深セン初の自動運転バス「熊猫公交」(パンダバス)坪山区で運行開始!

10月27日、深セン市で初の無人運転バス「熊猫公交」(パンダバス)が坪山区で運行を開始しました。アプリを利用して無料乗車が可能です。

バスのフロントは可愛いパンダの顔ですが、その中には様々なセンサーが設置されており、レベル4の自動運転技術を搭載しています。

話題の新刊!2020/12/17発売ー予約受付中!
ITエンジニアのための中国語入門 (日本語) 単行本(ソフトカバー) ¥2,420
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。発音はピンインとカタカナで表記しているので、中国語初心者でもなんとなく発音することができます。 敏捷开发=アジャイル開発、深度学习=ディープラーニング、物联网=IoT、区块链=ブロックチェーン、远程工作=リモートワーク、范围管理=スコープ管理など、最新のIT用語もバッチリ習得できます。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!

細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)

「熊猫公交」(パンダバス)

「熊猫公交」(パンダバス)は、「熊猫仔」(パンダボーイ)とも呼ばれ、子供にも人気が出そうな可愛い形をしていますが、以下の写真のように、顔の中に最新技術を仕込んでいます。

Photo via 深圳新闻网

本体には6種類のセンサーを内蔵。運転中にAIアルゴリズムは、車両判断、意思決定、計画、および制御を計算。環境の検知や経路の自律的な計画、歩行者や障害物の回避など正確な判断を行います。

Screenshot via 深圳新闻网

バスの動力はもちろん電気。1回の充電で250kmを走行可能です。

Screenshot via 深圳新闻网

全方位カメラで車内も安全

車内には全方位カメラが設置され、窃盗や喫煙、乗客の転倒等の異状があれば速やかに通報され、適切な対処が行われます。

各座席の後ろにはディスプレイ画面が設置されており、乗客は様々なマルチメディアコンテンツを自由に見ることができるとのこと。飛行機みたい。

Screenshot via 深圳新闻网

そして車両には掌紋認識システムが装備されているため、乗客は手のひらをスワイプして搭乗できるそうです。

乗車予約方法

一般の人々は「熊猫智行」ミニプログラムを使って無料で乗車できます。

「熊猫智行」ミニプログラム起動

WeChat上で「熊猫智行」と検索し、ミニプログラムをダウンロードしてください。

ミニプログラム起動後、「熊猫公交乘坐预约」を選択してください。

坪山駅周辺を運行

気になる運行エリアは高速鉄道の停車駅でもある「坪山」駅周辺。

地図で見ると、このあたりです。(遠い…)

以下の写真のように回遊しています。

Screenshot via 深圳新闻网

自動運転技術は「レベル4」

熊猫公交の自動運転技術は現在「レベル4」です。Wikipediaによると、自動運転レベルは以下のように区分けされています(一部引用)

レベル0

ドライバーが常にすべての主制御系統(加速、操舵、制動)の操作を行う。

Wikipedia

レベル1(運転支援)

加速、操舵、制動のいずれか単一をシステムが支援的に行う状態。

Wikipedia

レベル2(部分自動運転)

システムがドライビング環境を観測しながら、加速、操舵、制動のうち同時に複数の操作をシステムが行う状態(ステアリングアシストなど)。ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。2017年時点でのテスラのオートパイロットもレベル2に該当する。

Wikipedia

レベル3(条件付自動運転)

限定的な環境下若しくは交通状況のみ、システムが加速、操舵、制動を行い、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならない状態。通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムが扱いきれない状況下には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要がある。

レベル3に該当するシステムは2017年秋時点でアウディが該当機能を搭載したA8の市販を2018年に開始すると発表。日産自動車は自動運転レベル3の技術を搭載した(プロパイロット3.0)を2020年にも実現することを発表した。

Wikipedia

レベル4(高度自動運転)

特定の状況下のみ(例えば高速道路上のみ、又は極限環境以外(極限環境とは、雷雨、大雨、大雪、あられ、台風、極低温環境、超高温環境といったシステムの正常な動作を妨害するような環境のこと)などの決まった条件内でのみ)、加速、操舵、制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限りドライバーが全く関与しない状態。基本的にドライバーが操作をオーバーライドする必要は無いが、前述の特定の状況下を離れると人間の運転が必要になる。

Wikipedia

レベル5(完全自動運転)無人運転

考え得る全ての状況下及び、極限環境での運転をシステムに任せる状態。ドライバーの乗車も、ドライバーの操作のオーバーライドも必要ない。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムに委ねる。日本政府はレベル5の完全自動運転を2025年を目途に目指すとしている。

Wikipedia

日本では、2020年4月1日に、道路交通法の改正で公道上で「レベル3」の自動運転が解禁になりましたが、深センでレベル4が実用化というのはやはりスピードを感じさせます。

中国では2015年から自動運転技術をテストしていますが、ついに深センで初の運行を開始したのは大きな一歩ですね。今後も様々なハードルがありますが、着実にクリアしていきそうです。


Source:

 ShenzhenDaily: First driverless bus in Pingshan sets out 深圳坪山首辆智能网联无人驾驶巴士上线

ShekouDaily: Driverless Buses are on the Road in Shenzhen's Pingshan District

深圳新闻网:无人驾驶公交上路!深圳首条智能网联汽车应用示范线路在坪山上线

ThatsShenzhen: Self-Driving Bus Pilots in Shenzhen

深センといえばこの本!
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事