【OCT-LOFT】2021 Public Art Exhibition開催(11/6-12/19)

OCT-LOFTにて行われる毎年恒例の公共アート展「2021 OCT-LOFT公共艺术展」(Public Art Exhibition)が11月6日に開幕しました。

今年は「打开的窗户(The Open Window)というテーマで、大湾区の6人のアーティスト/グループによる作品群がエリア内各地で展示されています。展覧期間は11月6日〜12月19日まで。

OCT-LOFT公共艺术展 Public Art Exhibition

OCT-LOFT公共艺术展 Public Art Exhibition は、今年で15周年を迎える南山区华侨城创意文化园(OCT-LOFT)のスペースを活用して展示される公共アート展。

例年は初夏に開催されますが、2020年は新型コロナの影響で9月に延期されました。2021年も例年とは時期が大きくずれて11月に開催。

過去の公共アート展の様子はこちら

例年は日本人含め各国から多様なアーティストが参加する国際的なイベントなのですが、コロナの影響により海外のアーティストを招聘することが難しくなっているようです。

2021年のテーマは「打开的窗户

2021年の公共アートは「打开的窗户」(The Open Window)と題するもの。

20世紀の画家、アンリ・マティスの制作した「開いた窓」"La Fenetre ouverte" は窓の外のカラフルな風景を描いた作品により、モダニズム絵画の始まりを告げたと言われていますが、この絵に描かれた窓のように一見普通の要素がアートという視点で見ると、日常生活に非日常的なインスピレーションをもたらすものとなります。

今回展示されている作品はすべて日常をベースにしており、アートと日常生活の密接な相互作用とつながりを示しているのだそう。

エリア内に点在するポスターの柱

まず目を引くのが、OCT-LOFT各所に点在する「ポスターの柱」。


OCT-LOFTは、美術館やギャラリーなどの革新的な空間と、建築家やデザイナー、アーティストなどのクリエイティブな才能が融合し、"北"と"南"の人々が出会う、文化とアートシーンの「窓」と言えます。

点在するポスターの柱は毎日、色とりどりのイベントポスターを貼ったり被せたりして「着せ替え」をしているため、毎日新しい光景を迎える窓のように人々と向き合い、刻々と変化するパークの日常を表しています。

大湾区の6人のアーティスト/グループによる作品群

本展には、大湾区の6人のアーティスト/グループ<啾小组、李景湖、梁铨、明天见、薛峰、周力>が参加しています。

アーティストたちは独自の視点から、「在地」「集群」「色彩」というコンセプトに基づいて公共アート作品を制作し、現地で発表しました。

1、薛峰 Xue Feng / 《2021年的世界之窗》Window of the World

OCT-LOFT内で活動する薛峰(Xue Feng)の作品2021年的世界之窗」は、歴史上の人物や現代建築、色彩豊かな絵画を組み合わせ、"通過できる時間の窓"を表現しています。

2、李景湖 Li Jinghu / 《彩虹柱》Rainbow Columns

李景湖(Li Jinghu)の彩虹柱」は、日常的なものを使って観客に異なる視覚体験をもたらすという彼のスタイルを継承した作品。この色とりどりの"レインボー"は、北と南のエリアをつなぐポスターの柱や低木に設置されており、人々が見上げたり通り過ぎることで、生活の中に色が虹のように降り注いでいるのがわかります。

3、明天见 seeyoutomorrow / 《牛星高照》Niu Star

クロスオーバー・グループの明天见(seeyoutomorrow)の作品「牛星高照」は、丑をメインにした十二支の星が回転するエレクトリック・インスタレーション。创意园北区入口にあるA3ビルの屋上に設置されています。

4、梁铨 Liang Quan / 《书架游》Bookshelf Roaming

梁铨(Liang Quan)は、作品书架游」を舗道に隠し、OCT-LOFTに訪れる人を古典的な王室建築の美学へと誘います。

5、啾小组 Jiu Society / 《BB牛》BB Bull

啾小组(Jiu Society)のBB牛」は、深センのランドマークである「孺子牛」の彫刻の要素を取り入れた新世代のアーティスト作品。

6、周力 Zhou Li / 《彩虹》Rainbow

OCT-LOFT内にスタジオを構えるアーティスト周力(Zhou Li)の作品彩虹」は複数の作品を集めたもので、近隣の新しい風景を表現しています。

近隣連携プロジェクト

12月19日までの会期中、当アート展は「近隣連携プロジェクト」を開始し、以下に挙げるエリア内の企業と協力して共同ブランド商品を限定発売するなど、視覚レベルに留まらず、アートの「窓」がオープンになって、より直接的な形で日常生活に「入り込む」ことを可能にしています。

  • 绽放花园
  • FANNOU HOUSE
  • 鹏小馆
  • The Peat
  • 一件STUDIO ONE
  • Gee Coffee Roasters
  • 望春山 Shan Gallery
  • tea'stone
  • 瑞玲金缮锔瓷

アクセス・ロケーション

深圳市南山区华侨城创意文化园南北区公共空间

最寄駅:地下鉄1号線「华城东」駅

当アート展は、一般の人々のアートへの豊かな理解と参加を促し、生活の美的次元を広げるという目的もあるのだそう。OCT-LOFTは、街の文化・芸術の「窓」として、公共アートや文化的生活のより新しい可能性を開拓していきます。

※作品画像はすべてOCT-LOFTからのものです。


Source:

深圳华侨城创意文化园:2021 OCT-LOFT公共艺术展|11月6日,让我们一起打开“艺术之窗”

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事