2019年 深セン 大芬村の最新事情!

世界最大の「油画村」として知られる、深セン 大芬村

「世界で一番ゴッホを描いた男」の映画が大ヒットし、海外にもその名が知れ渡りましたが、大芬村は絶えず変化を続けています。そして2019年現在、村の様子は大きく変わりました。

どのように変わったのでしょうか?

Shenzhen Fanでは、去年(2018年12月) に大芬村を訪問し、「世界で一番ゴッホを描いた男」の主人公、 趙小勇(チャオ・シャオヨン)さんのインタビューなどを行いましたが、当時は大規模な河川工事が大芬村内で行われていました。

前回の訪問記事はこちらから

今回、河川工事は完了し、街の景観も様変わりしています!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

河川工事完了後

大芬村といえば何千人もの画工が住み込みでひたすら複製画を描きつづける、というイメージが強いですが

以前に訪問した時とずいぶん印象が変わっていました。

去年までずっと河川工事が行われていて、村全体へのアクセスが良くありませんでした。

この道路の下に河川が流れているようで、去年はずっと工事で閉鎖されていました

道(河)の周りに大きな壁ができていたため、大芬村内の各店舗に行くには別の入り口からぐるっと回らなければならなかったのですが、

このエリア、「大芬油画街」と呼ばれています。アクセスが本当に良くなりました

工事が完了して非常にすっきりしましたね。

去年はすごく通り辛かったのです…

そしてこの大芬村。最近ある変化が見られています。

街は観光地化

大芬村は、国策により観光地化され始めているのです。
特に今年になって行政の指導が入り、商業的過ぎる設備を取り締まり始めたのだそうです。

その結果、雰囲気が随分変わってきました。

個人的なイメージでは、(平日に行ったからかもしれませんが)全体的に綺麗になり、東南アジアのようなゆったりとした雰囲気を感じます。

ちょっとハノイっぽい雰囲気

具体的には、どんな点が変わってきたのでしょうか。

ギャラリーの増加

まず、ギャラリーが増加しつつあります。

もちろん今までもギャラリーはあり、(大芬村の地価が高くなっている影響で)画工たちは村の外に住むようになってきていましたが、村内ではギャラリーを前面に出し、工房は郊外に、という流れが定着してきているようです。

趙小勇さんのギャラリーにも変化が

先回インタビューさせていただいた趙小勇さんのギャラリーにも少しお邪魔しました。

入り口には、日本語の映画パンフレットが!

外観が変わっています。入り口が改装されていました。

趙小勇さん

趙小勇さんは、日本で展覧会を開くための準備を今も続けているとのこと。オリジナルの絵を書き続けておられます。

ギャラリーには区分けが

初めて大芬村を訪れる方にとって、それぞれのギャラリーには違いがないように見えがちですが
どこも同じような絵を売っているわけではありません。

ギャラリーも区分けされています。例えばここ。

黄江油画艺术广场

ここは「黄江油画艺术广场」という、大芬村の正門入ってすぐのところにある大きな建物。

売られている絵も複製画ではなくオリジナルが多い。そしてレベルが高い。

ここで売られている絵はどれも一流と認められた画家のもので(割と)高価なものが多いです。
物にもよりますが、一枚数千元くらい。ジョブズの肖像画とか写真のような出来の絵が売られていたりします。

体験工房の増加

そして、もう一つの大きな変化は体験工房が増えたこと。
至るところに「油画体のボードが置いてあります。

体験工房自体は以前もありましたが、確実に数が増えていますね。
この油画体験、考えてみると非常にいい方法です。

数時間かけて描いた複製画を数十元で売っていくよりも、油画体験でお客さんに(筆の使い方を教えながら)描いてもらい、それを100元以上の値段で売る方が利益があり、お客さんの側から見ても大芬で世界に一枚しかない絵を描くという貴重な体験ができるので喜ばれますね。

普段はオリジナルや複製画を描きつつ、油画体験の場も提供するといったビジネスモデル。理にかなっています。

バイヤーはどこに?

では、絵画のバイヤーはどこに行ったのでしょうか?

もちろん村の中でも絵画を買えますし、そこで取引しているバイヤーもいますが、大半のバイヤーは郊外で取引をしているのだそう。

例えば、このような郊外のビルで行われています。

业书画交易广场(MAO YE ART TRADING PLAZA)

大芬村の正門に近いところに位置するこのビル。
业书画交易广场(MAO YE ART TRADING PLAZA)」と言いますが、その名の通りこのビル内で絵画のトレードが盛んに行われています。

中をのぞいてみましょう。

所狭しと売り物の絵が飾られています。

観光客は村の中で絵を購入し、業者は郊外のトレーディングビル内で購入…といった流れができつつあると感じますが、特にこのビルで取り扱っている絵画、(一部分ですが)ある特徴があります。

もう一つの特徴

ちょっと見てみましょう。

今回お邪魔したのはTRADING PLAZA内にある「九月装飾画」。
どんな絵が飾られているのでしょうか?

作者は分かりませんが、個人的にこのタッチ好きです。

でもこの絵…何で描いたと思います?

実はこれ、全部プリンターなんです!

プリンター!?

これもそうです。

見分けつきますか?

プリンターだと言われると「あぁ、そうかも」と思うのですが、言われないと分かりません。

もちろん油画のインクの立体感はないので、斜めから見た時の光の反射などはないですが
額に飾って眺めるとなかなか見分けがつきません。

どんなプリンターを使っているのでしょうか?

機種は日本のRoland

このお店の機種は「Roland VersaArt RA-640」。日本メーカーですね。

価格は4万元(約63万円)くらいなのだそう。

オーダー!

せっかくなので、一枚印刷をお願いしてみました!

日本の誇る、葛飾北斎。

手際よくセットアップして…

出てきました!

印刷後、余白を切って終了。

綺麗に印刷されています。

富士山もくっきり描かれています。

色滲みもなし。

ちなみに、印刷する紙(キャンバス)は選ぶことができます。
和紙のような手触りの紙だったり、油絵のキャンバスで使用するのと同じ(ような)紙など、絵によって変更できるとのこと。

中国メーカーのプリンターも

他の店舗には別機種のプリンターもありました。

Locor(乐彩) という中国メーカーの「Deluxejet32S」という機種のようです。本体はかなり大きいです。

訪問時は、その日に印刷する分が終わってしまっていたため
印刷時の様子を見ることはできませんでした。残念。

プリンターは村外に

他にも、当ビルの中ではプリンターを使って看板を印刷する業者も入居しています。

以前、プリンターは大芬村の各店舗内でちらほら見かけましたが、
最近の行政指導により、あまり芸術と関係がないものは村外で行なうことになったのだそうです。

確かに、「油絵でないなら大芬で印刷しなくてもいいじゃん」ってなりますよね。そして実際に福建省など大芬以外でも印刷は行われている模様です。

とはいえ、油絵だけでなくキャンバスや額縁の価格の安さ、また配送の手際の良さなどの環境は整っているので、村外であってもここで印刷するメリットはありそうです。

プリンターの利点

プリンターの絵にも利点があります。

いくつか挙げると

  • 品質が安定している
  • 割安
  • 納期が速い
  • 印刷直後に乾くので、配送しやすい

他にもあるかもしれませんが、品質の安定は売る側も買う側もメリットですね。

ただ、油絵の「ムラ」≒「味」 とも言えるので、好みや目的によって変えるのがいいと思います。

ハイブリッドも

プリンター+油絵 というハイブリッド画法も存在します。

プリンターで出力した後に油絵を塗り、立体感を出していきます。
100%油絵よりも速く、プリンターよりも油絵らしく。

でも、最終的にはやはり好み、なのでしょうね。

日本からも買えます!

(前回と)今回の大芬村取材に際しガイドをしてくれたのは、絵画バイヤー菅沢誠士さん。

菅沢さんは大芬村などから絵画を買い、日本に輸出販売しています。
販売サイトはこちら↓

ちょっとサイトを見てみると、こんな感じの絵を売ってる模様。

複数の額を組み合わせてディスプレイするスタイルの絵ですが、めちゃくちゃかっこいい!

現在は、プリンターの絵を扱っているのだそうです。そして、オーダーメイドで希望の絵を指定することもできるとのこと(その場合はサイトの「お問い合わせ」欄からメールしてくださいとのことです)

油絵はクオリティにムラがあるので、一定のクオリティが保てるようになったら油絵も取り扱っていきたいのだそう。
送料等全部込みの価格なので安心ですね。よかったらご利用ください!

大芬村を歩くなら、顔認証ロッカーを使うのが便利!

最後に一点。

大芬村を色々回るとなると(村全体はそんなに大きくないので一周するのは難しくありませんが)
最初に、大芬美術館にある無料の顔認証ロッカーに重い荷物を預けてしまうことをお勧めします。

大芬美術館。建物もお洒落。

ロッカーの場所は、一階のエントランス横に位置します。

顔認証ロッカー。荷物を預ける時は「存」、取り出す時は「取」ボタンを押す

顔認証ロッカー。鍵もいらないし番号も覚えなくて済むし、ボタン押して顔スキャンするだけで開くし、いいこと尽くし。

もう世の中のロッカー全部これになったらいいのに。

活用してみてください!

アクセス・ロケーション

住所:深圳市大芬油画村

最寄駅:地下鉄3号線「大芬」駅A1出口

大芬村地図

深センの北側。罗湖区の上「龙岗区」に位置します

 

大芬村全体図

今回ご紹介した場所の(大体の)位置を記載します。

主要位置マップ


少し前ですが、大芬村に関する記事は
Diamond Onlineに掲載された高須正和さんの記事がとても分かりやすいです。非常に参考になりました!

DIAMOND ONLINE : 8000人の画家が住む深センの絵画村が年700億円を稼ぐ理由

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事