【新型コロナウイルス肺炎対策】深セン市のWeChatミニプログラム「深i您」ー在住者は登録を!

新型コロナウイルス肺炎対策の一環として、深圳市政府では数日前にWeChatのミニプログラム「深i您(Shen i U)」を開発・公開しました。

このプログラムを使って、市民の居住情報や健康状態を登録することを呼びかけていますが、現在のところ中国語のみの表記なので登録方法を記載します。

Source:
深圳市人民政府外事办公室:FAQs(II)How to report and be verified to enter and exit a residential area? (疫情防控期间外籍人士有关问题解答第二期)
Shekoudaily:How to Complete the New Mandatory Residential Registration (SZ)

深センといえばこの本!

深i您」をWeChatで検索→ミニプログラムをダウンロード

まず、WeChatの検索ボックスに「深i您」と入力してください。

「深i您」と入力

ミニプログラムを選択してダウンロードします。

もしくは、以下のQRコードをスキャンしてください。

「深i您」ミニプログラムQRコード

登録手順

深i您」ミニプログラムを最初に開くと、以下の画面が現れます。

電話番号リンク

ここで、「自主申报」をタップ

「深i您」ミニプログラム TOP画面

 

以下のダイアログが表示されるので「去登录」を選択

もう一度「登录」を選択

「登录」

携帯電話番号とリンクされます。問題なければ「Allow」をタップ。

個人情報入力

再度「自主申报」をタップすると、以下の登録フォームが表示されます。

自主申报

自主申报

「居住地址」を選ぶときに、以下のように「区」「街道」「社区」を選択する必要がありますが
住所は分かっても特に「街道」「社区」は分からない方が多いと思います。ここは近似値で良いです。

「居住地址」

その下の欄の住所はマンション名・部屋番号まで正確に入力してください。

「住所」所在地区

「人员类型」

ここで言う「本地常住」というのは深センの永住権を持っている中国人のことなので、日本人は1番目か3番目を選んでください。

  1. 本地常住者以外で、2020年1月1日以降に深圳に来て親族友人宅・アパートに在住している人
  2. 本地常住者で、2020年1月1日以降に深圳を出たことがある、出ていた人
  3. (本地常住者関係なく)2020年1月1日からずっと深圳にとどまっている人

人员类型

「是否居家隔离」

この項目は、当局から隔離対象として指定された人(例えば、以前に武漢に行った人など)が記入する欄のようなので、特に何もなければスキップしてOK。

「是否居家隔离」

居住属性

意味は以下の通り。

居住属性

症状

体調不良の時は、以下の項目にチェックを入れて詳細を記入してください。

是非有如下症状

37.3度以上の熱がある場合はチェック

37.3度以上の熱がある場合は、チェックしてください。

熱の有無

(多分連絡が来て病院に連れて行かれるかも)

その他項目

以下の項目は、上述の「人员类型」の項で、2020年1月1日以降に深圳の外にいた人が記入します。

その他

行程信息

出発地・出発日付・目的地・到着日を入力します。

行程信息

入力し終えたら「確定」をタップ

行程信息

 

感染者と接触したことがある人は、以下のフォームに記入してください。

(病院に行って検査を受けたかどうか、また医療機関の助けが必要かどうかの有無を記載します)

感染者と接触した人

 

記入した情報が正確であることの証明のチェックをして、「提交」をタップ

「提交」

 

これで入力完了です。

入力完了画面

トップ画面から、自分の情報(QRコード)を確認

自分の情報を確認するには、
ミニプログラムのトップ画面から、右下の「我的」タブ内の「我的上报信息」を選択してください。

QRコード情報表示

すると、自分のQRコード情報が表示されます。

今後、マンションの管理スタッフを始め個人(健康)情報を求められるときには
ミニプログラムからこのQRコードを提示してください。

QRコード表示

情報のアップデートを行う場合

体調の変化等により、情報のアップデートが必要な場合は、「我的上报信息」を選択してください。

「我的上报信息」

ここから、情報の修正を行うことができます。


以上、簡単ですが「深i您」の登録・表示方法を解説しました。

記入項目はそこそこ多いですが、一度登録してしまえばマンションの入り口等で呼び止められても対処しやすいですね。深センにおられる方は一度登録をしておくことをお勧めします。

(PR)最新Apple製品!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事