8種類のカラフル小籠包が楽しめる「乐忻皇朝」(PARADISE DINASTY) 卓悦中心店オープン!

今回ご紹介するのは、シンガポール生まれの独創的な中華料理を提供している人気店 「乐忻皇朝」(PARADISE DINASTY)

このお店、特に上海では大人気で(別形態の店舗を合わせると)10店舗以上展開しているそうですが、何が人気なのかというと一番のウリは8種類のカラフル小籠包! 完全にインスタ映えするメニューで、時代のニーズを捉えています。

深センには今年(2019年)上陸し、現在2店舗展開中ですが、今回は先日オープンしたばかりの卓悦中心(One Avenue)店で行われた試食会の様子をご紹介します。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

「乐忻皇朝」(PARADISE DINASTY) とは

「乐忻皇朝」(PARADISE DINASTY)は、シンガポール発の飲食企業・パラダイスグループ(PARADISE GROUP PTE LTD)が運営する創作系中華料理店。

中国北部〜南部の伝統的な中華料理をベースにしながらも、独創的なオリジナル料理を提供している人気店なのです。

中国には2013年に初進出。上海が一番多いですが、各都市にも展開中です。

福田区の巨大モール「卓悦中心」(One Avenue)

先日オープンした深セン福田区の巨大モール「卓悦中心」(One Avenue)には、続々と有名レストランが入居し始めています。

「卓悦中心」(One Avenue)の情報はこちらから

日系のレストランも入っています!

試食会!

今回は、オープン記念として関係者向けに試食会が開催されました。

参加者は主に深センのインフルエンサーたち。

(食レポとか超苦手な私はインフルエンサーとして機能していませんが) いろいろな情報交換が行われるので、すごく勉強になります。

メニュー

今回提供されたメニューはこちら

文字だけだとよく分かりませんね。写真付きで以下にご紹介します。

自制马蹄竹蔗水

コーンとさとうきびのエキス(だと思います)。甘過ぎず飲みやすい。

芝麻酱油麦菜

前菜のような感じで出てきたのはこれ。

ゴマドレッシングにつけて食べます。あっさりしてるけど美味しい。

特色皇朝小笼包

そして、出てきました! 8色のカラフル小籠包!

これが目当てで訪れる人がほとんどでしょうね。

この小籠包、それぞれに特色のある味付けがなされています。

  1. 豚肉(白色)
  2. ヘチマ(緑色)
  3. フォアグラ(ヘーゼル色)
  4. 黒トリュフ(黒色)
  5. チーズ(黄色)
  6. 蟹味噌(橙色)
  7. ニンニク(灰色)
  8. 四川風辛口(赤色)

下に行くにつれ味が濃くなるので、上(1番)から順に食べていくのが良いのだそう。

8番目はちょっと辛いです!

清炖土鸡汤

味がしっかり出ていて優しいスープ。

黑珍珠流沙包

名前の通り、黒真珠に似ている饅頭。

中身は…

カスタード!

瑶柱芙蓉赛螃蟹

貝柱と卵白と蟹がミックスされています。そこに卵黄を乗せるという珍しい料理。

 

鲜虾红油抄手

簡単に言うと、ピリ辛水餃子。(語彙力…)

いや、でも丁寧に作られているのが分かります。

菠萝咕噜肉

日本でもおなじみ酢豚。これも丁寧に仕上げていて美味しいです。

重庆水煮黑鱼片

出た!辛いやつ!

魚を様々な香辛料で似ていますね。好きな人にはたまらない味。

扬州炒饭

このチャーハンは、そんなに味が濃くなくさっぱりしていて他の料理とマッチします。

柠檬芦荟桂花蜜

そして、最後のデザートは

オーギョーチ?

日本の中華料理店でもよく見かけますね。


語彙力のなさの故、簡単にしか紹介できませんでしたが

どれも丁寧に調理されているのがよく分かります。これは人気が出るわけだ。

厨房はガラス張り

小籠包を作ってみよう!

試食会の時に、小籠包の体験イベントもありました。

せっかくなので体験しました。

乐忻皇朝のカラフル小籠包は、味の練り込んである皮に具を入れていきます。

材料の時点で綺麗ですね。

包むだけだからけっこう簡単だろうと思ったのですが、できあがったのは…

 

…汚い。

とても客には出せないレベルの何かができてしまいました。

でもプロが作ると…

見てください。この差。

さすがとしか言いようがないです。

小籠包クッションをおみやげに

小籠包クッションをギフトにいただきました。

ありがとうございます!(何に使おう…)

大众点评では割引クーポンも!

「大众点评」のアプリもしくはWeChatミニプログラムから「乐忻皇朝」を検索すると、お得なクーポンも表示されます!

大众点评

アクセス・ロケーション

深センには2019年現在 2店舗あります。

  • 卓悦中心店
  • 住所:福田区福华路348号卓悦中心西区L4层L433号
  • 電話:0755-8323 4550
  • 営業時間: 11:00-21:30

  • 深圳湾万象城店
  • 住所:南山区科苑南路2888号深圳湾万象城 B1层B129 号商铺
  • 電話:0755-8666 5230
  • 営業時間:
  • 月ー金: 11:00〜14:30、17:00〜21:30
  • 土ー日: 11:00〜15:00、17:00〜22:00


このような新しいモールができるのをきっかけに、深センに進出し始める海外のレストランも多数見受けられます。

深センのインフルエンサー達に Shenzhen Fanのアピール

深セン在住者にとっては選択肢が増えて嬉しいですね! さあ今夜はどこ行こう?

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事