【OCT-LOFT】2020年後半イベントスケジュール情報:OCT-JAZZ FESTIVAL/Public Art Exhibitionなど

毎年、深センの华侨城创意文化园(OCT-LOFT)では国内外から来るアーティストによる様々なイベントが開催されますが、2020年は新型コロナウイルスの影響により中止もしくは延期やオンラインでの開催を余儀なくされています。

今回は2020年7月時点で判明しているOCT-LOFTでのイベントスケジュールをお伝えします。残念ながら今年で10周年を迎えるOCT-LOFT JAZZ FESTIVALは中止の見込みですが、360度VRヴァーチャルツアーを開催しているイベントも!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

OCT-LOFTにおける各イベント

OCT-LOFTでは、主に以下のイベントが定期開催されています。

(他にも小規模イベントや一時的なイベントはあります)

  • OCT-LOFT Public Art Exhibition(公共艺术展)
  • OCT-LOFT Creative Festival(创意节)
  • Shenzhen Independent Animation Biennale (深圳独立动画双年展)
  • Tomorrow Music Festival(明天音乐节)
  • OCT-LOFT Jazz Music festival(国际爵士音乐节)
  • T-street Mart(T街创意市集)
  • “One and One” OCT-LOFT Designer talk(“一人一世界”OCT-LOFT讲座)

OCT-LOFT Public Art Exhibition(公共艺术展)

年に一度の頻度で開催されるこのイベントは、OCT-LOFT内の特定のエリアを用いた公共アート展。

2019年は「ON/OFF Parking Lot Project」という名称で、世界各国から来たアーティストが駐車場にアートを描くエキシビジョンでした。

2020年は「TRASH-FORMERS」展を 9月5日に開始予定

2020年のPublic Art Exhibitionは、2020年より深センでも本格的にスタートした<ゴミ分別>がテーマのエキシビジョンが開催予定。その名も「TRASH-FORMERS」

現在鋭意準備中で、9月5日開始予定です!

深圳华侨城创意文化园:2020 OCT-LOFT公共艺术展 | 余物变身计划第一期:「捡垃圾」行动小分队招募

しかし外国人の入国制限が依然としてかけられている現在、日本や諸外国からのアーティストは現地に行って展示することができないために参加を断念したアーティストもおられるようです。

OCT-LOFT Creative Festival(创意节)

2019年は「FUN PALACE / 欢乐宫殿」として、2019年12月7日〜2020年2月29日の期間中展示される予定でしたが、途中から新型コロナウイルスの影響で展示会場の「C2展厅」が閉鎖されてしまいました。

360度ヴァーチャルツアー VRで閲覧可能!

しかし、主催者側は360度カメラで展示会場を撮影し、360度ヴァーチャルツアーをWeb上で開始しました。2020年7月現在でも無料で閲覧できます!以下のサイトから入ることができるのでご覧ください。

欢乐宫殿ー2019 OCT-LOFT e-Visit

アクセスするとすぐに、ストリートビューのような形で閲覧ができます。

VR機器をお持ちの方はVRモードで楽しめる!すげー!

2020年 Creative Festivalは12月開催予定

運営スタッフに確認したところ、現在のところは2020年12月開催の予定でプロジェクト進行中とのこと。

2020年も渡航できない外国人が多いと思われますので、2020年もヴァーチャルツアーを開催して欲しいところ!(運営スタッフにお願いしておきます)

Shenzhen Independent Animation Biennale (深圳独立动画双年展)

前回の Shenzhen Independent Animation Biennale は、4回目の展示が创意文化园C2広場にて2018年12月8日〜2019年3月10日までの3ヶ月間開催されました。

LOFT大事件!第四届深圳独立动画双年展今天开幕!

前回は、以下のような展示が行われていました。

2020年は、Creative Festivalと統合

2020年は単独の開催は行わず、上記で紹介したCreative Festival(创意节)と統合して12月に開催されることになるそうです。

Tomorrow Music Festival(明天音乐节)

2019年のTomorrow Music Festivalは、5月17日〜19日の3日間開催されました。前回は前衛的な音楽ライブでしたね。

2020年は「昨天音楽節」(Yesterday Festival)としてオンライン開催(2/29ー3/2)

2020年のTomorrow Festivalは、2月29日〜3月2日の期間中にオンライン開催されました。その内容は過去のOCT-LOFT Jazz Festivalの代表的なアーティストのライブをネット配信したもの。その名も「Yesterday Festival」

昨天音乐节 ONLINE!丨休息一下,明天继续

山下洋輔さんや鈴木勲さんを始めとする過去の伝説ライブをオンラインで楽しめました。

これはライブ配信の形式だったため、現在は閲覧できません。

OCT-LOFT Jazz Music festival(国际爵士音乐节)

そして、世界中の方々がこのために毎年深センに来る超目玉イベントのOCT-LOFT Jazz Festival

過去に開催されたJazz Festivalのレポートはこちら

今年は10周年の節目にあたり、例年にも増して期待が高まる年だったのですが…

2020年は中止の方向

運営スタッフからの情報によると、この状況では各国のアーティストが入国できないために今年は断念せざるを得ないとのこと。。。

もちろんアーティストによるオンラインライブも可能なのですが、Jazz Festivalに関してはライブの臨場感が大事なので主催者側もオンラインで行うのは消極的です。2021年に期待ですね!

T-street Mart(T街创意市集)

T-Street Martは、毎週のようにOCT-LOFTエリア内のストリートで開催されています。それぞれのコンセプトに合わせて様々なアクセサリーやアート作品、また手作りの服やバッグなどが路上販売されたり、ワークショップも行われています。

2020年も定期開催中

当イベントは2020年現在も好評開催中です!例えば7月25−26日は「花火大会 SPARKLE」と題した夏にぴったりのコンセプトでたくさんのブースが広げられているそうです。

【T街预告】七月末,赴一场「花火大会」

最新の T-Street イベント情報は、WeChatで「T街创意市集」と検索し、公式アカウントをフォローしてください。

各週のイベント情報が配信されます。

“One and One” OCT-LOFT Designer talk(“一人一世界”OCT-LOFT讲座)

Designer TalkもOCT-LOFTの目玉イベントのひとつ。著名なデザイナーやアーティストを招いて様々なインタビューをしていくこの企画ですが、2019年は9月12日〜19日の期間中に開催されました。

【OCT-LOFT一人一世界讲座】首场讲座明晚开启

2020年は中止

残念ながら、当イベントは2020年は中止とのことです。当イベントも2021年以降に期待です。


現在の深センは街中で様々なイベントも普通に行われるようになっていますが、ネックとなるのが海外からのアーティスト達。オリンピックにしてもそうですが、現地での数ヶ月の準備期間が必要になるため渡航制限解除の時期がずれこむと計画が立たないのだそう。

この状況が落ち着くまでは中止もしくはオンラインなどの代替手段に切り替えながら行っていくしかないようですが、今後も新たなイベント情報がありましたらお伝えしていきます。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事