【News】クレジットカードでAlipay(支付宝)にチャージが可能に!(2019.11.14 追記あり)

朗報です!

なんと、中国の銀行口座がなくてもクレジットカードでAlipay/アリペイ(支付宝)にチャージ可能なサービスが出てきました!

今まで、中国の銀行口座がないとAlipay(支付宝)にチャージができず、中国の口座を持っていない旅行者はキャッシュレス社会の恩恵を受けることが難しかったのですが、これでかなり便利になりますね!

早速、設定方法をお伝えします。

(※ 2019.11.05 注意点と、トップ画面に「TourPass」を表示させる方法 を追記しました)
(※ 2019.11.07 アリババの公式アナウンス情報・ホーム画面に「TourPass」を表示させる方法・2020年以降の手数料情報・TourPassが利用できない時の確認ポイント を追記しました)
(※ 2019.11.14 楽天VISAカードでTour Pass の利用ができなくなった点を追記しました)

目次

(2019.11.7 追記) アリババも正式にアナウンス

アリババも公式アナウンスを出しました。公式サイト(日本語)からの該当情報を少し抜粋しますと

今回、アリペイは上海銀行と協力し、中国を訪問する海外からの旅行客が滞在中にアリペイのモバイル決済サービスを利用できるようにするミニプログラム「Tour Pass」の提供を開始しました。

中国を訪れる海外旅行客が「Tour Pass」を利用するためには、スマートフォンにアリペイアプリをインストールし、所定の情報を登録することが必要です。自身のクレジットカードから上海銀行が提供する専用のバーチャルプリペイドカードに人民元をチャージし、中国国内に限ってアリペイアプリを使ってレストランや店舗で支払うことができるようになります。

プリペイドカードへの最低入金額は100人民元で入金上限は2,000人民元です。プリペイドカードは90日間有効となっており、有効期限以降は残高が自動的に払い戻されます。

アリババ公式サイトより

Photo via Alibaba.co.jp

詳細は以下のリンクからどうぞ↓

不明点は日本語公式サイトのお問い合わせフォームへ

お問い合わせフォームも公開されていますので、不明点は以下のリンクから問い合わせてみてください。

設定方法

Alipay(支付宝)を起動し、「More」を選択

Alipayを起動し、最初の画面でグレーのアイコン「More」を選択(※)

※ iOSで検証(端末のOS/言語設定によっては表示が異なるかもしれません)

Alipay「More」

「+」ボタンの「添加」を選択

ミニプログラムを追加する画面が出てくるので、「+」を選択します。

Alipay「添加」

上部の検索ボックスで「Tourpass」と入力

「TourPass」ミニプログラムを検索します。

Alipay「Tourpass」

 

この「TourPass」をタップすると、プログラムが起動します。

金額を選択(Select Amount)

2000元まで選択可能

「100」「500」「1000」「Other Amount」の選択項目があります。「Other Amount」で2000元までならいくらでも金額指定できます。

Alipay「Select Amount」

今回はMaxの2000元を引き出してみましょう。

パスポート・クレジットカード情報等を入力

正確な情報を入力してください。

クレジットカードはVISA・MasterCard・JCBなど使用可能!

これは嬉しいですね!

Alipay「Card info」

情報入力後、チェックボックスにチェックを入れて「Next」を押してください。

口コミでは、少なくとも以下のクレジットカードは使用可能でした。

  • 楽天(VISA)  ※2019.11.14 追記:楽天VISAカードは使用不可になりました
  • 三菱UFJ(VISA)
  • EPOSカード
  • 三井住友

VISA・Mastercard・JCBならほとんどのカードで可能だと思われます(他に情報ありましたら教えてください)

 

「Chinese Visa Photo」欄はパスポートの写真をアップロードすればOK

日本人はノービザで滞在可能なので、「Chinese Visa Photo」欄にはパスポートの個人情報の書かれているページの写真をアップロードすればOKです。

Alipay「Passport photo」

確認画面が表示

確認画面で「Confirm & Pay」ボタンを押下します。

Alipay「Confirm & Pay」

確認画面に書かれている内容は、ざっくり言うとこんな感じ。

  • Bank of Shanghai(上海銀行)のサービスである。
  • 2019年12月31日までは手数料無料で当サービスを利用可能。
  • 口座から引き落とされる金額は上海銀行の為替レートに変動される。
  • 引出されたお金は90日間使用可能
  • 90日後に、未使用分は銀行口座に返金される

 

最後にもう一度「Confirm & Pay」押下

 

Alipay Paying...

 

チャージ完了!

Alipay チャージ完了画面

これでチャージ完了です!

チャージされているか確認

確認してみましょう。きちんと2,000元が表示されていますね。

Alipay Tourpass

 

支払い方法

ではさっそく、QRコード決済してみましょう。

やり方は簡単。トップ画面の左上「Scan」「Pay」をタップするだけ!

店頭でQRコードが貼られていたら「Scan」をタップして読み込み、金額を入力します。

コンビニのレジなどで店員がスキャナーを持っていたら、「Pay」をタップしてスキャンしてもらいます。

注意点!

(2019.11.5 追記) 個人間送金は制限あり。Tour Passには送金不可

例えばこの、屋台店舗にあるようなQRコードをAlipayの画面から作成して、Tour Pass利用者から送金してもらうことはできるのですが、
逆パターンはできない模様です。つまりTour Passのウォレットに送金することはできません。

Alipay QRコード

まとめると、こうなります。

  •  中国銀行口座紐付けAlipay → 中国銀行口座紐付けAlipay
  •  Tour Pass → 中国銀行口座紐付けAlipay
  • × 中国銀行口座紐付けAlipay → Tour Pass
  • × Tour Pass → Tour Pass

今後仕様が変わったりして、上記の通りにいかない場合もあり得るため100%の保証はできませんが、基本的には出金しかできない…と割り切って使うのが良さそうです。

そのため、(現に時々問い合わせをいただくこともありますが)例えばライブツアーなどのイベントで、中国国内で物品販売を行いたいと計画している関係者の方は、残念ながらTour Passではお客さんからの入金ができないので、中国銀行口座紐付けAlipayを持っているユーザーのQRコードを借りる/送金してもらう、といった他の方法を活用するのが実際的です。

 

(2019.11.7 追記) 2019年内は手数料無料。来年以降の手数料は(恐らく)5%

2019年内の手数料は無料ですが、上海銀行の規約を確認した方の情報によると来年(2020年)以降は手数料5%になるのではないかとのことです。

日本のクレジットカード会社側の手数料を合わせると8%くらいになるのかもしれませんが、日本も消費税10%だし…まぁ想定内ですかね。

 

(2019.11.7 追記) Tour Passが利用できない場合

中国の身分証では不可

外国人向けのサービスなので、中国の身分証では登録できないようです。

香港の身分証も登録できないとの情報も

香港人の方も登録ができない模様です。

中国・香港の身分証ではこのようなエラーがでるようです

(2019.11.14 追記) 楽天VISAカードは使用不可

ユーザーの方が楽天に問い合わせたところ、「Tour Passへの支払いは禁止になったので、チャージできない」との返答があったそうです。
理由は、セキュリティの観点で安全性が確保できていないためで、今後安全性が確保できたら利用再開できるかもしれない、とのこと。
サービス開始直後は使えていましたが、使えなくなっていたのはこれが理由のようですね。

楽天VISAカード以外のクレジットカードで登録するしか現時点で方法はなさそうです。

 

国際版のアプリかどうか確認

Alipay内に「TourPass」アイコンが表示されない場合、中国国内版のアプリを使っているからかもしれません。

公式サイトを見ると、国際版(境外地区版)を奨励しているようですので確認してみてください。

すでに銀行口座を持っている方は、支払い時にカードの選択をする必要あり

今回、初めてAlipayの設定をする方は問題ありませんが、すでに中国の銀行口座があり、Alipayを使用されている方は以下の点に注意。

支払い時に引き出されるお金はデフォルトではすでに設定されている中国の銀行口座ですので、今回クレジットカードから引き出して支払いをしたい場合はカードの選択をする必要があります。

Scan時に「Method」を選択

Alipay 「Scan」カード選択

Bank of Shanghai Debit Cardに切り替える必要があります。

Alipay「Scan」カード選択

 

Pay時に使用カードを選択

Alipay 「Pay」カード選択

ここで、Bank of Shanghai Debit Cardに切り替えます。

Alipay 「Pay」カード選択

これで完了です!

「TourPass」は、お気に入りに入れておこう

チャージをするときには、この「TourPass」アプリが必要なので、以下の手順でお気に入り登録しておきましょう。

トップ画面「More」を選択

Alipay「More」

TourPassアイコンを長押しして「Add to my Apps」をタップ

Alipay「Tourpass」

 

次回からは、トップ画面→「More」で、「TourPass」が画面上部に出てくるはずです。

Alipay「Tourpass」

 

本当は、このアイコンがトップ画面に来てくれると一番ありがたいんですけどね…

(2019.11.05 追記)トップ画面に表示できます!(私が気づかなかっただけでした)詳細は次項で!

(2019.11.5 追記)  トップ画面に「TourPass」を表示させる方法

このままだと、毎回トップ画面から「More」をタップしないとTourPassにたどり着けませんが、Alipayのトップ画面には一番よく使うアプリが11個並べられています。

この中のアプリを一つ長押しすると現れる「Sort」をタップします。

Alipay トップ画面

すると、お気に入りのアプリを並び替える「Manage my apps」の画面が出るので
ここで「TourPass」アイコンを上の方にドラッグしましょう。

Alipay 「Manage my apps」

試しに、一番上にドラッグして、「Done」を押すと…

Alipay 「Manage my apps」

トップ画面で、見事一番上に表示されるようになりました!

Alipay トップ画面

これで、手軽にチャージができますね!

(2019.11.07 追記)ホーム画面に表示できます(iOS)!次項に追記しました!

(2019.11.7 追記)  ホーム画面に「TourPass」を表示させる方法(iOS)

iOSのホーム画面に「TourPass」を表示させる方法が公開されました!

以下手順を記載します。

まず、Tour Pass画面右上の「…」アイコンをタップします。

TourPass ホーム画面設定方法1

すると、左上に新しく「+」マークの添加到桌面というアイコンが新しくできているのが見えます。このアイコンをタップすると…

TourPass ホーム画面設定方法2

ブラウザ(Safari)が起動するので、指示に沿って画面下のアイコンをタップします。

TourPass ホーム画面設定方法3

そして、iOSの機能「Add toHome Screen」(ホーム画面に追加)を選択します(「+」のマーク)

TourPass ホーム画面設定方法4

確認画面で、右上の「Add」をタップ。

TourPass ホーム画面設定方法5

すると、ホーム画面に「TourPass」が表示されました!

TourPass ホーム画面設定方法6

 

iOSしか確認できていませんが、恐らくAndroidも同様の手順でホーム画面に追加可能かと思われます。ぜひお試しください!

画面にアイコンをあまり増やしたくない方はAlipay内のショートカットを設定し、よく使う方はホーム画面に設定するのがいいですね。

エラーが出てもあきらめないで!

エラーが出て先に進めなくても、時間をおけばまたできるようになることもあります。

(私もそうでした)

Alipay エラー画面

たくさんの方が登録を試みてネットワークに負荷がかかっているからかもしれません。

最終手段はお問い合わせフォームから

サービス開始したばかりということも関係しているのかもしれませんが、ネット上では同じ条件でもアイコンが出てこない・登録できないといった報告があるようです。

今後アプリのアップデート等で解決されるかもしれませんが、お急ぎの方は冒頭で記載した日本語公式ページのお問い合わせフォームから質問してみるのもいいと思います。

以下に再度記載します。参考にしてみてください。

旅行者のみならず、在住者にもメリットが

今回スタートした上海銀行のこのサービス、もしかしたら試験的に始めたものかもしれませんが、

在住者にとっても非常にありがたいサービスですよね。

日本の口座から中国元を手に入れるために、ATMでクレジットカードからのキャッシングを行ない
それをまた中国の銀行口座に入金する…といった方法を取る方も多いと思いますが、このAlipayのサービスを活用すればATMに行く機会も減りますね。

ぜひとも恒久的なサービスになり、一層使いやすくなっていくことを願っています。皆さんも試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事