覧でき、休業情報や新メニューなどのチェックが可能です。

すぐに情報の更新を行える:季節のメニューや定休日・臨時休業・キャンペーン情報など、一本ご連絡いただければすぐに対応いたします。

専用ホームページとしても活用可能:PCとスマートフォン両方に対応したWebサイトですので、この特設ページをお客様の日本人向けの専用サイトとして活用いただくことができます。サイトのQRコードも発行可能です。

SNS連携で認知度アップ:(スタンダード・プレミアムプラン)Shenzhen FanのSNSを用いて深センに興味のある日本人コミュニティに店舗情報を広めていきます。深セン在住者・出張者・旅行者の方々など皆様が訪れる中継地点として発信していきます。

(店舗エリアは基本的に深圳市内となります。また中国・深圳市における法律や公序良俗に反する類の店舗は掲載をお断りすることがあります)

飲食店お店情報ページ

飲食店向けのページは、以下の「グルメ情報」ページとなります。

現在は、トップページ上部にある「グルメ情報」リンクより当ページに飛びますが、トップページから直に各店舗を見ることができるようレイアウト変更予定です。

ページに飛ぶと、南山区・福田区などに分けて店舗紹介します。(現在は区ごとに分けていますが、数が増えた場合は細分化する可能性があります)

各ページ紹介内容

今回、深セン市福田区会展中心にある博多ラーメン「一幸舎」様のお店情報ページをモデルとして内容をご紹介します。

スマートフォンではこのように表示されます。

(バリュープランの場合)お送りいただく情報は以下の通りです。

写真(3枚:店舗外観・メニュー・食事・店内の様子など)

店舗基本情報(住所・営業時間・定休日など)

店舗からのメッセージ・アピール文など

限定クーポン・割引情報(必須ではありませんが、あると抜群の集客効果が得られます)

PCでは以下のように表示されます(以下、PC画面で説明します)

他にもこのような情報を掲載したい、といったご要望がありましたら是非ご連絡ください。

3ヶ月以内に掲載終了すれば完全無料!

今回、バリュープランを申し込んでくださった飲食店様は(初期費用含め)3ヶ月完全無料のため、申し込み後に画像と必要情報をいただければすぐに掲載準備に取り掛かることができます。

最初の申し込み時に「3ヶ月の掲載」とお伝えいただければ、自動課金はなく無料のまま掲載終了となります。

深センは家賃との戦い

深センは年々高騰していく家賃との戦いでもあります。家賃以上の売り上げがあり、利益の確保がされないといくら人気店でも維持していくのは大変です。

とにかく、この3ヶ月で少しでも店舗の認知度を上げるために当サイトを集客の方法として役立てていただければ幸いです。

(3ヶ月様子を見ていただいて、気に入ったら継続して使用していただけるともっと嬉しいです!)

この無料キャンペーンは長期にわたって行うことはできませんが、現在中国に滞在している日本人の数が減少している中で深セン内のたくさんの店舗に当ページを使っていただくことでお互いの認知度を高めて良い循環が生まれることを願っております。

申込方法

以下のコンタクトフォームに必要事項を記入後、送信してください。

店舗エリア (必須)
南山区福田区羅湖区宝安区その他

ご希望のプラン
バリュープランスタンダードプランプレミアムプラン未定

右の画像に表示されている文字を入力してください
captcha

詳細は返信にてご連絡差し上げます。質問や要望も歓迎です。

皆様のご要望などを今後も取り入れながら、見やすい紹介ページとして改良を重ねていきたいと考えています。今後ともよろしくお願いいたします!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事