【求人情報】[深セン/東京]ソフトウェア企業「Wondershare」SNS・Webサポート要員募集!(ビザサポート/中国語力問わず/未経験者歓迎)

テンセントを始めとする、深センの有名IT企業が集結しているエリア「ソフトウェア産業基地」(軟件産業基地)から、日本人求人のお知らせです!

会社名は、現在海外展開を積極的に進めている「Wondershare」(万兴科技集团)というソフトウェア企業で、未経験者OK、しかも中国語力も問われず、就労ビザもサポートしてくれるとのこと!

深センといえばこの本!

会社概要

Wondershareは2003年に会社設立、DVDライティングソフトや画像編集ソフトなど時代に合わせたソフトウェアをリリースし、2009年にはDeloitteから“Technology Fast 500 Asia Pacific 2009”を受賞、2011年には ForbesのChina Potential Enterprisesの一社に選ばれました。

2009年にはヨーロッパ支社を設立、2014年にはカナダ支社設立。世界展開を続け、以降も新製品を次々と投入しています。

日本支社は2011年に設立されました。日本支社ホームページはこちら

深セン南山区「ソフトウェア産業基地」(軟件産業基地)

Wondershareのオフィスはテンセントのすぐそばにあり、周辺もIT企業がひしめきあっています。

Wondershareオフィスの屋上から。バックに見えるのがテンセント本社

社員は全世界で700人以上、平均年齢は28歳!

従業員の大半は深センに集結しているようですが、深セン内でも海外事業部の増員を行っているとのこと。平均年齢は28歳で、まさに深センの勢いあるIT企業ですね。

代表的な製品

動画編集ソフト「Filmora」シリーズ

動画市場は最近拡大しているので、「Filmora」(フィモーラ)は聞いたことがあるかもしれません。

初心者でも使いやすくエフェクトの数も多いため、Wondershareの代表作になっているとのこと。一億ダウンロード突破しているのだそう!

iPhone / Android データバックアップ復元ソフト「dr.fone」

これも時代にあったソフトウェアですね。

PDFソリューション「PDFelement」

多機能なPDF編集ソフトも。

データ復元ソフト「recoverit」

多種多様なファイル形式にも対応するデータ復元ソフトも人気。

業務拡大につき、深センと東京で人材大募集中

Wondershareは日本での展開を強化するために、以下の人材を募集しています。

・深セン本社での日本担当要員
・東京支社での要員

募集要件

●業務内容:
Webマーケティング
SNSマーケティング
SNSプロモーション
日本語Webサイト運営

●給与(月給):
[深圳] 10,000〜25,000元
[東京] 27〜50万円
(※業務内容・経験による)

●応募条件:
経験年数2年以上
大学卒業資格(※必須ではありません。大学卒はビザが取りやすいため優遇されますが、大学卒でなくても経験があれば面接で決定します)

●その他:
[深圳] 就労ビザサポート
中国語力問わず

日本支社は4月に新オフィス移転

日本支社は、2020年4月に千代田区内に新オフィスを移転して業務拡大の準備を行なっているとのこと。

今年は飛躍の年と位置付けているようです!

若くて勢いのある深センのIT企業で経験を積めるチャンス!

新型コロナウイルスの影響で景気の先行きが懸念される中でも依然好調なのはIT企業。

中国内外からエネルギーも才能もある若者が集まって日々新しいサービスを作り出している、深センのIT最先端エリアで経験を積めば、なぜ中国がここまで発展することができたのか、日本企業との違いは何なのかを肌で感じることができますし、皆さんの将来にもプラスになることと思います!

深センでも学校の新学期が延期となり、大学で留学を検討しておられた方などスケジュールが狂ってしまった方も、このような勢いのある深センのIT企業に挑戦するのはいかがでしょうか!

私も以前に深センのWondershare本社を訪問したことがありますが、非常に活気があり深センを代表する若いIT企業といった感じです。最近はソフトウェアのみならず、スマートロックなどのハードウェア製品も手掛けていますね。

もし私が今求職活動中だったら迷わず応募しただろうな…国際的で楽しそう。

応募方法

ご興味ある方は、以下のフォームに基本情報を記入後、送信してください。

希望エリア (必須)
深セン東京

(基本情報のみの記入で結構です。詳細は追ってご連絡差し上げます)

皆さんのご応募、お待ちしています!

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事