【深セン空港】「サテライトホール」運用開始:空港のキャパシティは大幅拡張

12月7日、深セン宝安空港でサテライトホール(深圳机场卫星厅)が正式オープン。

ターミナル3のサテライト(衛星)としての役割を持つ当ホールは、すべての搭乗ゲートに顔認証システムを搭載し、自動化された荷物輸送システムによりわずか3分で荷物を輸送できる最新機能を備えています。

深セン空港サテライトホール

今回オープンした深セン空港サテライトホールは、ターミナル3(T3)の北側、第1滑走路と第2滑走路の間に位置しており、主構造は「X」の形をしています。

GIF via 深圳机场发布

建物は地上4階、地下1階に分かれ、総建築面積は約24万平方メートル、年間旅客処理量は2,200万人を想定。

オープン当日は各メディアが大々的に様子を伝えていました。

フライトゲートが500番台(501-583)の乗客は、ターミナル3でのチェックインとセキュリティ手続きの後、卫星厅(Satelite Hall Entrance)行きの構内列車に乗り、サテライトホールから搭乗することになります。

Image via 深圳机场发布

各階の構造は以下の通り。

地下1階(B1)

地下一階は、主に構内電車のプラットフォームとなります。

歩行距離を短くするために、構内電車プラットフォームはサテライトコンコース地下一階の中央に配置されています。乗客は、構内電車出発プラットフォームからエレベーターで3階の国内線出発ラウンジに移動し、各ゲートまで徒歩で移動することができます。最も遠いゲートまでの距離はわずか300mです。

Image via 深圳机场发布

地上1階(1F)

地上一階は、主に構内電車到着時のラウンジと定期便以外のラウンジとなります。

Image via 深圳机场发布

地上2階(2F)

地上二階は、国内線到着レーンと国内線出発プラットフォーム、また多機能サービスホールがあります。

Image via 深圳机场发布

地上3階(3F)

三階は、国内線出発ラウンジ、商業施設、その他サービス施設となります。

乗客が休憩できるように設計された屋外テラスから、海や山、離着陸する飛行機などの景色を楽しむことができます。

Image via 深圳机场发布

地上4階(4F)

四階は「ファーストクラス&ビジネスクラス」の旅客ラウンジです。

ターミナル3との統合運用

深セン空港は現段階でターミナル3との統合モードを採用しています。サテライトホールは独立して運営するのではなく、構内電車システムを通じてターミナル3と接続し、ターミナル3に付随する旅客の待機、搭乗、到着、乗り継ぎを請け負うことになります。

GIF via 深圳机场发布

そのため、チェックインカウンターと手荷物受取所(baggage claim)はターミナル3に置かれます。

乗客はターミナル3でチェックイン手続きを行い、サテライトホールへ向かうことになります。

一方、サテライトホールに到着した旅行者は、ターミナル3の手荷物受取所で荷物を受け取ります。RFIDを搭載した荷物輸送システムは完全に自動化されており、1.7km離れたターミナル3まで3分で荷物を輸送することができます。

Image via 深圳机场发布

サテライトホールへの構内電車プラットフォームの入り口は、ターミナル3のセキュリティチェックエリアの後ろに位置します。ターミナル3のセキュリティを通過すると、サテライトホールのゲートエリアを示すサインが見えます。

Image via 深圳机场发布

サテライト(衛星)ホールはその名前の通り、惑星を周回する衛星のように、ターミナルに依存した機能の延長線上にあることが意図されています。

デザイン・機能にもこだわりが

巨大な3Dディスプレイ

ホールには巨大な裸眼3Dディスプレイが!天井に設置されているようなので、ぜひチェックしてください。

Image via 深圳机场发布

4つのテーマ「春・夏・秋・冬」

ホール内は「春・夏・秋・冬」の4つのテーマに分かれており、それぞれにエメラルドグリーン、ダークグリーン、メープルレッド、ダークブルーの4色のシートやカーペットを配置し、季節ごとの特徴をアピールしているのだそう。

USB TYPE-Cポートも完備

細部も非常に使いやすく設計されています。各座席にはUSBとTYPE-Cのポートが装備されています。

Image via 深圳大件事

4つの子供向けエリアも

また、ホールには4つの子供向けエリアが用意されており、子供連れの乗客がフライトの待ち時間に当エリアを利用できます。

Image via ShenzhenDaily
Image via 深圳机场发布
Image via 深圳机场发布

授乳室等の設備も充実

各洗面所の入り口にはインテリジェントディスプレイが設置されており、稼働状況や周囲の洗面所の位置を把握可能。各洗面所の隣にはマザー&ベビールームがあり、無料のおむつや生理用品も用意されています。

すべての搭乗ゲートに顔認証システム

すべての搭乗ゲートには顔認証システムも装備。今までの空港はスタッフが毎回パスポートとチケットと乗客を目視で確認する必要がありましたが、かなりスムーズな搭乗が期待できそうです。

Image via 深圳大件事

ショッピングエリアには80以上の店舗が入居

ショッピングエリアの面積は6,000m²以上あり、80以上の店舗が展開中。

Image via 深圳机场发布

エリアは「星享大道」「圳·品味」「圳·记忆」3つのゾーンに分かれているようです。

緑に囲まれたエリアも多数

サテライトホール内には50種類の植物が植えられており、300m²の景観の良い屋外庭園もあるのだそう。

Image via 深圳机场发布

深セン空港は今後も各施設の拡張を予定

今後の運営計画によると、サテライトホールは乗客の動線に合わせて柔軟に配置されることになり、乗客の流れやルート分布に合わせてホールの運用を最適化し、継続的にフライト効率を高めていくとのこと。

Image via 深圳机场发布

深セン空港グループのChen Jinzu会長によると、サテライトホールの運営は新たな出発点であり、第14次5ヵ年計画期間中に、第3滑走路や空港東輸送ハブの建設、また第2ターミナルの増改築を推進しています。

すべての新施設が整った後、当空港の年間旅客数は1億人になると予想されています。


Source:

dutenews.com : 深圳机场卫星厅来了!登机口5字开头要这样乘机

深圳机场发布:明天(12月7日),深圳机场卫星厅将正式启用,旅客乘机出行要注意这些~

ShenzhenDaily: Satellite hall expands SZ airport capacity 深圳机场卫星厅投入使用

深圳大件事:刚刚,正式启用!深圳有人已体验,多图直击现场

深圳机场发布:“星”体验 | 商务办公、嗨吃购物、观景休闲...深圳机场卫星厅全能“行”!

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事