中国KFCで新たな植物肉メニュー提供中:今回は四川風!

中国KFCのビヨンドミート食品は四川風!

先日の中国マクドナルドに引き続き、中国KFCでは植物肉の新メニューが登場しました。トルティーヤに包んで四川風のタレで味付けした「植世代 川辣嫩牛五方」(植物性四川風スパイシービーフ)と「植世代 黄金鸡块」(植物性チキンナゲット)、そして牛乳を使わないオートミールラテも提供中!

POCKETALK S 中国版発売中!

「植世代系列」第二弾

中国の人口肉といえば、先日中国マクドナルドが植物肉の地域限定メニューを出したことで話題になりましたが、中国KFC(ケンタッキー・フライドチキン)も2020年4月に一度「植世代黄金鸡块」(植物性チキンナゲット)「植世代牛肉芝士汉堡」(植物性ビーフチーズバーガー)を17都市の300以上のレストランで提供しました。

今夏登場した新メニューはその第二弾。前回に引き続き世界的な植物性肉のパイオニア「Beyond Meat」(别样肉客)とのコラボレーションで、現在のところ以下のエリアで提供中。

北京、杭州、宁波、温州、上海、苏州、无锡、成都、昆明、重庆、呼和浩特、天津、哈尔滨、大连、沈阳、长春、济南、青岛、郑州、广州、海口、南宁、深圳、珠海、福州、厦门、南京、长沙

「植世代 川辣嫩牛五方」(植物性四川風スパイシービーフ)

今回、KFCは定番メニューの「川辣嫩牛五方」(四川風スパイシービーフ)を植物性にアップデートして提供開始。植物ビーフパテ(牛肉風味の植物性タンパク質)を焼き上げ、本場四川のスパイシーソースをかけ、コーントルティーヤとレタス、ダイストマトをトッピング。

「植世代 黄金鸡块」(植物性チキンナゲット)

チキンナゲットも植物性(チキンと表記されていますが植物性タンパク質を原料としています)。2020年に期間限定で提供されたものと恐らく同等のメニューです。

Image via 消费记

植物性ドリンク「冰燕麦拿铁」も提供中

ドリンクも「植物性」。世界有数のオートミールブランド「OATLY」と提携して、植物性ドリンクとして5月24日に新商品「冰燕麦拿铁」(アイスオートミールラテ)を発売しました。

Image via 消费记

世界5大産地のアラビカ種コーヒー豆を挽きたて使用、コレステロール0、トランス脂肪酸0、乳糖不耐症など多くのメリットを持つ「OATLY咖啡大师燕麦」(純粋なオーツ麦の植物性飲料)をブレンドしたコーヒーです。

プラスチック製ストロー・食器の排除へ

中国KFCでは、2021年1月より全国の6,900店以上のレストランでプラスチック製ストローの使用を中止し、6,300店以上のダイニング・テイクアウトで使い捨てのプラスチック製食器を木製食器に変更。3,800店以上のKFCのテイクアウトと持ち帰りで使用するプラスチック製バッグを紙製バッグまたは生分解性プラスチック製バッグに変更したとのこと。

Image via 消费记

環境保全や健康志向の世界的な流れにより、中国食肉市場でも変革が起きていますね。今回の中国KFCの出した新メニューはオリジナルにどれほど近い味となっているでしょうか?ぜひ試してみてください。

Image via 消费记

Source:

广东肯德基:0胆固醇 | 植世代川辣嫩牛五方

消费记:肯德基加码植物基又有大动作!植物肉升级同时布局植物饮

国际畜牧网:肯德基全面铺开“植世代”!植物基产品开始渗透中国餐饮市场

深センといえばこの本!
ITエンジニアのための中国語入門
いまやIT超大国となった中国。中国IT企業とのやりとりで中国語を使ってみよう!
日常会話からビジネスシーン会話、プログラミング開発中の会話まで、最新の中国語事情に沿って多彩なフレーズを収録。中国企業で働く日本人エンジニア、中国企業と取引のある日本人エンジニアは必携です!
細谷 竜一 (著), 中野 志穂 (著)
プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション
「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?
スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ! テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。 成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

高須 正和 (編集, 著), 高口 康太 (編集, 著), 澤田 翔 (著), 藤岡 淳一 (著), 伊藤 亜聖 (著), 山形 浩生 (著)
「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム (NextPublishing)
本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。

藤岡 淳一 (著)
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険
これまでの常識を破壊し,自らの手で新しいものを生み出していくための考え方や仕組みを,世界的なハードウェアハッキングの第一人者が実体験とともに解説。世界のイノベーションの中心地の1つである深圳におけるビジネスの仕組みや知財の考え方,ニセモノ製品の裏側,子供でも作れるシール式電子回路Chibitronicsなど刺激的な話題を凝縮した驚異の書。エドワード・スノーデン,伊藤穰一(MITメディアラボ所長)ほかテクノロジー業界の著名人の推薦続々!

アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和  (翻訳), 山形 浩生 (翻訳) 
メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。

高須 正和 (著)
これ一冊でもう迷わない!!問屋街オタクが教える深セン電気街の歩き方(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国深センの巨大電気街「華強北」探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
深センは中国の経済特区のうちの一つであり、香港に隣接しているという特殊性に加え、中国のシリコンバレーといわれるほど著名なIT企業や最先端技術を有する企業が集結しています。その窓口である華強北電気街へぜひ足を運んでみてください。期待を裏切らない驚きが待っています。

鈴木 陽介  (著)
これ一冊あれば大丈夫!!広東アパレル問屋街15ヶ所一挙大公開!(探検MAP及び書籍内リンク付き): 中国広州、中山、東莞、深センのアパレル問屋街探検MAP 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本書は中国広東省にあるアパレルの問屋街をまとめて紹介しております。 その数なんと、15ヶ所!本書を通じて、広東省にある問屋街の多様さをぜひご体感ください!

鈴木 陽介  (著) 
問屋街オタクの深セン起業「ウラ話」: 華強北でハースタしています!! 問屋街オタクシリーズ Kindle版
本作は、問屋街オタクの直近3年間の奮闘記であり、修行録であり、舞台裏についてのお話しです。 さらに著者の過去の知見も加えた自伝記のような構成となっております。

鈴木 陽介  (著) 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事