全家+自動販売機

2018年に発表され、上海から展開が始まったファミリーマートのコンビニ自動販売機「全家+」「全家 智能贩卖机」が深センでも見かけるようになってきました。

無人コンビニ・無人スーパーは、Amazonやアリババ、テンセントなど世界の主要企業がこぞって参入し、深センでもよく見かけますが、このコンビニ自販機は少しスタイルが違うようです。Shenzhen Fanとしてはこれが深センから始まらなかったのが少し悔しいところですね(ファミリーマートの店舗は上海が圧倒的に多く、力の入れ具合も違うので仕方ないですが)


中国のファミリーマート

ファミリーマートは日本のコンビ二エンスストアですが、中国ではインスタントラーメンで有名な「康師傅」の大株主である「頂新集団」との合弁事業で、「Family Mart」の商標使用権を与えているとのこと。中国名は「全家」(Quan Jia

また、ファミリーマート中国は2018年に主要都市で外売サービス「ウーラマ」と提携して24時間宅配サービスを始めたと話題になりました。すでに夜間は、来店の売上よりも宅配売上の方が上回っているそうです。


コンビニ自動販売機「全家+」

2018年5月に、上海で第一号機が設置されて中国メディア内で話題になりましたが、今まで深センではまず見かけませんでした。ようやく登場といったところです。

先行して報道されていた内容によると、家族がよく使う生鮮食品・乳製品・飲料・パン・日用品を主に提供しているとのこと。WeChat/Alipayなどの電子マネーのみ使用可能で、ファミリーマートのメンバーシップ情報やポイントと連携し、利用者情報の追跡・マーケティングにも役立てることができるそうです。そして、店舗・人的・物流コストを抑える新たな手段としても期待されているようですね。


自販機レビュー

今回見つけたのは、会展中心駅の近くにあるモール「INTOWN」内の販売機。

会展中心 INTOWN

この「INTOWN」、構内にはいくつかの日本食屋が集まる「恵比寿横丁」など美味しい飲食店が連なっています。

全家+

こちらではまだ数が少ないので、地元の人も珍しがっています。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

自販機は(少なくとも)3種類

温度管理の関係かと思いますが、少なくとも3種類のタイプがあるようです。

乳製品

「乳品」(乳製品)自販機

全家+ 乳品

全家+ 乳製品用自販機

飲料

飲料自販機

全家+ 飲料

全家+ 飲料用自販機

パン・日用品

面包(パン)・日用品自販機
カップ麺・スナックなども売っています。

全家+ 面包 日用品

全家+ 面包 日用品自販機

購入方法

購入したい商品をタップします。その商品のみすぐに購入したい場合は、立即购买を選択してください。

全家+ 自販機商品購入

RedBullを買ってみます。中国のRedBullは炭酸が入っていないんですよね。

ファミリーマート非会員でも購入可能です。
会員登録したい場合は、下の员注册をタップしてください。

全家+ 自販機商品購入

员注册をタップすると、WeChatのQRコードが表示されますのでスキャンして登録手続きを行なってください。

全家+ 会員登録

そのまま購入したい場合は「非购买をタップし、右側のスキャン窓にWeChat/Alipayなどの電子マネーQRコードをかざしてください。

全家+ 自販機商品購入

これで購入完了です。

全家+ 自販機商品購入

購入完了画面

感想

一度使用しただけの感想ですが

  • 完全に自販機と同じ手軽さ(中国マクドナルド・KFCのタッチパネル販売機、またタオバオのような購入の手軽さ)なので、無人コンビニよりも使いやすい。
  • 場所をあまり取らないので、業者は色々なところに設置しやすい。
  • 特にファミリーマートユーザーは親近感があり安心して使うことができる。そしてアプリ連携されて便利。 
  • 全面液晶で、商品の広告が流れるので使用されていない時も無駄にならない。
  • ただ、提供できる商品は限定されるのであまり自由度はない。
 といったところでしょうか。個人的には、無人コンビニよりもコンビニ自販機の方がいいですね。

上記にも述べましたが、FamilyMartブランドは浸透しているため(日本人も)親近感があり、よく分からないメーカーが同じような機械を設置するのとは違う安心感もあると思います。

日本のファミリーマートも自販機コンビニ(ASD)を設置しているようですが、アナログな印象が否めませんね。中国の自動販売機はソフトウェアのアップデート次第で将来的にいろいろな可能性が広がりそうです。

全家+

2019年も様々な新しいものが登場しそうで、目が離せませんね!

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事