<お知らせ>人気ラーメン屋「壹松」が3/3で閉店。Shenzhen Fan 限定特別サービス中
壹松 店主 王さん

以前に特集しました、深センの中でもトップレベルの美味しいラーメン屋「壹松」ですが、この度2019/3/3を持って閉店することが決まりました…味は文句なしに美味しいのですが、やはり高騰する地価には勝てなかったようです…

店主から最後に、感謝を込めて Shenzhen Fan 限定のサービスをいただきました。

話題の新刊!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)

ラーメン壹松とは?

2018/11/27にオープンしたラーメン屋。店主の王さんは日本に10年在住し、麺処「ほん田」「麺屋翔」などの名店で修行を重ね、日本でも数店舗ラーメン屋を経営した実績の持ち主。主に博多系ラーメン等を扱い、毎日こだわりを持って仕込む姿勢は日本のラーメン屋そのものです。

オープニング時の様子はこちらから↓

厨房の様子

特別に厨房の中を見せてもらいました。

壹松 厨房

壹松 厨房内の様子

厨房内は日本のラーメン屋と同じ作りのようです。

壹松 厨房

日本のラーメン屋と同様、清潔な店内

壹松 スープ作成

スープ作りも職人技です

そして、自家製麺機も備わっています。

自家製麺機

日本から取り寄せたこの製麺機で毎日製麺しているのだそう。ラーメンの種類に合わせて麺も違うのだそうです。

メニュー

まず、日本人の一番人気は味噌ラーメン。

「一松らーめん」味噌

これ、ただの味噌ラーメンではありません。食べてみないと表現するのが難しいのですが、非常に深みがあります。

壹松 オリジナル味噌

壹松 オリジナル味噌

なぜかというと、店主はこの味噌を毎晩仕込んでいるからです。
北海道から仕入れた味噌に、リンゴをすりおろして、豆乳を混ぜているのだそう。
しかも豆乳は自家製!毎晩大豆から豆乳を作っているとのこと。(市販の豆乳は甘すぎてダメなのだそうです)

他にも…

壹松「一竜 醤油らーめん」(豚骨)

「一竜 醤油らーめん」(豚骨)

オリジナルの混ぜそばも。

壹松「一松まぜそば」

「一松まぜそば」

店主が以前日本のイタリアンレストランでアルバイトしていた時に、イタリア人シェフからドレッシングの作り方を教わったそうで、そこからヒントを得てサラダ風混ぜそばを考案したとのこと。美味しいです!

そして…

壹松 隠しメニュー「鳥ラーメン」

隠しメニュー「鳥ラーメン」

これは、隠しメニューとなります。店主に尋ねると出してくれます。味の分かる人(主に日本人)に食べてもらいたいとのこと。

壹松「エビ吉次」

エビ吉次

エビとチキンを合体させたサイドメニュー。一晩かけてタレにつけているのだそう。

壹松「唐揚げ」

唐揚げ

チャーシューにもこだわりが。

壹松 レアチャーシュー

レアチャーシュー

非常に珍しい、皮付きのレアチャーシューです。

なぜここまで…

店主のこだわりを聞いていると、本当にラーメンが好きで、ラーメンに命を賭けている感じが伝わってきます。

なぜそこまでこだわるのか聞いてみると、以前の師匠から「ラーメンは手間暇を惜しんでは絶対にいけない」と教えられたからだそう。

確かに、ものすごく美味しいです。個人的にも深センでトップを争う美味しさです。そして値段も安い。

ただ、中国人・日本人両方の舌に合うのかというと難しいところで、例えば味噌ラーメンは本当に美味しいのですが、中国人の方からすると味が濃すぎて口に合わないとのこと。中国人向けの激辛ラーメンやその他メニューは好評でファンも多いのですが、お店の立地があまり良くないのに加え、賃料が高いため経営的には難しかったようです。

日本語・英語・中国語…たくさんのメッセージが!

最後に Shenzhen Fan 限定サービス!

店主は最後に感謝を込めて、この最後の3日間、Shenhen Fan 向けにサービスを提供してくださいました。

Shenzhen Fan のWeb画面を見せると、味玉無料! そしてアサヒビール半額!

壹松「鳥ラーメン」

閉店は寂しいですが、この最後の3日間、まだ訪問されていない方はぜひ一度食べてみてください!

アクセス・ロケーション

住所:    深圳市福田区百花三路南天商业楼一栋107A
電話番号:0755-26411791
営業時間:11:00−22:00 (年中無休)

地下鉄7号線 黄木 A出口 徒歩約 9分
地下鉄7号線 华新 E出口 徒歩約 15分

ラーメン壹松_Access

華強北電子街の北側から、自転車を使えば約5分です!

壹松 アクセス

華強北近くをお通りの際はぜひお立ち寄りください。

深センといえばこの本!
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事