深センは3日連続市中感染ゼロ(4/3-5):PCR検査陰性証明は48→72時間以内に緩和

Image via ShenzhenDaily

深センでは4月3日に市中感染ゼロを記録して以来、3日間感染ゼロの状態が続いています。

感染の収まりを受け、深セン市内の公共エリアでは今まで入場時に必要とされていた48時間以内のPCR検査陰性証明を72時間以内に緩和すると発表しました。

大梅沙海滨公园や華強北博物館なども順次再開です。

中国渡航ホテル隔離グッズ特集!

市中感染ゼロとはいえ、香港からの輸入が目立つ(4/3-5)

4月3日から5日にかけての感染者状況は以下の通り。市中感染ゼロとはいえ香港からの輸入が1日30例ほどあるのが気になります。

4月3日:深圳市中感染0例/輸入症例30例(香港)

4月4日:深圳市中感染0例/輸入症例26例(香港)

4月5日:深圳市中感染0例/輸入症例30例(香港)

深圳卫健委:4月3日深圳无本土新增病例,新增3例境外输入确诊病例和27例输入无症状感染者

深圳卫健委:4月4日深圳无本土新增病例,新增2例境外输入确诊病例和24例境外输入无症状感染者

深圳卫健委:4月5日深圳无本土新增病例,新增2例境外输入确诊病例和28例输入无症状感染者

公共エリアなど入場時は72時間以内のPCR検査陰性証明提示に

4月5日夜に、深圳市新型冠状病毒肺炎 疫情防控指挥部より発せられた通知によると、今後各種公共エリアや公共交通機関利用時は、(48時間ではなく)72時間のPCR陰性証明の提示が求められることになります。

とはいえ、各自防疫措置は引き続き講じる必要があり、公共エリアでは温度測定や健康コード、場所コード、行程カードの確認やマスク着用の注意喚起が行われるとのこと。映画館、ジム、インターネットカフェ、マッサージ、KTVなどの閉鎖的な場所、学生や児童養護施設、オフライン教育訓練機関などはキャパシティの50%の制限に従ってオープンします。

ShenzhenDaily:72-hour COVID test results required for access to public places

深圳特区报:深新早点 | 小区凭“72小时阴性”出入!电影院、KTV、网吧、教培机构50%有序开放!

深圳市内各博物館・リゾート施設・体育館は順次再開へ

華強北博物館(4/6-)

4月6日より華強北博物館は再開。当面の間は予約定員数を1日100名とします。

入場時は「场所码+电子哨兵」をスキャンし、行程カード(緑色:アスタリスクなし)や72時間以内のPCR検査陰性証明提示またマスク着用が求められます。

华强北博物馆HQB Museum:公告|华强北博物馆恢复开放公告

大梅沙海滨公园(4/6-)

大梅沙海滨公园は、4月6日7時から開放されました。

開放時間は毎日7:00−23:00で、ビーチのみ開放とし、遊泳はまだ不可です。

現在(2021年10月31日〜2022年4月31日)はローシーズンのため予約不要で入ることができますが、中高リスク地域からの訪問者は入場不可。入場時は体温測定、マスク着用、「场所码+电子哨兵」のスキャン、行程コードの提示が求められます。(当アナウンスには「48時間以内のPCR陰性証明」と記載されていますが、72時間以内に変更されている可能性はあります)

深圳新闻网:明起,恢复开放!深圳一公园最新通知

大運体育中心体育館(4/6-)

大運体育中心体育館は、競技場やプールなどを4月6日よりキャパシティの50%制限で開放。入場時は行程カード(緑色:アスタリスクなし)や72時間以内のPCR陰性証明提示が求められます。

深圳大运中心:通知|大运中心室内场馆恢复对外开放

各地域の封鎖・管理マップはこちらから確認

Webサイト:「深圳市 疫情封控管控防范区域查询」

各地域の封鎖・管理マップ「深圳市 疫情封控管控防范区域查询」は、以下のリンクから参照ください。

アプリ:「騰訊地図」

テンセントがリリースしている騰訊地図(腾讯地图)アプリは、深セン市内の地図の中に封鎖区域も表示されて非常に便利です。(上海や広州など、深圳市以外の区域も表示されます)

スマートフォン・タブレットをお持ちの方は、以下のQRコードからスキャンされることをお勧めします。

WeChatミニプログラム:「深圳战疫地图」

「深圳战疫地图」というWeChatミニプログラムからも確認可能です。(国外におられる方は使用できない模様)

以下のQRコードをスキャンしてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事