【深圳市公安局】QRコードスキャンでスムーズ!外国人住居登録オンライン手続き方法解説

日本人を含む外国人が中国に滞在するためには、「出境入境管理法」に基づいて「臨時宿泊登記」の提出が義務付けられています。

しかし昨今の新型コロナウイルス肺炎の関係で、管轄する公安局への出入りが閉鎖されているため提出できない、という事態も起きています。

深圳市公安局では以前から管轄区内の派出所/登録センターに出向くことなくスマートフォンからQRコードスキャンで登録可能な住宿登記サービスを提供していましたが、今回の件でもっと多くの方に当サービスの利用を強く勧めるようになっています。

まだオンライン登録を行っていない方はぜひご活用ください。登録方法を解説します。

Source:

【SK MSCE】How to complete your residence registration online

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

臨時宿泊登記について(外務省ホームページ)

まず、臨時宿泊登記とは何でしょうか?

外務省 海外安全ホームページ内の「中華人民共和国」項には、法人が中国に渡航・滞在するにあたっての留意点が記されています。

その中に記載されている「臨時宿泊登記」部分を以下に引用します。(赤字はShenzhen Fan)

2 中国の出入国管理,外国人管理で特に注意すべきこと

(1)臨時宿泊登記

 外国人が中国に滞在する場合,24時間以内にその滞在地を管轄する現地公安局に対して「臨時宿泊登記」を提出しなければならないとされています(「出境入境管理法」)。

 一般的なホテルや,フロントデスクがあるサービス型マンション等に滞在する場合には,チェックインをすれば,ホテル等が「臨時宿泊登記」を自動的に代行してくれるため,宿泊者本人が手続をする必要はありません。

親族や友人宅に宿泊する場合,あるいは日本から来た親族や友人を自宅に泊める場合には,登記の必要があります。宿泊者本人と宿泊先の主人とが直接,最寄りの派出所に出向いて「臨時宿泊登記」を行う必要があることに留意してください。

なお,この登記を行わない場合は,宿泊者及び宿の提供者はともに法律違反となり,罰金が科される可能性があります。

 居留許可取得手続,あるいは滞在許可の延長などの手続を行うためには,この登記に基づいて発行される「臨時宿泊証明書」が必要となりますので,ご注意ください。

外務省 海外安全ホームページ

外国人の宿泊可能なホテルでは、一般的にスタッフがこの手続きをしてくれるので気にする必要はありませんが、アパートを契約したり友人宅に泊まったりする場合は自分で宿泊登記を行わなければなりません。

深センの外国人比率が高いエリアでは専用のサービスセンターがあり、毎日大勢の人が登記に訪れます。

(一例)南山区蛇口サービスセンター

新型コロナウイルスが流行してから現在に至るまで、一般人は蛇口エリアの外国人登録センターに出入りできなくなっています。

「登録センターでの登録作業は現在停止しているので、オンライン登録を行うように」という旨の貼り紙が入り口に提示されています。

登録方法は(後述しますが)各住居ドアの前にあるQRコードをスキャンするのですが、なんらかの事情でスキャンできない場合はWeChat(微信)の「MSCE26678381」を検索して問い合わせます(蛇口エリアのみ)

登録方法

以下登録方法です(深セン全域対象)

「深圳市公安局」QRコードをスキャン

最初に、以下のQRコードをWeChatでスキャンして、登録ページにアクセスします。

「深圳市公安局」トップページから開始

スキャンすると「深圳市公安局」のページが表示されるので、开始申报(Start Declaring)を選択します。

Announcementが表示されるので、内容を遵守する旨のチェックをした後「下一歩(Next)」を選択します。

基本情報入力

以下のフォームに国籍・パスポートなどの基本情報を入力していきます。

電話番号入力後、「Send Security Code」ボタンを押下するとSMSにセキュリティコードが送られてくるので、そのコードを「Security Code」欄に記載します。

ドア前のQRコードをスキャン

次に「SCAN」ボタンを押下します。

家のドア前に貼られている銀色のQRコードをスキャンします。

Photo via 深圳市公安局

このようなコードです。(※全てのマンションにQRコードが設置されているわけではないようです)

すると、住居番号などが自動入力されます。他の必要事項を満たした後「Next」を押下すると、以下の確認画面が表示されます。ここで再度「Next」を押下。

写真撮影・アップロード

次に「Upload photo」を押下して、自分の顔写真をアップロードします。

アップロード後、「Confirm」を押下して確定します。

これで完成です。

登録内容の確認

登録内容を確認したい場合は、トップ画面から「Query」を選択してください。

基本情報を入力後に、自分の登録情報を確認することができます。

不明な点はWeChatで問い合わせを

ドアの前にQRコードがない、登録できないといった状況の時は、WeChat(微信)の「MSCE26678381」まで問い合わせすることをお勧めします(英語/中国語のみ対応)。当WeChatは南山区の蛇口エリアのアカウントですが、管轄外であっても相談に乗ってくれると思われます。

深セン市の行政はオンライン対応がますます進みますね。

スマホなしでは生きていけない都市、というか逆にスマホさえあればなんでもできる都市になりつつありますね。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事