SoftBankのBYD生産マスク月3億枚供給:深セン地元メディアの反応は?

SoftBankグループの孫正義会長兼社長が、BYD(比亜迪股份有限公司)と提携して月3億枚のマスクを日本国内に供給するというニュースが先日報じられました。

このニュースはBYDの本拠地でもある深センでも各メディアが報じていました。日本が武漢を支援してきた点も取り上げ、好意的な反応です。

Source:

深圳卫视深视新闻:最新!比亚迪与软银合作 每月向日本供应3亿口罩!

环球时报:孙正义与比亚迪达成协议:每月向日本供应3亿个口罩

天极网:大公司新闻:苹果与谷歌联手打造美国版健康码;软银将与比亚迪合作生产口罩

腾讯财讯 :比亚迪转型“口罩厂”与软银合作 每月向日本供应3亿口罩

深圳梦:深圳比亚迪再出手!与软银合作每月向日本供应3亿口罩!与丰田合资研发纯电动车

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

各社の報道基本内容

各社の報道内容は日本とほぼ同じ。孫氏のTwitterスクリーンショットとともに以下の点を伝えています。

  • ソフトバンクが日本に供給する月間3億枚のマスクには、1億枚のN95マスクと2億枚の通常の医療用マスクが含まれる。
  • ソフトバンクは日本政府のマスクチームと協力して、日本の医療現場でできるだけ多くの人々に利益なしでマスクを提供する。
  • 日本の人口は約1億2,500万人。
  • BYDの生産能力は1日あたり1,500万枚に達している。
  • 現在日本は現在緊急事態宣言下にあり、流行が深刻な状態。
孫正義氏のツイート

深圳卫视深视新闻

深圳卫视深视新闻は加えて以下の内容を伝えています。

  • BYDは、ソフトバンクへのマスクの供給は海外の中国人を支援する能力の範囲内で海外諸国に材料を提供するという中国政府の呼びかけに応えるものである、と述べた。
  • 今年の初めに中国で新型コロナウイルスが蔓延して以来、日本政府がチャーター便で武漢市民に物資を運んだり、日本が中国を支援してきた。
  • 中国は日本に防疫資料等を提供し、日本側は心からの感謝を表明した。

腾讯财讯

腾讯财讯メディアは、以前に孫氏が100万個の新しいコロナウイルス核酸検出キットを無料で提供するとTwitter上で発表したが医療崩壊を引き起こすとして反発を生んだこと、そしてその代わりとなる100万枚のマスク提供も反応は良くなく、コロナウイルス100万個の検査キットと比べて少ないとテレビでも疑問視されていたが、今回の大規模な海外購入については概ね好意的で孫氏の努力は感謝されている、と伝えています。

天极网

天极网では、AppleとGoogleが新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けて協業するニュースと並列の見出しでSoftBankのBYDマスク供給を扱っていました。

BYDのマスク生産に関する情報も

有名な電気自動車メーカーであるBYDは2月からマスクを製造していて、これまでに湖北省やその他の被災地での活動に参加して500万枚を超えるマスクを寄付しています。

BYDは3,000人以上のエンジニアと、春節期間中に深センに残った他の従業員とともに、1ヶ月以上にわたって多くの困難を克服し、驚くべき「BYDスピード」を次々に生み出しました。

彼らは3日間で400以上の機器図面を描き、7日間でマスクマシンの生産設備の研究開発と製造を完了したとのこと。(市場ではマスクマシンを構築するのに15日かかると言われています)

Photo via 深圳卫视深视新闻

BYDグループの創業者で会長でもある王传福(Wang Chuanfu)氏は「中国の製造業の代表として、私たちは立ち上がってマスクの製造を支援するために全力を尽くすべきだ」と述べました。

BYDマスクは、アルバニア、エチオピア、フィジーなど19の国と地域に入り、中国外務省の “健康包”(健康キット)とともに、現地の中国人に医療保護を提供しているそうです。

腾讯财讯は3月29日にBYDマスクの1日あたりの生産量が1000万枚であることを明らかにしたことから、BYDグループのマスク総生産量が日本に供給されるマスクの数になると報じていますが

Reutersでは、BYDの1日の生産量は1500万枚に達したと報じているので、そうだとすると(毎日稼働なら)1500万×30日=月間4億5000万枚のマスク生産量ですね。そのうち3分の2をソフトバンクが買い取って供給するという計算になります。

いずれにしてもBYD生産量の大半をソフトバンクが日本に供給することは間違いないですね。

Photo via 深圳卫视深视新闻

BYDはトヨタと合弁で電気自動車研究開発会社を設立(4/2)

深圳梦は同時に、BYDとトヨタ自動車が2020年4月2日に合弁で電気自動車研究開発会社「比亚迪丰田电动车科技有限公司/BYD TOYOTA EV TECHNOLOGY CO.,LTD」を設立したと報じました。

前から噂になっていましたが、ついに実現したようです。

孫さんはTweetでBYDのことを「世界最大マスクメーカー」と表現していますが、BYDの本業は世界最先端の電気自動車メーカーで、深センで走っているバス・タクシーはほぼ全てBYDのEV車です。ネット上の反応を見るとあまりそれが知られていないように感じます。

しかし、電気自動車メーカーがわずか2ヶ月で世界最大のマスクメーカーになってしまうのはすごい。

余談ですが、BYDって「Build Your Dreams」の略だったんですね。知らなかった…

中国のマスク生産能力は1日2億枚を突破

中国はマスクの世界最大の生産国です。BYDを始めたくさんのメーカーが製造ラインを切り替えてマスク生産に乗り出した結果、今年3月には中国の毎日のマスク生産能力が2億を超え、世界の総生産能力の90%以上を占めています。

中国は4月10日からマスクの品質基準を強化しました。そのため出荷のプロセスには時間がかかりますが、粗悪なマスクは減っていくことが期待されます。一刻も早い供給が待たれますね!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事