(11/19 追記あり)微信支付(WeChat Pay)支払い機能が停止したときの対処法

11月15日の夜からWeChatの認証要件が厳しくなり、中国在住の外国人の中で、商品の購入や送金/受金時に微信支付(WeChat Pay)が突然ロックされるという現象が頻発しています。

当記事ではこの現象の原因と対処法についてお伝えします。

(11/17 追記)現在、ロックされていた微信支付の送金/受金が再度利用可能になった方が増えています。恐らく影響度を考慮してWeChat側による認証基準が緩まったものと思われますので、先日までロックがかかっていた方は再度送金を試してみてください。

(11/19 追記)その後に報告された幾つかの情報を追記しました。

Amazon BLACK FRIDAY

WeChat送金/受金時に起きるロック現象

当現象は、微信支付(WeChat Pay)のウォレットから支払いを行う時、また友人に送金/受金を行おうとすると、以下の「認証が必要」とのメッセージが出るケースが増えています。(端末の設定によって表示言語が変わります)

上記の「認証する」のボタンを押すと、「新たな2枚目のカード登録が必要」とのメッセージが出ます。

本人認証強化の一環のためと思われますが、多くの人の場合複数の銀行カードを持ち合わせていないので、この時点でどうしたら良いか分からなくなってしまいます。

原因

WeChatの認証要件に引っかかってしまうケースはいくつか考えられています。

登録銀行口座名の不一致

WeChatに登録されている銀行口座名が、銀行に登録されている名称と一致しないケース。

このケースは特にミドルネームを持つ外国人の中で大きな問題となっている模様です。例えば口座開設時に窓口でミドルネームを名字にされてしまったり、名字を先に指定されてしまったり、名前にスペースを入れずに登録されたり、順番がおかしなことになるケースも見受けられているのだそう。

そうなると、当然のことながらWeChat上の登録名称と一致しないので、凍結されることになります。ビザを持たない外国人が銀行口座を開設するのは難しいために知人の銀行口座を譲り受けて使用しているケースも当てはまります。

また、2枚目の銀行口座を持っている場合でも(すでに登録済みの)1枚目の銀行口座と姓名が完全に一致していないと登録できないとの話もあります。(名/姓が逆に登録されているケースもあるようです)

(11/19 追記)「中国銀行」は要注意

2枚目銀行口座追加時の注意点です。中国銀行のみ他行と姓/名の順番が逆のため、他行と一緒に登録することができないようです。

WeChatの登録電話番号(SIM)の登録名義と銀行口座名の不一致

WeChatの登録銀行口座名が一致している場合でも、SIM(WeChatに登録している電話番号)の登録名義が異なっている場合も認証要件に引っかかってしまうことがあるようです。

例えば、中国で他人名義のSIMを使い続けていた方や、日本に戻ってWeChatに登録してある電話番号を日本の番号に変えた場合などが考えられます。

WeChat登録時のパスポート情報と銀行口座のパスポート情報不一致

銀行口座開設時に登録したパスポート情報と、WeChat内で登録してあるパスポート情報が一致しない場合も認証に引っかかることがあります。特に近年パスポートを更新された方は注意が必要です。

上記はネットやグループ内で報告されていたケースをまとめたものです。上記以外にも原因は考えられ、ケースごとに表示されるエラーメッセージも異なる模様です。

解決方法

すべてではありませんが、多くの人にとって以下のステップを踏むことで、この問題を解決できるようです。

(11/19 追記)WeChatウォレットの残高をゼロにせずに微信支付(WeChat Pay)を再登録する

パスポート更新時もこの手順で再度実名登録を行うことができます。

(中国語)我→支付→钱包→身份信息→更换实名→更换实名

(日本語)自分→Pay→ウォレット→身份信息→更换实名→更换实名

以下の画面で「保留在零钱」を選び、再度実名登録と銀行カード登録すると残高も復活します。

WeChatウォレットの残高をゼロにして微信支付(WeChat Pay)を再登録する

上記方法(WeChatウォレットの残高をゼロにせずに微信支付(WeChat Pay)を再登録する)でうまくいかない場合に、以下の方法をお試しください。

1、WeChatウォレットの残高をゼロにする(または限りなくゼロに近い状態にする)

2、すべての自動支払い(例:DiDiなど)をキャンセルする

WeChat Payの右上の「…」マークより、自動支払い設定をオフにします。

3、リンクしている銀行カードをすべて削除する

4、「支払い管理」でWeChat Pay(微信支付)をキャンセルする

5、再度WeChat Pay(微信支付)を追加する

6、IDの確認

7、銀行カードの追加

*カードを連携させるためには、本人の電話番号と名前の綴り・順番が銀行と完全に一致している必要があります(スペースを含む)。

8、認証用のテキストメッセージコードを受け取る

簡単にいうと、WeChatウォレットの情報をいったんリセットし、銀行口座側の情報に合わせるということですね。

注意点

(11/19 追記)リセットすると乘车码の再登録ができない

地下鉄などで利用されるWeChatの乗車用コード「乘车码」(乗車码)の再登録ができなくなったという報告も聞かれます。再登録時は中国身分証以外は受け付けられず、外国人のパスポートで登録ができません。

この点に関しては、少し前から中国身分証の実名登録が必要になったようです。今回のリセットで使えなくなったのは仕方がないので他の交通カードを利用するしかありません。

例えば、(深センであれば)WeChatの「深圳通+」ミニプログラムなどが代替できます。

銀行カードが失効したり、銀行口座が閉鎖されている場合

WeChatウォレットをゼロにするには、ウォレットの残高をWeChatに紐付けられている銀行口座に送る必要がありますが、銀行カードが失効したり、銀行口座が閉鎖された場合はウォレットをゼロにはできません。

その場合、WeChatに登録されている既存の銀行名と一致する名前(およびパスポート番号)で新しい銀行口座を開設することが勧められています。

この部分ですが、現在中国国外に出ている外国人で銀行口座が凍結されている方は一定数おられるようです。その場合は中国で新しい口座を作ることができないので、なす術がありません。

(11/19 追記)まとめ

11月17日の変更で、多くの方々はリセット作業を行わずに(恐らくテンセント側の対応で)微信支付を利用できるようになりましたが、引き続き利用不可の場合はまずWeChatウォレットの残高をゼロにせずに再登録を行う方法をお試しください。(パスポート更新時も同様)

それでもダメなようならWeChatウォレット残高をゼロにしてリセットし再登録を行いますが、上記のようにテンセント側で認証のレベルを緩める可能性も引き続きありますので少しの期間待ってみるのも良いかもしれません。

テンセント側の対応により再度利用可能になった方も、この先また審査基準が厳しくなって微信支付が使えなくなる可能性は残念ながらあり得ますので、多額のお金をWeChatウォレットに入れている方は今のうちにある程度の額を別のところに退避させておくのも良いかもしれませんね。

また続報ありましたら追記いたします。


Source:

That's Shenzhen: With WeChat Money Frozen, Exasperated Expats Light Up Groups

That's Shenzhen: Here’s How to Fix That Big WeChat Pay Issue

ExpatHub: Wechat Pay problems today? Here's how to fix it.

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事