深センで新型コロナワクチン接種開始/広東省内では18万人が接種済み

深セン市では12月27日より、一部対象者に向けて新型コロナウイルスワクチン(SINOPHARM / SINOVAC)の接種を開始しました。

現在、広東省全体でワクチン先行接種者は18万人を超えており、今後一般の人々にも接種対象を拡大する予定です。

広東省でのワクチン先行接種者

広東省人民政府情報局によると、広東省内の約18万人が、12月22日までに無料の新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種を受けたと発表されました。現在ワクチン接種者の間で深刻な副作用は報告されていないとのことです。

接種を受けたグループの中には、コールドチェーンの輸入物流、検疫場所、税関および入国審査、越境輸送、ヘルスケア、感染症制御従事者および公共交通機関従事者、および海外からの労働者、留学生が含まれます。

新型コロナウイルスワクチン接種計画

上記の人々はリスクの高い、感染しやすい傾向を持つグループと見なされているために先行してワクチン接種されたようですが、ワクチン供給量増加後は一般の人々にも接種対象を拡大していきます。

中国国務院が発表した情報によると、現在の中国における新型コロナウイルスワクチン接種計画は2つのステップに分かれています。

  • 第一ステップ:主要な集団のワクチン接種を優先
  • 第二ステップ:接種対象人口を徐々にカバー
Image via 南方日报

中国では7月22日から高リスクの人々(ワクチン会社の家族、最前線の医療従事者、高リスク国に派遣されている企業関係者など)へのワクチン投与を開始していました。

ワクチン接種を受けた人はアプリをダウンロードして、1週間毎日自分の健康状態を報告する必要があります。すべての接種者は記録されておりワクチンの各投与量も追跡可能で、それぞれのワクチン接種場所で接種者への医療支援も実施されているとのこと。

接種可能ワクチンの製造元は、海外で第3相試験が行われている「国药中生」(SINOPHARM/シノファーム)、「科兴中维」(SINOVAC/シノバック)のようです。接種は2〜3回の投与を要し、1回目と2回目の投与は2〜4週間の間隔を空ける必要があるとのこと。

Image via ShenzhenDaily

現時点ではワクチン接種に適さない人も

疾病管理予防センターによると、現時点ではワクチン接種に適していない人もいます。

  1. 18歳未満または59歳以上の人
  2. 他のワクチン接種で重度のアレルギー反応を起こした人。
  3. 妊婦
  4. 急性疾患、重度の慢性疾患、または慢性疾患の急性発作に苦しんでいる患者
  5. 他の病気があり、医師の診察を受けてワクチン接種に適さないと判断された人

意外にも高齢者がワクチン接種対象外となっています。

Image via 南方日报

ワクチンの海外持ち出しは不可

「個人が新型コロナウイルスのワクチンを海外の同僚のために持ち出すことはできるか」という質問に対して、ワクチンの持ち出しには厳格な承認手続きがあり、許可なく国外に持ち出すことは許可されていないとのことです。国内外の法律に違反するなどのリスクに直面する可能性があります。

Image via 南方日报

深センでのワクチン接種対象者

深センにおけるワクチン接種対象者は、前述した広東省の先行接種者と同様に条件が定められています。

  1. コールドチェーン輸入物流関係者
  2. 孤立した場所の労働者
  3. 入国管理官
  4. 税関職員
  5. 越境ドライバーならびに接続ドライバー
  6. 医療スタッフ
  7. 感染症制御従事者
  8. 公共交通機関従事者
  9. 海外留学生、海外労働者

現時点で外国人は対象外…

上記の1−8までの人は、すでに接種のスケジュールが決まっているそうですが、最後の「海外留学生、海外労働者」以下の条件が合えばワクチン接種対象者なので、個人で連絡して接種を受けることができます。

  • 18歳以上59歳以下の人
  • 深センの世帯登録居住者IDカード(または深センの居住許可、深セン地域の大学の有効な学生ID)保持者で、最近仕事や留学のために海外に行ったことの証明ができる人
  • 深セン地域の外国人、香港、マカオ、台湾の居住者(深セン居住許可を保持している者を含む)は、ワクチン接種対象外

残念ながら、現時点で外国人は対象外。ワクチンが行き渡る頃には接種可能となるかもしれません。

Image via 南方日报

費用は無料

ワクチン接種費用は政府が負担し、個人が支払う必要はありません。

現在、深セン市内では、羅湖、南山、宝安、竜崗、竜華区に5つの社会保健センターがあり、そこでワクチン接種が可能となります。ワクチンの数は限られているため、12月28日の週の1日あたりの予約数は300〜500になると推定されています。

各エリアの詳細情報は以下の通り。

Image via 深圳第一
Image via 南方日报

12月27日午後、羅湖区人民病院陸上物理検査センターのワクチン接種場では、羅湖区人民病院の職員が列を作って登録を完了しました。1度目のワクチン接種後、30分の観察が行われます。

Image via 南方日报

ワクチン接種申請方法

以下のQRコードをWeChatでスキャンします。(もしくはWeChatで「深圳第一」と検索して公式アカウントをフォロー)

「深圳第一」WeChat QRコード

公式アカウントとのチャット画面で「新冠」と入力。するとリンクが表示されます。

Image via 深圳第一

リンクに飛ぶと、以下の画面が表示されます。ワクチン接種対象者が記載されています。

対象者は基本情報を入力。

Image via 深圳第一

海外留学等に関連する認証資料をアップロードします。

Image via 深圳第一

登録後、ボタンを押下して予約画面に移ります。

Image via 深圳第一

予約日時等の情報を入力して、予約が完了します。

Image via 深圳第一

その他注意事項

その他、以下の注意事項がアナウンスされています。

  • ワクチン接種後は抗体が生成されるため、PCR検査で陽性になることはありません。
  • 他のインフルエンザワクチンを接種された方は、今回の新型コロナウイルスワクチン接種までに14日以上の間隔を空けることが勧められています。他のワクチンとの同時接種も勧められていません。
  • 接種後、ワクチンの保護効果が出るまでは時間がかかりますし、十分な割合の人々がワクチン接種を受けるのにも時間がかかるため、ワクチン接種後もマスクの着用や社会的距離を保つこと、そして個人の衛生を保つことが勧められています。

ワクチンが市場に出た後も感染対策は継続

広東省は依然として低リスク地域ですが、ワクチンが市場に出た後も新型コロナウイルスの感染対策を引き続き講じるべきだと述べられています。ワクチンを接種したからといってすべてが自由になるわけではないようですね。

Image via 南方日报

日本人を含む外国人はまだワクチン接種ができませんが、ご家族や友人で対象の方がおられましたら申し込まれてください。


Source:

深圳第一:深圳新冠疫苗开始预约!

健康触点:全国围观!广东18万人接种新冠疫苗!有人害怕不敢打:安全吗?一定要接种?

ShenzhenDaily: 180,000 people in GD receive COVID-19 vaccine 广东有序开展重点人群新冠疫苗接种工作

肃宁在线:这些人免费打新冠疫苗!多地传来最新消息……

南方日报:现场图片来了!新冠疫苗是这样接种的

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事