深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」

深センでも暖かい湯船に浸かることのできるサウナ施設があるのをご存知ですか?今回は深セン 南山区にある大人気のサウナ「中潜潜水世界」をご紹介します。124元で泊まることができる(24時間)のでホテルよりも割安です。そしてこの施設、中でスキューバダイビングもできるんです!


中国には日本の温泉のような施設はあまりありませんが、「桑拿水会」や「水疗会所」と呼ばれる健康ランドのようなサウナスポットがあることをご存知でしょうか?もちろん深センにもいくつかあります。

このサウナでは、日本のサウナセンターのように、まずはロッカーで館内着に着替えてサウナに入ってリフレッシュ、そしてリフレッシュした後はリクライニングができるソファエリアで一休みすることができます。

またサウナで滞在できる時間も長く、チェックインをしてから24時間まるまる滞在することができます。そのためホテルには泊まるほどではないけれど、深センで一泊して朝すぐに移動したい人などにおすすめです。

一回の価格は100元~150元(1800円~2700円)くらいが相場なので、深センの都心のホテルの一泊と比べるとやや割安でしょう。

今回は、南山区の桃园駅から徒歩3分のところにある「中潜潜水世界」をご紹介します。ここは男性だけでなく、女性も家族連れでも利用することができます。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

地下鉄の桃园駅を出て徒歩3分で見えてくる立派な建物

深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」 は地下鉄桃園駅から徒歩3分

地下鉄1号線の桃园駅のA出口から東側、深セン大学の方向に3分ほど進むと左側に大きな建物が見えてきます。

深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」

看板の周りにはタツノオトシゴのオブジェが並び、入り口にでっかくイルカのオブジェが立っているので、すぐに気づけるかと思います。

カウンターでロッカーの鍵を受け取る

深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」 の回転ドア

回転式のドアを進むと、非常に大きなロビーに十数人ほどの従業員が並び「欢迎光临!您要什么?」と大きな声で言われるので、サウナに入りたいことを伝えましょう。

深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」

健康ランドのサウナのことを中国語で「净桑(jìng sāng)」といいます。フロントにメニューがあるので、「成人净桑」を指さしてこれに入りたいと伝えれば通じます。

こちらの中国語が苦手だと分かると、電卓を叩いて「124」という数字を出して価格を教えてくれます。「成人净桑」の料金は108元なのですが、なぜ高いのかというと、この124元は15%のサービス料を入れたもの。メニューにかかれている値段と違っていると思ってもご安心を。

深センのサウナ・スーパー銭湯「中潜潜水世界」 で渡されるブレスレット

こんな感じでリストバンドが渡されます

会計は後払いのため、この場で支払うことはなくロッカーの番号が書かれたリストバンドを渡され、これを持って階段を上がるように言われます。

ロッカールームで衣類を脱ぐ

深セン、中潜潜水世界のロッカールーム

2階へ上がり、男女別れてた先にロッカールームになります。ロッカールームにはスタッフが待機しており、リストバンドの番号を見てロッカーの場所まで案内してくれます。

深セン、中潜潜水世界のロッカーのなか

それなりの大きさのリュックなら楽々入りそう

案内だけかと思いきや、「服を脱いでください」と言われ、脱いだ服を一つ一つハンガーに掛けてくれます。パンツまでハンガーにかけてくれるサービスっぷり。

深セン、中潜潜水世界のロッカールームにあるタオル

裸になったらロッカールーム内にタオルがあるので、それを持って大浴場のあるエリアへ移動します。

この時に携帯は持っていくように言われます。大浴場のすぐ手前にスマホを入れる小さなロッカーがあるので、サウナや大浴場に入る人はそこにスマホを預け、リストバンドをかざして鍵をかけます。用が済んだ人はロッカーからスマホを取り出して、休憩エリアに移動するという流れのようです。

スチーム・ドライ・岩盤浴、3種類のサウナを完備

深セン、中潜潜水世界の大浴場

訪問時は空いていて誰も浴槽に入っていませんでした

大浴場はこんな感じに。水族館をイメージしているようで、大浴場が水槽になっています。

深セン、中潜潜水世界のサウナ

この大浴場と反対側に3種類のサウナルームがあります。その種類は以下の通り。

干蒸:40度くらいの岩盤浴レベルのサウナ。横になることができる。
汗蒸:80度ぐらいのドライサウナ、いわゆるフィンランド式サウナ
湿蒸:60度くらいのスチームサウナ

深セン、中潜潜水世界のウォーターサーバー

サウナの入り口にはウォーターサーバーが設けられていて、無料で水を飲めます。

深セン、中潜潜水世界の大浴場

一番に大きい浴槽は20度くらいでほどよい冷たさ

サウナに入ってジワジワと火照った身体を、水風呂にドボンと入れたいところですが、水風呂の温度は8度くらいと非常に冷たいです。入ってもすぐ出たくなるレベルの温度。一方で、一番大きい浴槽が20度くらいとやや冷たいぐらいの温度なので、ここで長い時間を掛けて身体を冷やすほうがよいでしょう。

深セン、中潜潜水世界には歯ブラシ等のアメニティがある

ちゃんと歯ブラシ等のアメニティは完備

また大浴場の両端にはシャワールームがあり、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープは完備されています。シャワールームの洗面台の側には、歯ブラシやカミソリ等のアメニティも用意されています。

サウナが終わったら館内着に着替えて、上の階の休憩ルームへ

ひととおり洗髪・洗体をしてサウナや大浴場を満喫したら、預けていたスマホを取って館内着に着替えましょう。

深セン、中潜潜水世界の館内着に着替える場所

館内着は大浴場から共有スペースに向かう途中にあります。

こちらで自分のサイズに合った館内着を選び、共有スペースに抜けて更に上の階へ。

深セン、中潜潜水世界のサウナ後の休憩スペース

男性だけじゃなくて女性もくつろいでいました

こちらがその休憩スペース。横になれるリクライニングソファが並んでおり、薄暗い部屋の中で休むことができます。

休憩できるソファ席では映画を見れるほか、果物や飲み物を無料で注文可

休憩スペースに入ると、マッサージをしてくれるスタッフが後に続いてきて「按摩はどうですか?」とメニューを出して聞いてきますが、必要でなければ「不用(bù yòng)」とお断りすれば大丈夫です。

深セン、中潜潜水世界の休憩スペースではタッチパネルディスプレイがある休憩スペースのソファには、タッチパネルのディスプレイが備え付けられており映画などを見ることが可能。

深セン、中潜潜水世界の休憩スペースではタッチパネルディスプレイがある2

中国映画・ハリウッド映画だけでなく日本の映画もあります

中国や欧米の映画だけでなく、日本の映画もジャンルとして入っています。おそらく全て字幕なので音声は日本語で聞けます。

深セン、中潜潜水世界の休憩スペースではタッチパネルディスプレイがある3

すべての映画が無料ではないのですが、新作など有料の映画を見たい場合はQRコードを読み込んで決済すれば見ることが可能のようです。

ソファ席にはフードメニューが置かれており、飲み物や料理を注文することが可能です。

深セン、中潜潜水世界3階の休憩スペースにあるフルーツバー

休憩スペースのとなりにフルーツバーがあります

飲み物や果物に関しては、サウナのサービスの中に含まれており無料で注文することができます。休憩室の前にフルーツのカウンターがあるので、直接注文してもよいですし、スタッフを呼んで頼むこともできます。今回はフルーツの盛り合わせ(杂果 zá guǒ)を注文してみました。

深セン、中潜潜水世界で注文したフルーツ

ドラゴンフルーツがあるのが南国らしい感じ

盛り合わせは、こんな感じで来ます。

深セン、中潜潜水世界の食事メニュー

ちなみにフードの価格はこんな感じです。外で食べられる一般的なものと比べると、少々割高かなという印象でした。

ソファ席はフルフラットにすることができ睡眠を取ることが可能

深セン、中潜潜水世界のソファ席ではフルフラットで休憩が可能

フルフラットで寝るとこんな感じ

このソファ席はリクライニング機能がついており、180度のフルフラットで横になることが可能。そのため休憩だけでなく、睡眠を取ることができます。このソファー、日本のスーパー銭湯にあるソファーよりも心地が良いです!

深セン、中潜潜水世界のソファ席にはスマホ盗難防止用の箱がある

スマホを持ち込んでいるので盗難されるのではないかと気になるところですが、ソファ席のとなりのテーブルにリストバンドで施錠・解錠ができるスマホ入れがあるのでそこに預けましょう。ここに預けないとスタッフさんが入れるように指示してきます。

深セン、中潜潜水世界のソファ席では布団まで借りることができる

朝、気がついたら厚めでフカフカの布団を掛けてもらっていました。いいサービスです。

寝るときには、風邪を引かないように厚手の布団を提供してくれるのも良いポイント。

実際の睡眠した時の環境ですが、スタッフの声が聞こえてきたり、他の人が観ている映画の音声が聞こえてくるのであまり良いとはいえません。例えば新幹線などの声が聞こえる環境の中で寝付けられる人にはこの環境は特に問題ないかと思いますが、ちょっと気になってしまう人なら耳栓・アイマスクを持ち込んでおくことをおすすめします。またなるべく入り口よりも奥のソファ席に座ることで少しは回避できそうです。

共用スペースでのマッサージより少し割高になりますが、個室でのマッサージを頼めば、マッサージ後にその場で静かに寝ることができます!
共用スペースでのマッサージは89元くらい、個室マッサージは100元くらい+チップ なので、値段の差を考えると個室マッサージの方が良いかもしれませんね。

最後はフロントでリストバンドを渡してチェックアウト

深セン、中潜潜水世界のレシート

フリーの飲み物とフルーツを注文しましたが、会計ではしっかり124元でした。

チェックアウトは下に降りてロッカーで着替えて、フロントにリストバンドを渡せばOK。無料のドリンクとフルーツ以外注文しなかったのですが、入店時に言われた124元のままでした。レシートには「港币」と書かれているので、香港ドルでの支払いもできそうです。

深セン、中潜潜水世界はスキューバダイビングのライセンスを取れる場所でもある

余談ですが、この店は名前が「中潜潜水世界」とあるように、屋内でスキューバダイビングの体験やスキューバダイビングのライセンスを取ることができるレジャー施設でもあります。

まとめ:遅くに深センに到着したり、安く滞在したい人にはおすすめ!

以上、深センのスーパー銭湯「中潜潜水世界」のご紹介でした。

宿泊という意味では、「サウナ+無料のドリンク・フルーツ+フルフラットで仮眠」で124元(約2,000円)は非常にコスパの高い施設だと考えられます。

入店時から24時間滞在ができるため、夜遅くの到着でも全く問題がありません。中国のホテルは夜遅くに到着してしまうと予約がキャンセルされてしまう場合もありますので、ここなら安心ですね。

また深セン中心地のホテルの1泊の相場と比べると割安なため、なるべく安く滞在したい人にもおすすめできます。身軽な格好の方であれば何泊も利用するには苦にならないでしょう。

店名:中潜潜水世界
住所:中国深圳桃园路田厦国际中心1-3层
電話番号:0755-33227888
公式サイト:http://www.chinadive-world.com/

お得なクーポン情報

中国の口コミサイト「大众点评」に、この店のクーポンがあり、お得なのでご紹介します。

深セン、中潜潜水世界は大众点评のクーポンが使える

朝8時~夜21時の限定にはなりますが、このクーポンを使うと88元(大众点评のクーポンを使うのが初めてなら80元)でサウナ+2種類のマッサージを受けることができるとのこと。通常マッサージは追加料金が79元~89元なので、深夜に滞在することはできませんが、クーポンなしでサウナに入るよりも実質半額以下で利用ができる計算になります。これにプラス、サービス料の15%が別途かかるかもしれません。

また、もし2名で利用する場合は、20元プラス(合計108元)することで、それぞれ1種類のマッサージとサウナを楽しむことが可能だそうです。

(ただ、実際にこの値段でサービスを受けられるのかは試していないので現時点では分かりません。どなたか使われた方おられましたら教えてください)

クーポンの詳細は以下のリンクよりどうぞ。
http://t.dianping.com/deal/23205402

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事