WeWork 華南地区本部「CR LAND Tower」(华润置地大厦) オープニングイベント開催! (7/1)

WeWork中国華南地区の新しい本部となるオフィス CR LAND Tower」(华润置地大厦が、南山区の巨大モールMixC Mall(万象天地)そばにオープンし、イベントを7/1に開催しました!

ここは深センのみならず、華南地区の本部になるとのこと!

普通は広州あたりに本部を作るものでは?という勝手なイメージがありましたが、2019年7月時点で広州のWeWorkオフィスは1つのみ(4オフィスが近日オープン予定)
深センのWeWorkは現在5オフィスが稼働中(そして4オフィスが近日オープン予定)。

圧倒的な差がありますね。立地的にも勢いの面でも深センに本部がある方が良いという判断なのかもしれません。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

WeWorkとは?

WeWorkは、現在ソフトバンクグループから総額104億ドルの投資を得たとニュースにもなった世界最大規模のシェアオフィスカンパニーで、莫大な資金力を背景に2016年以降中国への進出を加速させています。WeWorkはまた最近少しニュースになっていましたが、オフィス入居率などはどんな感じなのでしょうか?


深センのWeWorkに関する過去記事はこちらから

WeWork Chinaの資金力は?

以下の記事を見ると、WeWork Chinaには恐らく10億ドルの資金があるようですね。1000億円以上の資金力…

华润置地大厦」に入居

今回WeWorkが入居したビル「CR LAND Tower」は、华润置地CR[China Resources] Landという不動産事業を展開している会社が管理しています。

深圳湾万象城(MixC Shenzhen Bay)などを手がけた中国国務院系の超有名企業。

さっそく中に入ってみましょう!

エントランス

エントランス。セキュリティがしっかりしているため会員以外はここで係員の了承を得る必要があります。
(見学の申し込み等はWebで行なえるので、その手順に沿えば問題ありません)

ゲート通過後、5階へ向かいます。

WeWorkならではの華やかな雰囲気が。

入り口を入ると…

入って正面にソファがあり、左側にカフェスペース、右側にはフリーデスクスペース(ホットデスク)

カフェスペース

ビールはもちろんAsahi

ホットデスクエリア

意外に広いです。UpperHillsほどではないけど。

オフィススペース内部

他拠点と比べると、より都会のオフィスという雰囲気かな。

落ち着いていて、仕事に集中できそうですね。

コピー機等ももちろん完備

一人用デスクスペースもあります(けっこう人気らしい)

企業がまるっと入居できるような区分けもされています。

会議室も広い。

会議室スペース

入居した企業には、こういったウェルカムメッセージが。

インテリアもこだわり

盆栽?

AIBO的な?

階によってレイアウトが変わる

CR Landは5−7階までを占有しているのですが、階ごとにレイアウトを変えています。

図書室のような雰囲気。

当写真は6−7階部分ですが、こちらの方が落ち着いています。

外の景色は?

高新园(Hi-Tech park)駅近くの巨大モールMixC Mall(万象天地)に隣接しているため、モールの様子も部分的に見ることができます。

足元にはスタバも(行かないけど)

オフィス・住宅街も見えますね。

Hon Kwok Centerのような絶景ほどではないけれど、緑も多いし景色はかなり良い。

オフィス入居率は?

けっこう気になりますよね。ここ。

CR LANDはオープン初日ということもあり、たくさんの人が訪れていましたが

このように、かなりの人がその場でオフィスの契約をしています。

CR Landは、1600のデスクがありますが、そのうち800がすでに契約されているとのこと。50%ですね。

でもこれは7/1オープン前のデータなので、かなりのペースで埋まっていることが分かります。
オープン前に契約する企業・ワーカーが多いというのは知名度のなせる業。そしてまだまだコワーキングスペースの需要が高いんでしょうね。

深センのWeWorkはこれにとどまらず今後拠点の数を倍増させるので、彼らにとっては計画通りなのかもしれません。

深センにWeWorkが進出した当初と比べると、当時よりも中国人地元企業の利用者が増えてきているように思えます。
色々な報道がある中で深センの成長にWeWorkがどこまで乗れるのか、今後もウォッチしていきます!

価格

CR LANDの価格は、以下の通り。

※2019年7月現在の価格です

  • プライベートオフィス:4,200元 / 月
  • 専用デスク:応相談
  • ホットデスク:2,100元 / 月

アクセス・ロケーション

  • 住所:深圳市南山区科发路19号 华润置地大厦D(5階)
  • 最寄駅:(地下鉄1号線)「高新园」駅 B出口 徒歩約7分


Shenzhen Fan は WeWorkと提携し、日本語での施設案内もサポートしております。またオフィス契約時には割引も行なっておりますので、ご興味ある方は お問い合わせフォーム から、もしくは メール にてご一報ください!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事