【速報】広東省、検疫強化措置対象国を25カ国へ拡大

広州日本国総領事館からの情報によると、広東省は3月13日0時より海外からの入国者検疫を強化するとのことです。

検疫強化措置対象国は、以下の25か国となります。

日本,韓国,イタリア,イラン,フランス,ドイツ,スペイン,シンガポール,米国,クウェート,バーレーン,タイ,イギリス,オーストラリア,スイス,マレーシア,ノルウェー,カナダ,イラク,アラブ首長国連邦,ベトナム,オーストリア,スウェーデン,フィンランド,ロシア

深センといえばこの本!

在広州日本国総領事館リンク

オリジナルのURLは以下の通りです。今後最新情報も随時追加されると思われます。

発表内容(抜粋)

発表内容は以下の通り(赤字・青字・太字はShenzhen Fanによる)

広東省は3月5日から,日本,韓国,イタリア,イランの4カ国に過去14日以内に訪問滞在歴があり,広東省の空港,港湾,陸上入国ゲートで入国するすべての者は国籍を問わず14日間隔離することを決定。

また,8日からは入国者への核酸検査を開始することも決定し,加えて,13日0時から検疫強化措置対象国を25カ国へ拡大(注:3月12日に空港関係者から入手した情報)。

※検疫強化措置対象国:日本,韓国,イタリア,イラン,フランス,ドイツ,スペイン,シンガポール,米国,クウェート,バーレーン,タイ,イギリス,オーストラリア,スイス,マレーシア,ノルウェー,カナダ,イラク,アラブ首長国連邦,ベトナム,オーストリア,スウェーデン,フィンランド,ロシア

1 3月11日の時点では,入国者は,空港,港湾,陸上入国ゲートでの体温検査後,居住区ごとに当局が手配した車両で当局指定の施設(ホテル等)に移動し,核酸検査が行われる。その後,検査結果が出るまで指定施設で待機し(数時間から2日間程度),検査結果が陰性の場合のみ自宅待機(14日間)を行う検査結果が陽性の場合,指定病院等で集中的医学的観察や治療がなされる。自宅隔離期間中は,毎日の体温検査などの医学的観察が行われる。

2 当局指定の隔離施設(ホテル等)や病院へは、政府手配のバス等で移動し,その経費は原則として中国政府が負担するが,居住区の判断によりホテル代が自己負担となったケースも報告されている。

3 自宅(隔離)医学観察を行う場合,家族等同居者も同じ日数の(隔離)医学観察を受ける

今後も対象国が増える可能性あり

予想通りアメリカなど対象国が増えてきましたね。

今までは、日本からの入国者に対する14日間の隔離を回避するために東南アジアなどにいったん(14日間)退避して、その後中国へ再入国する、といった方法を考えておられる方も多かったと思いますが、対象国は今後も増えていく可能性はあるので中々予定通りにいくのは難しいかもしれません。

今後も最新情報をチェックし続けていくことをお勧めします。

Shenzhen Fanもできるだけアナウンスしていきます。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事