Lady M
ニューヨークを始め、世界で大人気のミルクレープ専門店「Lady M」が深圳湾万象城に初の出店を果たしました!このお店、日本と深い関係があるようです。
Lady M

「ミル・クレープ」とは?

ミル・クレープはお馴染みのケーキの名前ですね。いくつものクレープのレイヤーの間にクリームが入っていることから、ミルク・クレープを略してミルクレープと思っている人も多いようですが、実際は「千枚のクレープ」というフランス語の"Mille crêpes"から来ているそうです。 実は、ミルクレープは日本発祥だと言われています。過去にはドトールが販売し、多くの人に広まったようですね。今ではコンビニでも手軽に購入できます。 しかし、このミルクレープが海外では高級ケーキとして注目を集めています。 その中でも特に人気なのがLady Mのミルクレープ。Lady Mとはどんなお店なのでしょう?
Lady M 店内

Lady Mの創設者は?

創立者はEmy Wadaさん。Emyさんについてはあまり多くの情報はないようですが、彼女からアメリカの事業を任されたLady M社の社長は日本人の母親を持つKen Romaniszynさんとのこと。 Kenさんは、海外の方にも人気な日本のチョコレートブランド「ロイズ」のアメリカ支社でも働いていた経験を持っているそうです。またKenさんの母は日本食レストラン経営もしているそう。そんな経歴を持ったLady Mはニューヨークで大人気で、中国本土や香港にも数店展開しています。 そして、今回深センで初店舗となるLady M。早速その魅力を探ってきました。

人気メニュー

場所は、华润大厦 “春笋”タワーのふもとに位置し、先日(2018年12月)オープンした深センの新しいランドマーク、深圳湾万象城の一部です。その中でも一番目立つ場所に店舗が置かれています! つまり深圳湾万象城の目玉として強力な集客を見込めるブランド店の一つとして認知されているということですね。
Lady M
华润大厦 “春笋”タワーのふもとに位置
そこまで人気な「Lady M」、一体どんな種類のミルクレープが売られているのでしょうか?また気になる値段は? メニューの一例を見ますと…
Signature Mille Crêpes(经典千层蛋糕)68元 Green Tea Mille Crêpes(抹茶千层蛋糕 )75元 Miroir Caramel(焦糖慕斯蛋糕)[季節限定] 68元 Black Forest(黑森林蛋糕 )[季節限定] 68元 Earl Grey Mille Crepes(伯爵茶千层 )[季節限定]  75元 Rose Mille Crêpes(玫瑰千层蛋糕) 75元
Signature / Green Tea Mille Crêpes
Black Forest
Osmanthus Drop Filter Antigua
他のメニューは当公式ページをご覧ください。 今回は数個しか食べることができませんでしたが、丁寧に作られているミルクレープはやはり美味しく、人気の秘密が分かったような気がします。ただコーヒー一杯45元、クレープ1ピース68元という価格は安くはないですね。 東京都心では珍しくない値段ですが、中国では少し高めの設定に感じます。
とはいえ、いつも行列で大人気です! 空いている時間帯を狙うなら平日の午前早い時間帯がお勧めです。入り口は二つあり、右側がカフェ、左側が持ち帰り専用の列になりますのでお間違えのないようお気をつけください。

アクセス・ロケーション

深圳市南山区粤海街道科苑南路2888号深圳湾万象城L183 L183, The MIXC Shenzhen Bay, No.2888, South Keyuan Road, Nanshan District, Shenzhen
深圳湾万象城についての詳細は以下のリンクを参照してください。
https://www.shenzhen-fan.com/2018-shenzhen-wan-wan-xiang-cheng/
深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事