深セン外国人写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)エントリー受付開始:賞金最高1万元!

深圳市と深セン英字メディア「Shenzhen Daily」と「Eye Shenzhen」の主催する、外国人の写真コンテスト(Expats Eye Shenzhen Photo Contest)がエントリーの受付を開始しました。

賞金額は最高1万元!前回は日本人の方も受賞されたそうです。深センにはたくさんのフォトスポットがあるので腕に覚えのある方はチャンス!

Source:

ShenzhenDaily: Sign up for expats photo contest to win ¥10,000 “国际友人在深圳”摄影大赛启动啦

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

コンテスト内容・条件

主催

今回で第二回となるこの写真コンテスト。主催者は深圳市人民政府新闻办公室ならびに「Shenzhen Daily / 深圳日报」「EYESHENZHEN / 爱深圳」両メディアとなります。

エントリー期間

エントリー期間:2020年6月〜2020年9月30日24時

写真のテーマ

すべての写真は深センで撮影されたもの、もしくは都市風景・文化遺産・民俗・スポーツ・芸術・社会・自然風景・都市の歴史的変化などのトピックが深センに関連している必要があります。

「深センという街をよく表している写真」ということですね。

優秀作品・入賞作品

まず、すべての入賞作品は展示され、フォトコンテストのパンフレットに掲載されます。

そして優秀作品には賞金が与えられます。

  • 優勝:1名、賞金 10,000元
  • 準優勝:4名、賞金 8,000元
  • 三等賞:8名、賞金 3,000元
  • 優秀賞:20名、賞金 1,000元
  • ファイナリスト:数名、賞金 800元

また、全ての作品は大規模な展覧会や画集に登録されるとのこと。

エントリー要件・応募資格

  • 外国人カメラマンの作品のみ
  • 各応募者は合計で10枚以下の写真を提出可能。撮影時間に制限なし。
  • 写真は単一またはシリーズ(1つのシリーズに3〜5枚の画像)で提出することが可能。各画像(シリーズ)には、個別のタイトルとキャプション(画像の内容、撮影時間、撮影場所、カメラまたはスマートフォンのモデル、露出パラメーターを含む)が必要。
  • 応募者は、TIFFまたはJPG形式の高解像度デジタルファイル(JPG画像は2MB以上。2 MB未満の画像は不可)を提出。
  • 主催者は、受賞作品をコピー・配布・展示・上映・およびインターネットを介した配布の権利を有する。
  • 応募者は、提出された画像の作成者であり、画像の著作権を所有している必要がある。また、提出された画像が合法的な権利および利益を侵害していないことを保証する。
  • 公序良俗に反する著作物及び行為は、発見次第失格とする。 「公序良俗に反する著作物及び行為」には、法律、道徳、公序良俗に違反し、公衆に重大な誤解を与えたり、詐欺行為を行う可能性のある状況などが含まれる。
  • これらのガイドラインの規定に準拠していない作品は受理されず、後に準拠していないことが判明した作品は失格とする。主催者は通知により賞品や賞状などを撤回する権利を有する。
  • 参加費は不要。ただし提出された作品とそのストレージメディアは返却されない。主催者は配達プロセスにおける事故・遅延配達・未配達等の責任を負わない。
  • 主催者は、イベントの最終的な解釈の権利を留保する。すべての提出者は、これらのガイドラインのすべての条項に同意したものと見なされる。

提出物について

すべての提出物には、次の情報が含まれている必要があります。

  1. 撮影者の氏名、国籍、連絡先。
  2. 撮影者自身の鮮明な写真。

提出方法

1.オンラインでの提出
提出物は9月30日の午前0時までに eyeshenzhen@126.com に送信する必要があります。電子メールがスパムとして識別される可能性を減らすために、「qq.com」「126.com」「163.com」での送信が推奨されています。
(…ただ、外国人はこれらのメールアドレスを持っていない方は多いですよね。少なくともGmailは避けた方が良いと思われます)

2.CDまたはUSBディスクでの提出
CDまたはUSBディスクには、応募作品のタイトル、応募者の情報、作品の説明をMicrosoft Word形式で記載したラベルを付ける必要があります。それらを以下の住所に送信してください。

EYESHENZHEN Photo Contest Office, 20/F, Shangbao Building, 2 Shangbao Road, Futian District, Shenzhen.
深圳市福田区商报路2号商报大厦20楼 “爱深圳摄影大展”办公室收(518034)

電話番号: (86) 0755-83519771

3.プリント写真による提出
プリントした写真と応募者の情報および作品の説明を添えて、上記と同じ住所に送付してください。

*同じ作品をさまざまな方法で繰り返し提出することはできません。

2019年の入賞作品

去年はどんな作品が選ばれたのでしょうか?(以下の写真はすべてShenzhenDailyから)

"A Resting Bird" by Jesus Salazar from Venezuela.
"Talent Park" by James Dumbrill from the United Kingdom.

Katsuhiro Kobayashiさんという日本人の作品!

"Keep Up Tradition" by Katsuhiro Kobayashi from Japan.
"Weightless" by Cody Hoffman from Canada.
“Distant Dream” by Chiranjib Chakraborty from India.
“Shoot” by Millan P. Rible from the Philippines.
“Window cleaner” by Andy Barraclough from the United Kingdom.

確かにどれも素晴らしい写真です。深センのよくあるベタな写真よりもひとひねり加えたものが良いかもしれません。また写真のタイトルも審査に影響を与えそうですね。

応募資格には深セン在住者といった記述は見当たらないので(詳しくはShenzhenDailyの応募要件をご覧ください)現在深センに戻れていない方や日本にお住まいの方も応募することはできそうです。

受賞者を日本人で埋め尽くしましょう!
(私も応募しようかな…)

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事