【広東省】感染高リスク地域からの訪問者は入境後14日間の医学観察を実施

広東省では、先日北京で起きた集団感染の報を受けて、高リスク地域からの訪問者に対して入境後14日間の医学観察を実施することを決定し、海鮮市場など広東省内の各施設に関しても核酸検査や消毒等の措置を強化し始めました。

6月13日から16日にかけて一斉に各メディアにて拡散されており、全体的にナーバスになっているように見受けられます。警戒度を高めた方がいいですね。

Source:

深圳大件事:紧急扩散!广东最新部署:这些人来粤返粤一律集中隔离14天!

深圳卫健委:广东新规:这些人集中隔离14天!

深圳本地宝:紧急通知!这些地区人员来广东需集中隔离14天+核酸检测!

在広州日本国総領事館:新型コロナウイルス感染症(北京市での感染拡大に伴う動き)

That's Shenzhen: New Quarantine Measures For Beijing Travelers

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

領事館からのアナウンス

6月16日、在広州日本国総領事館では、以下のアナウンスが発せられました(一部抜粋)

<広東省>
14日以内に高リスク地区への訪問歴がある者は,広東省に入境後,14日間の集中医学観察を行うとしています。また,14日以内に中リスク地区への訪問歴がある者は,広東省に入境した当日に核酸検査を行い,その際の具体的状況により自宅での医学観察を行うとしています。

在広州日本国総領事館

5月30日から6月12日にかけて、北京市丰台区新发地市場を訪問した履歴がある人と、市場の担当者との濃厚接触者はできるだけ早く地元のコミュニティに報告し、自宅隔離を行い、体温を計測して自分の健康状態を観察すること。発熱、疲労感、咳、その他の不快な症状がある場合は、地域の疾病管理センターに直接報告するか、120番にダイヤルして治療を受けることが求められています。

Photo via 深圳卫健委

深セン市内のホットライン

深セン市内に滞在しておられてもし異常が見られた場合は、以下の施設に連絡をしてください。

  • 深圳市疾控中心 88812320
  • 罗湖区疾控中心 25537302
  • 福田区疾控中心 18923715956
  • 南山区疾控中心 18813864030
  • 盐田区疾控中心 25552177
  • 宝安区疾控中心 27785794
  • 龙岗区疾控中心 28932299
  • 光明区疾控中心 18124723110、81733032(白天)
  • 坪山区疾控中心 28829230
  • 龙华区疾控中心 23336220、27708310(白天)
  • 大鹏新区公共卫生管理服务中心 84209061

各交通機関での検査強化

空港、港、鉄道駅、バスの旅客駅などでの共同検疫を引き続き強化し、体温監視、健康コード検査などの対策を実施することで、中リスクおよび高リスクの地域に行った旅行者を早期に確認し、感染伝播の連鎖を遮断しようとしています。

Photo via 深圳大件事

医療機関全職員の核酸検査を実施

また、6月30日までに医療機関全職員の核酸検査を実施し(発熱クリニック、感染科、呼吸器科などの主要部門の医療職員の検査を優先)、7月15日までに医療スタッフ以外のスタッフ(セキュリティ、クリーニング、輸送など)の核酸検査を完了する予定です。

市場等各施設での対応

集団食堂、冷凍生鮮食品の加工、保管場所、作物市場、海鮮市場、大型スーパーマーケット、ケータリング施設、特に学校や医療機関などの輸送車両で、核酸検査を定期的に実施します。

Photo via 深圳卫健委

そして施設の清浄度、換気、消毒を強化し、従業員の健康管理と予防および管理知識トレーニングを強化、またWeChatやAlipayなどのキャッシュレス支払いを促進していくとのこと。

広東省では、348の市場・水産物小売卸売市場・スーパーマーケットその他の場所から(食品の表面などから)収集した合計5341サンプルの核酸検査を実施しましたが、すべて陰性でした。

感染リスク地域の調べ方

報道によると、北京市内の以下のエリアが中〜高リスク地域として挙げられているようです。

  • 北京市丰台区花乡(地区)
  • 丰台区太平桥街道
  • 卢沟桥街道
  • 新村街道
  • 西罗园街道
  • 大兴区高米店街道
  • 西红门镇
  • 林校路街道
  • 西城区金融街街道
  • 月坛街道
  • 东城区天坛街道
  • 海淀区永定路街道
  • 青龙桥街道
  • 朝阳区十八里店
  • 大兴区庞各庄镇
  • 黄村镇
  • 大兴天宫院街道
  • 观音寺街道
  • 丰台南苑街道
  • 卢沟桥乡
  • 大红门街道
  • 石景山八宝山街道

自分のいた地域、訪れたことのある地域の感染度が低リスク・中リスク・高リスクかどうかを調べるには、国務院発行のミニプログラム「疫情风险等级查询」を利用できます。

当アプリでは全国の約3,000のエリアの感染状況を確認することができます。以下のQRコードをWeChatでスキャンしてください。

疫情风险等级查询 QRコード

現状では、広東省内の公衆衛生緊急レベルに変更はありませんが、ここで逆戻りしてしまわないように行政と協力して乗り越えていきましょう。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事