深センの人気カフェ『gaga』の新形態「gaga T BAR」今度は紅茶バー!深圳湾万象城にオープン!(1/16)

深センの大きなモールに次々と出店し、外国人や若者たちの憩いの場となっているお洒落カフェ『gaga 鲜语』
そのgagaが、またもや新形態の店舗を2020年1月にオープンしました!

その名は「gaga T BAR」

深圳湾万象城の有名本屋「YAN(前檐)」内のお洒落な空間にバーカウンターを設置し、厳選された紅茶・中国茶・緑茶(日本茶)等を楽しめます!

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

勢いの止まらない「gaga」グループ

gagaはカフェのみならず、 2017年末には「gaga chef」を高新园の万象天地にオープン。そして2019年には「gaga GARDEN」を蛇口エリアにオープンし、いずれも客足の途絶えない人気スポットとなっていますが

gagaは2020年も新たな挑戦を仕掛けます。「gaga+」という旗艦店が福田区にオープンして話題となっていますが、今回ご紹介するのは深圳湾万象城にオープンしたばかりの「gaga T BAR」です!

「gaga T BAR」とは

お茶の体験を再定義するというこの新ブランド。店舗には "T-Master" が丁寧にお茶を抽出してカウンター越しに提供します。

深圳湾万象城 - gaga T BAR | 新春新据点,邂逅最美天台花园 より

圧巻の店舗デザイン

「gaga T BAR」は深圳湾万象城の有名書店「前檐书店」(YAN)内にオープンしましたが、この書店も代官山蔦屋「T-SITE」等で有名な建築家 池貝知子さんのデザインによるもので、非常にスタイリッシュです。

以下の写真の奥のスペースでは度々デザインイベントを行っていて、当サイトでも何度か特集したことはありますが

ただの本屋を超えた人気スポットとなっていますね。

gaga T BARは、この前檐书店と完璧に調和した店舗デザインで、若者の人気を博しそうです。

見てくださいこのインスタ映え写真を()

外のテラスが最高!

テラスに出ると…

深センのランドマーク「华润大厦 "春笋"」タワーが一望できるこの景色!

最高のロケーションで、最高のティータイムを楽しめます!

メニュー

多種多様なブレンドティーが提供されています。
価格帯はこんな感じ(メニューが見づらくてすみません)

「GIN&TEA」

ジンとお茶をブレンドする「GIN&TEA」というメニューも!

コーヒー専門店で見るようなドリップ機器を使ってお茶を淹れているようですね。(gagaはコーヒーも提供しています)

写真はコーヒーではなくお茶抽出中

ケーキや巨大なかき氷も!

ケーキなどのスイーツも提供しています。

抹茶黑豆冰花

このかき氷は、日本黒豆+宇治抹茶+北海道生乳とのことで

注文してみました!

でかい!!

一人では食べきれません。二人でやっと食べられるかというくらい。

ドリンクは、Yunnnan Black Teaを注文してみました。

中国茶美味しいですね。飽きない。

Berry Sangria Tea(莓果碰红茶)と、Da Hong Pao Bubble Tea(就要大红袍)

若者に人気が出そうなドリンクです。

サービスで、Grape Senchaを試飲させていただきました。

ブドウの香りと緑茶がブレンドされています(香りは甘いけど味は甘くない)

添付のお茶菓子もいい味出してますね。

 

1/31までは「买一贈一」サービス中!

1/31までの期間は、以下の対象商品を一杯注文すると一杯無料です。

春節やコロナウイルスの影響でまだお客さんは少ないので、今のうちに訪問してみるのもいいかもしれませんね。

お勧めのカフェスポットがまたひとつ増えました。

近くを通る時はぜひ寄ってみてください!

アクセス・ロケーション

住所:深圳市南山区科苑南路2888号 深圳湾万象城3F
地下鉄11号線「后海」駅から徒歩約8分(地下鉄2号線側からはもう少し距離があります)

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事