香港島から深センに直接バスで向かう方法

この記事では、香港島(上環・湾仔・銅鑼湾)から直接深センへバスで向かう方法をご紹介していきます。

深センに向かう人の多くは香港経由で深センに行きますが、その中には深センにガッツリ滞在するというよりは、香港での観光や仕事がメインで、その後ちょっと手軽に深センに行ってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

香港島から深センへの移動には様々な方法がありますが、一番分かりやすく、かつ安心できるのは、香港島からMTR(東鐵線)に乗って深センへ向かうという方法です。確かにMTRは本数が多いためあまり時間を気にせず利用できますが、駅の乗り換えや人混みなど考えるとかなりの時間と体力を要してしまいます。

そこでおすすめしたいのが出発地から直接イミグレまで移動してくれるバス。香港島には深センへ直接向かうバス会社のターミナルが複数あります。これを知っておくことで楽に深センへ行くことができるようになるでしょう。

香港島からの直通バスは2社

 

香港島から深センのイミグレまで直接行くバスは2社運行されており、皇岗口岸(ファンガン)と深圳湾口岸(シェンジェンワン)の2つのイミグレに行くことができます。

それぞれの会社名と出発地、目的地のイミグレは以下の通りです。

跨境全日通有限公司
湾仔北→皇岗口岸 24時間運行 
環島旅運有限公司
銅鑼湾(時代広場)→深圳湾口岸
湾仔(世紀酒店)→深圳湾口岸
上環(港澳碼頭)→深圳湾口岸

それぞれのチケット売り場の場所、バス乗り場、運行時間、価格についてご紹介していきます。

灣仔跨境全日通(24時間運行)

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

湾仔北→皇岗口岸

コンベンションセンターや人通りの多い商業施設のある湾仔から深センの福田区に直接向かうバスサービス「灣仔跨境全日通」をご紹介します。

香港島から深センの皇岗ファンガンに向かう灣仔跨境全日通ここはMTRの湾仔駅から直ぐそばではないのですが、駅からビクトリアハーバー側つまり北側へ向かったところにあります。まずはコンベンションセンターに向かって進むと分かりやすいです。

海港商場というワンチャイにあるビルを目指すとファンガンに向かう越境バス停に着ける

コンベンションセンターの近くに「海港商場」というビルがあり、そこのエスカレーターで1階に降りると比較的すぐに「灣仔跨境全日通」のチケット売り場に着くことができます。

香港島から深センの皇岗ファンガンに向かう灣仔跨境全日通のバス価格

このバスは24時間運行しており、夜でも深センへ行くことが可能。

価格は昼間だと現金52HKD(約730円)、オクトパスカードの支払いで50HKD(約700円)になり割引が適用されます。23:31以降の深夜だと57HKD(約790円)です。

灣仔跨境全日通チケット売り場

オクトパスでの支払いであれば、何も言わずに写真の赤枠のオクトパス読み取り機にかざすだけで係員がチケット発行してわたしてくれます。あとはバスの列に並べばいいだけ。手続きが超簡単です。

灣仔跨境全日通チケット売り場

バス乗り場の位置は、チケット売り場のすぐそば。

バス乗り場の位置はここです。

灣仔跨境全日通バス

バスに乗った後もチケットはなくさないように!

「跨境全日通」の青いマークが目印のバスです。バスチケットは皇岗口岸のイミグレ(香港側)手続きをした後にもう一度必要となりますので、バスに乗った後もなくさないように大切に保管してください。

以下の手順となりますので、ご注意ください。

跨境全日通バス乗車(灣仔)
 ↓
バス降車(皇岗[香港側])

皇岗口岸イミグレ(香港側)手続き
 ↓
バス再乗車(チケット再提示)
 ↓
バス降車(皇岗[深セン側])

皇岗口岸イミグレ(深セン側)手続き

住所・アクセス

名称:灣仔跨境全日通
住所:27 Harbour Rd, Wan Chai
運行時間:24時間(6:01~23:30は通常料金、23:31~6:00は深夜料金が適用)
運行ペース:深夜は10~30分に一本
乗車時間:40分ほど
チケット価格:
(6:01~23:30)現金52HKD、オクトパスカード50HKD
(23:31~6:00)57HKD
参考URL(中国語):http://www.acebus.com.hk/line/line.html

灣仔過境巴士起站

灣仔過境巴士起站 (画像クリックで拡大)

環島大陸通

銅鑼湾(時代広場)→深圳湾口岸

ショッピングモールやデパートが並ぶ銅鑼湾からは深センの南山地区の深圳湾口岸行のバスが出ています。

バス乗り場は銅鑼湾の時代広場(タイムズスクエア)と呼ばれるショッピングモールや映画館、オフィスビルなどがミックスされた施設にあります。地下鉄銅鑼湾駅からだと「A出口」を出たところが、この時代広場です。

時代広場が面しているラッセルストリート(Russel St.)という道路沿いにバス乗り場があります。

ラッセルストリートに面した時代広場の入り口

ラッセルストリートから深圳湾口岸に向かうバス乗り場

バスチケットを買う場所

バス乗り場ではバスのチケットが売られていないので、時代広場の地下二階にあるチケットカウンターで予め購入しておく必要があります。

地下二階へは地上から直通のエレベータがでているので、そこから下っていきます。地下鉄から向かっている方は「A出口」を出たところが地下二階なのでまず地上には上がる必要はありません。

チケット売り場の場所は分かりにくいのですが、「sisley」と「MAKE UP FOR EVER」というテナントの間にあります。

売り場の中はこんな感じになっています。ここでチケットを発券したら一階の先ほどの乗り場へと向かいます。

住所・アクセス

名称:銅鑼灣時代廣場
住所:香港 Causeway Bay, Matheson St, 1號
運行時間:14:30〜21:30(サービスセンターの営業時間は 10:00〜21:45
乗車時間:40分ほど
チケット価格:55HKD(クレジットカード使用可)
参考URL(中国語):http://www.trans-island.com.hk/zh/servicedetails.php?id=13#logo_tag

TimesSquare

タイムズスクエア(画像クリックで拡大)

※当バスは21:30まで運行していますが、人気のため夜は早い段階でチケットが売り切れてしまいます。早めの購入をお勧めします!

湾仔(世紀酒店)→深圳湾口岸

湾仔から深圳湾口岸に向かうバス乗り場は、湾仔と銅鑼湾にあるNovatel Century(世紀酒店)の隣にあります。

Novatel Century(世紀酒店)

バスチケットを買う場所

こちらもバスのチケットを買う場所は別なので注意。バスチケットを買う場所は、乗り場のあるスチュワートロード(Stewart Rd)の向かいにあります。

大きなギラギラしたネオンの雀荘が目印で、その近くにあります。

こちらがチケットを購入できる場所です。

住所・アクセス

名称:香港諾富特世紀酒店
住所:謝斐道238號 HK, Wan Chai, 香港
運行時間:7:10-19:40(30分おきに運行)
乗車時間:40分ほど
チケット価格:55HKD
参考URL(中国語):http://www.trans-island.com.hk/zh/servicedetails.php?id=13#logo_tag

Trans-IslandChinalinkTicketingCentre

画像クリックで拡大

上環(港澳碼頭)→深圳湾口岸

香港島の左側の上環から深圳湾口岸に向かうバス停は、上環の地下鉄駅の「D出口」から直ぐ出たところのビル「信徳中心」の中にあります。

信徳中心の中に「招商局大厦」というビルがあり、そこの入り口直ぐにバスを運営する環島大陸通のオフィスがあります。

この中にチケットを買い、ソファがあるので自分のバスが来るまで待ちます。バスが来たらバス乗り場へ行くように案内されます。

住所・アクセス

名称:信徳中心
住所:香港 Central, Connaught Rd Central, 168至200號信德中心
運行時間:07:30 - 18:00 (30分おきに運行) 、18:30 18:45 19:00 19:30 20:00
乗車時間:40分ほど
チケット価格:55HKD
参考URL(中国語):http://www.trans-island.com.hk/zh/servicedetails.php?id=13#logo_tag

信徳中心

画像クリックで拡大


このようなバスを利用すると、香港島から深センまで50HKD台で、そして40分ほどで行くことができます。
座ったままの移動なので体力的にも楽ですね。ぜひ活用してみてください。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!!【改訂進化版】 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事