【速報】香港非居住者は14日間入境禁止/香港国際空港のトランジットも停止(3/25-)

香港行政府は3月23日、新型コロナウイルス感染対策の一環として、入境に関する新たな施策を発表しました。

3月25日から14日間、以下の対応を行います。


  • 香港非居住者の空港からの入境を14日間禁止
  • 台湾・マカオからの入境者も14日間強制検疫
  • 香港国際空港のトランジットを14日間停止

今回の発表は香港空港を利用する旅行者にとって大きな影響を与えます。

Source:

news.rthk.hk: HK to turn away many non-residents for 14 days

深センといえばこの本!

香港非居住者の空港からの入境禁止

3月25日から、香港空港から入境する観光客などの香港非居住者に対して14日間の入境禁止となります。

中国・台湾・マカオから入境する香港非居住者は、14日以内に(中国・台湾・マカオ以外の)海外渡航歴があれば入境が禁止となります。

台湾・マカオからの入境者強制検疫

中国本土からの入境者はすでに強制検疫の対象となっていますが、3月25日からは、台湾・マカオからの全ての入境者に対しても14日間の強制検疫が行われます。

香港国際空港のトランジットを停止

3月25日から、香港空港での乗り換えサービスが14日間停止されます。

アルコール店内提供禁止も

現在はまだ施行されていませんが、レストランやバーでアルコール提供が禁止できるように法案修正を検討中とのこと。


香港も本気ですね。香港空港乗り換えで他国への渡航を計画されていた方もチケットの変更が必要になりそうです。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事