深セン地元スーパーマーケット「人人楽」の店舗閉店相次ぐ

深センでは新たなショッピングモールが次々と誕生する一方で、地元のスーパーマーケット「人人楽」(REN REN LE)の閉店が相次いでいます。

かつては「広東省のスーパーマーケット三大巨頭」と呼ばれていた人人楽ですが、半年で19店舗閉鎖、予想損失額は3億元以上と言われています。

POCKETALK S 中国版発売中!

「人人楽」とは

人人楽(人人乐/REN REN LE)は、かつて「华润万家」「新一佳」と並んで「広東省スーパーマーケット三大巨頭」と呼ばれ、ウォルマートやカルフールなどの国際的な小売大手と真っ向勝負した深セン唯一の地場民間企業でした。

1996年7月に第一店舗をオープンした南山区の人人楽超市(南油购物广场)では、1日の売上高は6万元にも達したほどの盛況ぶり。商品の配置、スタッフの管理など海外のスーパーマーケットの手法を取り入れ、拡大していきました。

順調に成長を続けてきた人人楽は、2010年に深圳証券取引所に上場しました。売上高は100億元を超え、店舗数も100店舗を突破。しかし2012年の129億元をピークに業績が悪化し、2016年と2019年には2回上場廃止の警鐘を鳴らされたこともありました。現在の株価は、当初の高値から80%も下落しています。

2021年上半期には19店舗を閉鎖と発表

7月8日、人人楽は2021年上半期に19店舗を閉鎖したと発表。2007年にオープンした南水店も蛇口エリアの最初で最後の人人楽として2021年3月に14年の幕を閉じました。

Image via 深圳百事通

人人楽は地元の人にとっては子供の頃からの思い出が詰まっており愛着もあるスーパーなので「閉店したらどこに買い物に行けばいいのかわからない」「毎日の夕食の材料をここで買っていたので閉店はとても悲しい」と嘆く人も多いようです。

小売業のダークホースだった人人楽は数年前から次々と店舗を閉鎖しています。2018年から2020年にかけて人人楽は計12店舗を閉店しましたが、2021年上半期の閉店数は過去3年間の総閉店数を上回っています。

以下は2021年上半期に閉店した19店舗のリストです(黄色の行は深セン市内の店舗)

Image via 深圳生活情报局

人人楽に何が起きているのか

閉鎖の主な理由は、一部の店舗の賃貸契約が切れて更新できないことや、売上の減少が続いていることなどで、回復の見込みがない長期的な損失となっていたことが挙げられます。人人楽の店舗は一般的に大型で2階建てのものも多く、高額な家賃がかかります。そのため売上が悪いと大抵の場合は赤字になってしまいます。

Image via 深圳生活情报局

今回の19店舗の閉鎖により6,500万元の損失が発生し、2021年上半期には3億2,000万元から3億7,000万元の損失が予想され、昨年と比較して2倍以上の損失となる見込み。

人人楽はウォルマートなどの他のスーパーマーケットと比べて価格が安く人々の生活圏内にあるのが利点でした。その反面、「種類が少ない」「高級感がない」というデメリットもあるようです。

ちなみに、人人楽には高級スーパー「Le Super」もあります。 こちらは通常営業中。

Image via 深圳生活情报局

伝統的な小売企業は転換を迫られる

現在、百貨店やスーパーマーケットを中心とした伝統的な小売企業の多くが苦境に立たされており、あらゆるものがネットで入手可能な時代にあって変革を切実に必要としています。

人人楽だけでなく、像永辉(Yonghui)や联华(Lianhua)などのスーパーマーケットも同様に、単一店舗の持続的な収益方法を模索する必要に迫られているようです。

Image via 深圳生活情报局

一部の投資家は、人人楽の大規模な赤字店舗の閉鎖は長期的には益となるため楽観視しているようですが、長い間地元に住んでいる深セン人にとって人人楽は思い出の場所なので存続してほしい気持ちもよくわかります。


Source:

深圳生活情报局:深圳又一门店关闭!半年关店19家,预计亏损超3亿,人人乐怎么了?

深圳商报:亏损超3亿!上半年关停19家门店,人人乐还能乐吗?

深圳百事通:再见了,蛇口最后一家人人乐

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事