第9回 OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL 2019 国际爵士音乐节 特集!

毎年行われる、深センを代表するイベントの中でも特に有名なのが「OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL」。

世界中から名だたるプロのアーティスト達が深センを訪れてセッションを行うジャズフェスティバルも今年で9回目!今回も会場は OCT-LOFT(华侨城创意文化园) B10 Liveで開催中です。

出演アーティスト・スケジュールやチケット購入方法、また初日(10/11)の様子もお伝えします!
先着となってしまいますが、Shenzhen Fanから皆様に会場のチケットプレゼントも行います!

目次

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL 公式サイト

公式サイトはこちら。最新情報や詳細が記載されています。

出演アーティスト・スケジュール

は日本人アーティスト(含むバンド)です。

2019-10-11(金)

20:00 : Marilyn Mazur [Denmark]

  • Denmark
  • Marilyn Mazur – Percussion / Drums

20:50 : 平林牧子三重奏 Makiko Hirabayashi Trio [Denmark](★)

  • Denmark
  • 平林牧子 Makiko Hirabayashi – Piano
  • Klavs Hovman – Double Bass
  • Marilyn Mazur – Drums / Percussion / Voice

2019-10-12(土)

20:00 : Mn’JAM experiment [Australia]

  • Australia
  • Melissa De Sousa Cunha – Vocals
  • João Artur Marinheira Dias Moreira – Eelectronics / Turntables / Visuals
  • Stephen John Magnusson – Guitar
  • Samuel George Anning – Bass
  • Patrick-Earl Danao – Drums

21:20 : Schnellertollermeier [Switzerland]

  • Switzerland
  • Andi Schnellmann – Bass
  • Manuel Troller – Guitar
  • David Meier – Drums

2019-10-13(日)

15:00 : (Free) 放映 Screening | 爵士角落:“1369”的黄金岁月 A Place For Jazz

無料の上映会です。会場は「A3+」

  • USA
  • Director: Richard Broadman
  • Time: 68:68.
  • Year: 1991
  • Language: English

20:00 : Jozef van Wissem [Netherlands]

  • Netherlands
  • Jozef Van Wissem – Lute / Vocals

21:20 : Eli Keszler [USA]

  • USA
  • Eli Keszler – Drums / Percussions

2019-10-15(火)

20:30 : Click#15 [China]

このバンド、めちゃくちゃ人気なのだそう!

  • China
  • Ricky – Vocals / Guitar
  • Yang Ce – Keyboard
  • Cui Jun - Drums

2019-10-16(水)

20:00 : Zbigniew Chojnacki [Poland]

  • Poland
  • Zbigniew Chojnacki – Accordion / Electronics

21:20 : Marcin Pater 三重奏 Marcin Pater Trio [Poland]

  • Poland
  • Marcin Pater – Vibraphone
  • Mateusz Szewczyk – Double Bass
  • Tomek Machański – Drums

2019-10-17(木)

20:00 : 奔波儿灞与灞波儿奔 Ben Bo Er Ba & Ba Bo Er Ben [China]

  • China
  • 老丹 Lao Dan – Flute / Xiao / Jew’s Harp / Bawu / Saxophone
  • 李带菓 Li Daiguo – Pipa / Piano / Kick Drum

2019-10-18(金)

20:00 : Akosh S.三重奏 Akosh S. Trio [Hungary]

  • Hungary
  • Akosh S. – Saxophone
  • Peter Ajtai – Double Bass
  • Szilveszter Miklòs – Drums

21:20 : 鈴木 OMA SOUND Isao Suzuki OMA SOUND [Japan](★)

  • Japan
  • 鈴木勲 Isao Suzuki – Double Bass
  • 纐纈雅代 Masayo Koketsu – Alto Sax
  • 小山道之 Michiyuki Koyama – Guitar
  • 石田衛 Mamoru Ishida – Piano / Keyboards
  • 北井誉人 Kunito Kitai – Drums

2019-10-19(土)

14:00 : (Free) 讲座 Talk | 我的岛屿和你的岛屿:英国前卫音乐场地 Café OTO的十年 My Island and Yours: A Decade of Music at Café OTO

無料のトークショーです。会場は「A3+」

  • UK
  • Speaker: Hamish Dunbar - Café OTO Director / Co-founder
  • Language: English

20:00 : Peter Evans [USA]

  • USA
  • Peter Evans – Trumpet

21:20 : 梅津和時三重奏 Kazutoki Umezu Trio [Japan](★)

  • Japan
  • 梅津和時 Kazutoki Umezu – Alto Saxophone / Clarinet
  • 加藤崇之 Takayuki Kato – Electric Guitar
  • 林頼我 Raiga Hayashi – Drums

2019-10-20(日)

14:00 : (Free) 放映 Screening | 带上狗去散步:对话英国即兴音乐家 Taking the Dog for a Walk – Conversations With British Improvisers

無料の上映会です。会場は「A3+」

  • Luxembourg / UK
  • Director: Antoine Prum
  • Production: NI-VU-NI-CONNU
  • Length: 128分
  • Year: 2014
  • Language: English

19:00 : DRAKE/THOMAS 二重奏 DRAKE/THOMAS Duet [USA/UK]

  • USA / 英国 United Kingdom
  • Hamid Drake – Drums / Percussion / Frame Drum / Vocals
  • Pat Thomas – Piano

20:20 : Vladimir Chekasin & Vladimir Tarasov – 致敬斯特拉文斯基 Rondo à la Stravinsky [Lithuania]

  • Lithuania
  • Vladimir Chekasin – Saxophones / Clarinet / Piano / Keyboards
  • Vladimir Tarasov – Drums / Percussion

21:40 : 节中节即兴大联盟 FIF Improvisation Union(★)

  • Akosh S.
  • Peter Ajtai
  • Szilveszter Miklòs
  • Peter Evans
  • 梅津和時 Kazutoki Umezu
  • 加藤崇之 Takayuki Kato
  • 林頼我 Raiga Hayashi
  • Hamid Drake
  • Pat Thomas
  • Vladimir Chekasin
  • Vladimir Tarasov

会場の様子

入り口

会場周辺は看板があり、人だかりもできているので見つけやすいです。

外観。

中に入ると、様々なグッズが売られています。

OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL はポスターなどにも力を入れていて、毎年デザインが違います。今年もかっこいいですね。

会場内

特設ステージ。

平林牧子 三重奏 [Makiko Hirabayashi Trio] 圧巻の演奏!

初日を飾るのは、デンマークから来た Marilyn Mazur [Drums / Percussion / Voice]、Klavs Hovman [Double Bass]、平林牧子 [Piano]の三重奏。

平林牧子さんは、現在デンマークを拠点に世界で活動中。Marilyn Mazur、Klavs Hovmanとともに何枚かのアルバムをリリースしています。

Marilyn Mazurさんはこの演奏の前にソロでパフォーマンスを行なった実力者。以前はMiles Davisのグループに在籍していたとのこと(!)

ただ弾くだけでなくピアノの中の弦を使用して新たな音を作り出したり、前衛的な要素も垣間見えます。

InstagramのLiveも少しだけ配信したのでご覧になられた方もおられるかもしれませんが、めちゃくちゃかっこよかったです!!

この凄さは生で聴かないとなかなか伝わらないですね。遠くから足を運んでくるファンの方々の気持ちがよく分かります。

BIONIC BREWも出店中!

なんと深センで大人気のクラフトビール「BIONIC BREW」がライブ会場で出店中!

最高のビールを飲みながら最高のジャズを聞くとか最高じゃないですか!

チケット情報・価格

価格は以下の通り

  • ALL PASS 880元(限定100枚)売り切れ
  • FIF PASS 460元 ”Festival In Festival”[3日間(10/18-20)のパスチケット](限定100枚)売り切れ
  • DAY PASS 前売り券 80元-180元 当日券 100-220元(価格は日によって変わります)

前売り券はこちらから購入できます。

Taobao

SHOWSTART

アクセス・ロケーション

B10 Live(B10现场)
深圳市南山区汕头街东E2栋
Building E2, Shantou Street East, Nanshan District, Shenzhen

最寄駅:
地下鉄1号線「侨城东」駅A出口
地下鉄2号線「侨城北」駅B出口

無料の映画上映・トークショーの場所は「A3+」という所にあります。(下記マップの真ん中に位置します)

公式サイトのMAP

Mapアプリを起動して「B10现场」で検索すると見つけやすいです。

OCT-LOFT B10 Baidu Map

B10 Live の会場へは、地下鉄2号線「侨城北」駅が一番近いですが
時間があれば、地下鉄1号線「侨城东」駅から向かうのもいいですね。OCT-LOFTのお洒落な街並みを散歩しながら楽しむことができます。

チケットプレゼント!

今回、イベント主催者から OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL の DAY PASSチケットを2セットずついただきました!(ありがとうございます)

先着順になってしまいますが、ご希望の方にプレゼントいたします!
(電子チケットではないため、どこかでチケットを手渡しする必要がありますが)Facebook/Twitter/Instagram/メール/お問い合わせなど方法はなんでも大丈夫です。希望する日のメッセージをいただければ先着でお渡しいたします。


OCT-LOFT JAZZ FESTIVAL は、深センにいたら一度は参加してみたいイベントの一つですよね!

秋はジャズの季節なので日本のみならず世界中で盛り上がっていますね。ぜひ楽しまれてください!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事