香港、入境者全員を14日隔離へ(3/19〜)深セン在住者の影響は?

香港行政長官、林鄭月娥(キャリー・ラム)氏は3月17日、新型コロナウイルス感染拡大予防策として、3月19日午前0時から入境者全員を14日間の強制隔離の対象にすると発表しました。

新しい制限は、マカオや台湾からの到着には適用されません。

(中国本土から到着した人々は、先月からすでに自宅で隔離する必要がありました)

深センといえばこの本!

深セン在住者の影響は?

深セン在住の日本人にとって、これまでは香港空港を出て深セン(深圳湾口岸)に入ると中国側で14日間の隔離対象となりますが、日本(北海道以外)から到着した場合は香港市内に自由に入ることができました。

しかし、今回の措置により香港入境時に全員が14日強制隔離となると、香港14日隔離→深セン入境→14日隔離…となり、事実上約1ヶ月の間動けないことになってしまいます。

中国本土/広東省側で特例を作ってくれるといいのですが、現在のところそのようなアナウンスはなく、香港空港→深セン蛇口のフェリーも運行停止の状態が続いているため、香港空港を利用して深センに入るルートは現実的なものではなくなってしまいました。

残されたルートは、広州/深圳空港

マカオもすでに日本からの入境者は14日間隔離対象ですし、残されたルートは広州もしくは深圳空港を利用するルートとなりますね。

航空券を予約されている方はお気をつけください。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事