深セン市の2022年1~3四半期GDPは約2兆3000億元、前年同期比3.3%増

10月29日、深セン市統計局は2022年第1~3四半期における深セン市の地域総生産(GDP)を発表。GDPは2兆2,925億910万元で、前年同期比3.3%増となりました。

特に好調なのはやはりハイテク製品の生産で、新エネルギー自動車は前年同期217.3%の増加。5Gスマートフォンやドローンなども拡大しています。

中国渡航ホテル隔離グッズ特集!

2022年第1~3四半期GDPは、2兆2,925億910万元

第1〜3四半期の同市の(一定規模以上の)工業付加価値は前年同期比6.2%増となり、上半期を0.3ポイント上回りました。 業種別では、(一定規模以上の)鉱業は7.8%増、製造業は6.1%、電気・熱・ガス・水道業は7.0%増。主要産業のうち、(一定規模以上の)自動車製造業105.9%増石油・ガス採掘業6.6%増特殊機器製造業7.0%増コンピューター・通信・その他の電子機器製造業3.9%増となりました。

image via ShenzhenDaily

ハイテク製品は引き続き急拡大

主要なハイテク製品の生産高は引き続き急拡大し、新エネルギー自動車217.3%充電スタンド130.0%5G スマートフォン37.4%民間ドローン28.7% とそれぞれ増加しました。

固定資産投資は堅調な伸びを維持し、産業投資は35.1%増加

第1〜3四半期の同市の固定資産投資は、前年同期比12.1%増。産業投資は35.1%増と高い伸びを示し、うち製造業投資は27.2%増不動産開発投資は8.7%増となりました。産業別では、第2次産業への投資が35.1%増、第3次産業への投資が8.5%増。ハイテク産業への投資は活発で、電子・通信機器製造業が48.7%増などハイテク製造業が28.9%増情報通信・ソフトウェア・情報技術サービス業が45.6%増となりました。 社会セクターへの投資は急速に拡大し、医療・福祉への投資は111.6%増文化・スポーツ・娯楽への投資は36.6%増となりました。

消費財小売総額は7000億元を突破

第1〜3四半期の同市の消費財小売総額は7,079億5,500万元で、前年同期比1.7%増、上半期比1.7ポイント増となった。 消費の種類別では、商品小売売上高は3.4%増加し、飲食料品は11.0%減少しました。生活基本財の販売は好調で、穀類は18.4%、油類は18.5%、定数以上の単位での食料品・飲料の小売販売も増加しました。消費財の小売売上は急速な伸びを示し、そのうち通信機器は31.0%増、金銀宝飾品は13.7%増。オンライン小売売上は引き続き急成長し、指定規模以上の企業のオンライン小売売上高は19.2%の増加でした。

また、9月の消費財小売販売額は前年同月比5.1%増、うち自動車は同35.5%増となり、市場販売は回復基調が続いています。

輸出入総額は2兆6,091億300万元で、前年同期比3.9%増

第1〜3四半期の同市の輸出入総額は2兆6,091億300万元で、前年同期比3.9%増、上半期比2.5ポイント増となった。 そのうち、輸出は1兆5,241億5,800万元で12.9%増輸入は1兆849億7,200万元で6.5%減となりました。一般貿易の輸出入は5.2%増加し、輸出入全体に占める割合は51.0%となり、前年同期に比べ0.6ポイント増加しました。

金融機関の預金残高は12兆元を超える

9月末の市内金融機関の内外通貨建て預金残高(外資を含む)は12兆282億6,800万元で、前年同月比9.5%増となりました。 金融機関の国内外における外貨建て貸付残高は、8兆2,774億9,300万元、前年同期比10.2%増となりました。

消費者物価は基本的に安定

第1〜3四半期の同市の消費者物価は前年同期比2.4%の上昇でした。 そのうち、食品・たばこ・酒類は3.1%、衣類は0.9%、住宅は0.5%、家庭用品・サービスは1.3%、教育・文化・娯楽は3.2%、医療は横ばい、その他の用品・サービスの価格は2.1%の上昇となりました。

南山区のGDPは5,847億4,300万元、前年同期比3.4%増

南山区統計局によると、南山区の第1〜3四半期GDPは5,847億4,300万元で、前年同期比3.4%増となりました。

  • 第一次産業の付加価値額は 1億900万元で、前年同期比16.5%増
  • 第二次産業の付加価値額は 1,711億4,600万元で、前年同期比6.1%増
  • 第三次産業の付加価値額は 4,134億8,800万元で、前年同期比2.3%増
image via 蛇口消息报

南山区の産業値は1,508億3,100万元で前年同期比7.3%増加。産業部門別では、(一定規模以上の)製造業は5.1%増、鉱業は7.8%増、電気・熱・ガス・水道業は39.2%増。 重点産業・企業の生産水準は引き続き上昇し、上位5産業の生産額を合計すると11.8%増、上位100社の工業企業の生産額は17.1%増と大きく伸びています。

第1〜3四半期の南山区の固定資産投資は前年同期比9.4%増となり、上半期を0.9ポイント上回りました。このうち、建設・安全投資は14.9%増、不動産投資は9.0%増、産業投資は107.1%増です。

第1〜3四半期の南山区の消費財小売総額は1,019億100万元で、前年同期比3.2%増。うち卸売業は5.5%増、小売業は3.3%増と、それぞれ上半期を上回る伸びを示しています。ECは急成長を続け、指定規模以上の企業のオンライン小売売上高は327億9,700万元で、前年比17%増となりました。

第1〜3四半期の南山区金融業の付加価値は633億8,900万元で、前年同期比11.0%増、南山区のGDP成長率に1.2ポイント寄与しています。 中でも銀行業と証券業は高い成長率を維持し、預金残高が16.8%、ローン残高が18%、証券取引高が50.8%となり、区の経済に大きく貢献しているとのこと。

南山区は「コロナの流行を防ぎ、経済を安定させ、発展を安全にする」という党中央委員会の要求に従い、経済成長を安定させるための各種措置の効果をしっかりと推進し、引き続き経済回復の基礎を固め、経済の合理的範囲での運営を確保する、と述べています。


Source:

深圳商报:前三季度深圳GDP实现22925.09亿元,同比增长3.3%

ShenzhenDaily:City GDP up 3.3% in first three quarters 前三季度深圳GDP同比增长3.3%

蛇口消息报:前三季度南山区地区生产总值为5847.43亿元,同比增长3.4%

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事