2月19日はもう一つのバレンタイン?「元宵节」とは?

本日(2019年2月19日)は、中国の暦で「元宵节 (yuán xiāo jié)」と呼ばれ、春節の締めくくりの日として知られていますが、実は<中国のバレンタインデー>とも言われているようです。中国のバレンタインデーといえば7月7日の「七夕情人节(qī xī qíng rén jié)」が有名ですが、それとはまた別の日です。実際のところ、中国にはバレンタインデーがたくさんありますが、この元宵节はその中にも入っていません。どんな日なのでしょうか?

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

「元宵节」とは?

元宵节(元宵節)は、中国の正月「春節」から数えて15日目にあたります。説明はwikipediaの記載が分かりやすいのでどうぞ参考にしてください。

元宵節(げんしょうせつ)は、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日。日本でいうところの小正月にあたる)を祝う中華圏での習慣である。正月は別に元月とも称され、元月の最初の宵(夜)であることより元宵節と命名された。過年は元宵節を迎えて終了する重要な一日である。

元宵节は、白い団子が特色です。

元宵節には湯圓を食べる習慣がある。湯圓はもち米を原料とした団子であり、中には様々な具が入れられる。甘いものとしては砂糖、胡桃、ゴマ、小豆餡、氷砂糖などが、塩辛いものとしては肉や野菜で作られた具が入れられる。

熱湯の入れられた鍋で茹でる際、湯の中で団子が踊る姿を天に輝く満月に見立てた。そして家庭が団圓(団欒円満の意味)と音が似ている「湯圓」という漢字が使用され…

そして、この日にランタンを灯して、悪いものを払い、良いものを呼び込むという風習も。

元宵節は道教の三元信仰(旧暦1月15日の上元、7月15日の中元、10月15日の下元)と、提灯を掲げて仏を祭る仏教上の習俗が混交したもので、そこから「灯籠節」「上元節」とも呼ばれています。

ランタンには精霊や神々にまつわる伝説などいくつかの宗教的な意味合いが含まれているようですね。

華強北で行なわれる元宵イベント

なぜバレンタイン?

今回、春節前後から深セン内で行なわれる様々なイベント情報を集めていましたが、いくつかのコミュニティで今年の2/19は「Chinese Valentine's day」であり、「西洋の」バレンタインである2/14から、本日2/19までを独自のバレンタイン期間としてイベントを開催しているところもありました。

しかしなぜ2/19が中国のバレンタイン?

何人かの中国人に聞いても答えは分からず、あまり知られていないようなのですが、いくつかのソースを見るとその理由は以下のようです。

Over 2000 years, the festival has developed many meanings. People usually celebrate it by moon gazing, lighting lanterns, watching the Lion dance, and eating rice balls (汤圆 tāng yuán) during family reunions. But did you know that, besides the lantern fairs and other traditions, back in ancient times, it was the “true” Chinese Valentine’s Day?

The origin
In ancient China, women usually weren’t allowed out the house. There was a curfew system to prevent criminal activities such as gambling and stealing. No one was allowed to travel from 7pm to 5am, except for funerals, medical treatment, and marriage. Violators would be flogged at least 20 times with a rattan cane as a punishment.

(簡単に訳しますが)古代の中国では犯罪を防止するため、基本的に女性が夜間(19:00−5:00)外出することを禁じていました。違反した場合は鞭打ちの刑に処されました。

But on the night of the Lantern Festival, everyone could stroll freely. Through lighting lanterns, playing games, and other activities, women could interact with men. These romantic stories are why some say the Lantern Festival is the true Chinese Valentine’s Day, rather than the Qixi Festival, which celebrates the annual meeting of the cowherd and weaver girl in Chinese mythology.In one of China’s Four Great Classical Novels Dream of the Red Chamber, there is a scene of guessing lantern riddles.

しかし、ランタン祭りの時だけは誰もが自由に夜間出歩くことができました。ランタン・ゲーム・その他の様々な活動を通じて、女性は男性と交流することができました。これらのことを考えると、元宵节は(七夕のような神話から来た風習よりも)より現実的な歴史を持っているため、真の中国のバレンタインデーであると言われているようです。

www.beijing-kids.com より

After being confined in the boudoir with few free activities for a whole year, the women in the Red Chamber could finally go out and enjoy the Lantern Festival. They dressed up meticulously and tried their best to get attention from men.

ランタン祭りにまつわるロマンチックな話はいくつかあるようですね。中国の古典小説の中には、部屋に閉じ込められて自由な活動ができなくなった女性たちがランタン祭りの時に外出を許可され、男性から注目を集めるために最大限のドレスアップをしたという話も。

ほとんどのイベントは今日で終了

春節から始まった中国最大の一大イベントも今日で落ち着きます。

(1/18-2/22) New Year folk art parade 新春民俗大巡游(福田 莲花山)
(2/2-2/19) Camellia exhibition 深圳第13届茶花展(南山区园博园)
(2/2-2/19) Chinese rose exhibition 深圳第21届月季花展(罗湖区人民公园)

(2/9-2/19) 【中华民俗村】情人元宵节放大招,锦绣中华民俗村夜场票、欢乐海岸灯会
(2/14-2/19) 【世界之窗】情人节 元宵节 双节同庆 夜场(85元)

(2/14-2/19) 【深圳欢乐谷】情侣夜场特惠双人票(99元)

面白いのが、中华民俗村・世界之窗・深圳欢乐谷で行なわれているイベント。これらは主に中国の若者向けですが、2/14のバレンタインデー「情人节」と、2/19の「元宵节」を合体させて(双节同庆)開催しています。

世界之窗でのイベント

西洋の暦とは違い日にちが毎年変わるため、来年も同じように開催するのかは分かりませんが、(クリスマス・バレンタインなど)西洋の祝祭を今後も取り入れてあの手この手でイベントを開催して盛り上げていくものと思われます。深センには昔からの風習というものがほとんどなく、(元イギリス領の)香港の隣であることや若者が多いといった要素を考えると、この傾向が他地域と比べて特に顕著なのかもしれません。面白いですね。

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事