深センの有名カフェ『gaga 鲜语』の新形態「gaga GARDEN」がオープン!(8/8)

深センのセレブ・外国人に愛されているオシャレなカフェ「gaga 鲜语」が、全く新しい形態のカフェgaga GARDEN」を8/8にオープンしました

こちらの店舗は、南山区「水湾」駅近くで、コワーキングスペースで有名なBEEPLUSの隣に位置します。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

gaga GARDENとは?

gaga GARDENは、飲食店チェーンgaga 鲜语』が経営する軽食カフェ・バー。

外観・内装は白と黒を基調とし、スタイリッシュで落ち着いた雰囲気があります。またモノトーンにグリーンを取り入れ、南国をイメージさせます。

“GARDEN”の名の通り、外も店内も植物に囲まれており、中庭のようなイメージで清潔感あるお店です。

gaga 鲜语とは?

“gaga”は、「明るい笑い声」。“鲜(xiān)”は、「フレッシュ」。“语(yǔ)”は、「シェア」。の意。『新鮮・統一・自己主張』を理念とし、フレッシュフルーツティー、挽きたてコーヒー、サラダ、パスタ、手作りピザ、お菓子など、質の高いライフスタイルを現代の人に提供するカフェチェーン。

2010年 中国深センに設立し、6年間でおよそ300人の従業員12の店舗を発展させ、深センで最も競争の激しいショッピングモールをカバーしています。

また、五つ星のF&Bマネージャーや総料理長から上場企業のITエリートまでプロフェッショナルな経営陣を設けています。

さらに、2011年アメリカオレゴン州ポートランドで創刊されたライフスタイル誌、『KINFOLK』とコラボし、夏にはワークショップを開催しているとか。世界からも注目が集まってきています

店内の様子

大きめのテーブル席からカウンター席まであり、大人数でもお一人様でもゆっくりできる居心地の良い店内。英語堪能なスタッフがおり、皆さんとても感じがよく、入りやすいです。

お昼はカフェタイムで友人同士でまったり過ごしたり、子ども連れでも利用可能です。お昼から夜にかけてBGMは一変し、夜はバーとしてカップルやお一人でも楽しめる雰囲気です。

またWi-Fi環境も充実しており、コンセントもあり、長時間の滞在も可能。

2階のトイレはわりと綺麗で、トイレットペーパーも完備されています。

メニュー・価格について

フードメニュー

グラノーラやサラダ、トーストといった軽食。また、ピザやパスタなどイタリアンもあります。

今のところ、ランチメニューはないようです。いつでもフードメニューはいただけるとか。

カフェタイムに立ち寄った私が頂いたのは、こちら。

ココナッツヨーグルトと赤ワインで煮込んだ梨をトッピングしたべリー系のグラノーラ 58元。

季節の野菜と穀類のスーパーサラダ 78元。

ピスタチオをふんだんに使ったアボガドトースト 68元。

ドリンクメニュー

ドリンクはソフトドリンクからフルーツフレッシュジュース。紅茶やコーヒー。カクテルやスパークリング・赤ワインとお酒も種類が豊富です。ちなみに、8時以降のドリンクはお酒とソフトドリンクのみの提供となります。

gagaの名前が入ったGAGA フレッシュフルーツティー 33元。甘さも調整してくれます。

アメリカーノコーヒー28元。淹れたての香りで、美味しさは間違いないです!

アクセス・ロケーション

住所:招商街道水湾社区荔园路9号201(风火我安G&G创意社区内)

最寄駅:(地下鉄2号線)「水湾」駅C出口 徒歩約7分

営業時間:10:00ー24:00

一日中いつでも利用できるカフェ・バーなので、是非一度立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事